So-net無料ブログ作成

ウエイトローラー [基本・デフォルト・データ・その他]

新しいカテゴリー 増やしてみました。

ATVの整備をするうえで必要になるであろう データや基本の構造などを書いてみようと思います。

イタズラは沢山やりましたが、いつも あれっ!どうだったけな~ と思う事を自分のためにも記載しておこうと思います。

先日の某ビーチさんを見習って、自分でも基本からお勉強してみようかな~ なんて・・・

 

まず、手始めに 私がいつも悩む(記憶できない・・・)データを書いてみようかと!

これです。↓

 

デイトナ製のウエイトローラーの色別ウエイト表です。

私の覚えているのは、ピンク色が4.5gって事だけで あとの色が何グラムだったのか いつも忘れてしまいます。手の上で転がして あ~たぶん〇gだろ~とか いつも適当なところがあります。

なので、自分のために載せてみました。意外と役に立つでしょ(笑)

ノーマルユナリのWR(ウエイトローラー)は、たしか6.8gとかでしたっけ?

けっこう重いんですよね!

 

私が最初にイタズラしたのが、WRでした。今でも事あるたびにWRは色々交換してみます。

高回転仕様のチャンバーなる物を付けておきながら、あまり高回転が好きではない私としては、どうしても いつも重めのWRにしてしまいます。

私の基本は、4.5g×6個です。何かを弄ると いつも4.5gからセッティングを始めます。

ノーマルマフラーでWRを交換したことはありませんけど、もしノーマルで乗ってる方で チョコッとイジッてみようかな~と思った方 交換してみてはいかがですか?チョッとの重さの違いでも走りが変るかもしれませんョ チャンバーに交換しないと意味が無いとかプーリーを交換しないと意味が無いとも思いますが、WRはイタズラする上で必ず必要になってくるパーツです 幾ら有ってもムダになるものではありません。3個で900円程度ですから最初のイタズラパーツとしてはイイと思います。あっ プーリーロックレンチは必要になりますのでお忘れなく・・・

左から2番目の柄の赤い工具です。

交換の仕方、この工具の使い方はどっかに書いてありますので探してください(2度書くのも・・・)

イタズラの基本 WRでした。

 

そうそう、ついでに 昨日も書いたのですが ミッションケースのネジ位置も! 3種類のネジで止まってます。

これも意外と分かんなくなっちゃうんですよね~

 

 

次回は、WR繋がりでプーリーやベルトの事を書いてみようと思います。

 

 

 

 

 


ビーチさんの襲撃! [シリンダー&ピストン]

昨日の続きです。

ノンビリした日曜の午後 一人でATVの整備をしていると

聞きなれたATVの甲高い音が近づいてきました。

んんん・・・

今日はダレも呼んでないし!

 

でも、登場しました。

藤沢からご来店(アッ店じゃないや!)のビーチさん

来て早々、なにやらゴソゴソ始めました。

何しに来たの?と聞くと

シリンダーをバラしてみたくて・・・ と!

ウチは整備の練習場じゃありませんから~

と思いつつも、やさしく見守る素敵なわたし? エッ

ハィっ エアクリとシュラウドが外れて シリンダーの登場です。

ココまではドライバー一本です。(私は何も手を出してません)

次は10㎜のナットを4ヶ所外して ヘッドが外れま~す。

ハイハイ がんばって~ (いつの間にか応援してます 私)

ハイっ ヘッド外れました~

ん~ん カーボンが程よく付着? 安心のキャブセッティングですね~

本人はチョッと気にしてましたが、普通はこんなもんだと思います。

ピストンの頭も見え隠れしてます。カーボンでガピガピだけど

こんなもんでしょ~ 新車からそ~と~走ってるモンね~

さ~ ヘッドが外れて ピストンの頭も見えたから 気が済んだでしょ~

はやく組み付けて 帰ってよ~

 

エッ シリンダーも外すんですか?

ハイっ シリンダー 外しちゃったのね~(チョッとはお手伝いしましたが、自分でやってました)

しかも、ベースガスケットが無いのに~ (笑)

本人、満面の笑顔でシリンダー眺めてますが、コッチはガスケットをどうしようか思案中だって~の!

ま~ 後は野となれ山となれ・・・

と言う訳にはいきません。仕方が無いので、私が一人で現チャでパーツ屋さんのハシゴをしてきました。ノーマルボアのガスケットって意外と売って無いんですね~

良い子は真似しないように・・・・ ヤフオクなんかでガスケットを用意してからバラしましょう!

30分の遠征の末!やっとゲットしてきました。

たしか・・・デイトナかどっかのガスケットキット! このキットと言うのが曲者で、欲しいのはベースガスケットだけだったのに、ヘッドガスケットやピストンリング×2本まで入ってました。

んで、高いんです。1700円もしましたよ~ もちろん本人に支払ってもらいましたけど なんだかムダ銭のような気がして、チョッと気が引けました。

さて、パーツも揃ったところで 全部を並べてお勉強です。

せっかく外したんだから、外のシリンダー組んじゃおうかとも思ったのですが

(シリンダーはゴロゴロ有ります)、キャブのセッティングまでやれる時間が無かったので

残念でしたが、同じシリンダーを組みつける事にしました。

(本人はそのつもりだったらしいのですが、せっかくなのでと私が余計なことを考えちゃいました)

と、その前に ピストンをシリンダーに入れる練習です(笑)

がんばれ~        

当然、初めてピストンピンやクリップを目にするのです。組みつけられなくて当然です。

が!

本人いっしょうけんめいやっていたので、しばらく ホッておきました。

      ・

      ・

      ・

そのうちネを上げるだろう・・・との私の予想に反して、いつまでも努力し続けています。

たぶん、そのままやっていたら 自分でピンもクリップも付けられたと思いますが

最後には、手を出してしまいました。(私の時間が無かったので、ごめんなさい。最後まで自分でやったほうがエンジンに火が入ったときの喜びは大きかったと思います。ごめんね)

組み付けかんりょ~

辺りは うっすら暗くなりかけています。

エンジン点火!     

この後、一回り二回り試走をして、問題ないことを確認。

ATVの終わらぬ話を続けているところに

 

ウチの鬼嫁が車で帰宅してきました。

フロントガラス越しに、嫁を見たビーチさん

カンパツ入れずに 大きな声で

「それじゃ~ また!」だって

エッ~

残された私の身は・・・

 

と、やっぱり楽しい 日曜日でした。

 

ATVを乗ってる仲間が沢山居ます。なかでもビーチさんはとっても努力をする方です。その努力にほんのチョッとだけ手助けできたことがなんだか嬉しい日曜日でした。

自分も始めは、不安いっぱいでシリンダーを開けたり プーリーを調整してみたり。モチロン今でも心配や不安な事は沢山ありますけど、今まで沢山の仲間が沢山アドバイスしてくれて そこそこイジれるようになったんです。まだまだ知らない事が山ほどありますが、これからATVをイタズラし始めようという方の ほんのチョッとでも手助けになれば嬉しいと思います。

て事で、これから 自分のイタズラばっかりではなく これからATVをイジロウと思っている方の役に立つような事を少しづつ書いていこうかと・・・・

今だけそう思ってるのかもしれませんが(笑)。チョッとかいてみようかな~と

 

おしまい。

 


工具基本3点セット! [駆動系]

今日は静かな日曜日が過ごせそう・・・?

いつものように、お昼過ぎからガレージでイタズラ開始です。

ドリブンロックレンチ を使いたくて・・・

トルクカム&センタースプリングの調整をしてみました。

そうそう!コレだけは揃えておきたい 駆動系基本工具です

左:クラッチアウターを押えるレンチ

左から2本目:プーリーを押えるプーリーロックレンチ

左から3本目:ドリブンロックレンチ←今回初使用

右:17ミリboxレンチ

あとはドライバーが有れば、駆動系はほとんど整備できます。

 

んで いよいよ作業開始です。

まずはクラッチアウターを外します。

工具の向きはさておき、こんな感じでアウターをロックしながらセンターのナットを回して クラッチを外します。外すとこんな感じです。

アッ アウターだけ外した画像 撮り忘れました。コイツがクラッチの中身です。

ここで、本日 初参戦の工具 ドリブンロックレンチの登場です

クラッチ本体を足で押えて、コイツを回すと

ビョ~ッンとバラけます。  

センタースプリングを外して、中の・・・?を外すと トルクカム本体が!

今日は 真ん中の溝から 一番傾斜のキツイ溝に変更してみました。

ついでに、黄色いアダプターも外しちゃいます。

トルクカム溝過激に!センスプ柔らかノーマルに!変更しました。

ハイッ! ドリブンロックレンチ試使用しゅうりょ~

これだけで駆動系をたたんでしまうのはもったなかったので

プーリーも少し調整してみました。

ん~ ベルトは限界まで上がっているようですが、トルクカム調整後ではどうなってるんでしょう!とりあえず現状でマークをして試走です。

あれれ・・・ イマイチTOPスピードが伸びないぞ! ベルトが完全に上がっていないようです。

さっそくプーリーバラして・・・

WRを重く!ボス調整シムを薄いものに交換しました。最後にマジックでイタズラ書きをして・・・            

駆動系は終了としました。

そうそう、チョッと良い画像を撮ってみましたので ご参考にして下さい。

黄色:短いボルト  青:中位のボルト  赤:長ボルト です。

今では、目をつぶっても・・・(笑) 今では間違えることもなく捻じ込みますが

最初はどれが何処だか よく分からなくなって心配になったものでした。ま~入るところにしか入らないのですが、始めて駆動系を開けた頃を思い出して こんな画像撮ってみました。

 

と!こんな感じで 駆動系の調整をムリヤリやってみました。

結果はまあまあ 良くなりました。

 

日曜の前半戦 しゅうりょ~ です。

 

エッ!て事は、後半もあるって事? 

そうです。このあと・・・

またもや ゆかいな仲間が訪問(押しかけて)してきました(笑)

ネタが少ないので、このお話は明日にひっぱりま~す。

 

それから・・・ 某buちゃんから 画像付きメールが届きました。

パスンと逝ったそうです。 ざんね~ん!

別ルートからの情報によると 走行中にパスンと止まって その後はスカスカ 圧縮が無いそうです。

おめでと~ 楽しみが増えたね~(笑)

てか!この画像から見るに・・・イリジウムのお高いプラグ使ってるのね~ってのが感想です。

普通のプラグにした方が・・・ 使い捨てでどんどん交換した方が良いと思うし、焼け色が分かりづらいですよねイリジウムは!

エッ 買えない者のヒガミに聞こえますか? たぶんそうかもしれません(爆)

シリンダー&ピストン をバラしたら また画像添付よろしく~ 

それから、ポリーニの水冷キット注文しましょか? 純正のシリンダーキットにしてみますか~? お値段はコメント欄よりご相談くださ~い!

 

 


ドリブンロックレンチ [駆動系]

今日はこんなモン 買ってみました。

トルクカムの調整、交換に必要な工具です。

エッ 持ってなかったのかって?

ハイ 良く使うのに自分では持ってなかった工具です。

だって~ 電話すれば工具が届くんだも~ん 必要ないでしょ~(笑)

あまり借りてばかりも・・・と思ったので買ってみました。

 

明日は、ATVに触らない日曜日にしようと思ってたのに・・・

おまけに 明日の天気予報は晴れになってるし~

 

注) この工具は、ユナリの車両にピッタリ合うものではありません。厳密にはサイズ違いなんですが、特に問題なく使えるので、値段との兼ね合いもありこの工具で決定です。

 

 


業務連絡

2007 房総ツーリング 秋 (本編)

更新中です

なかなか最後まで書けなくてごめんなさい。

チョッとづつですが、うpしてますので 宜しかったら戻ってご覧ください。

この書き込みは、房総ツーの更新が完了しましたら 削除します。

って!分かってて 有ること無いことコメント欄に書き込まないように・・・

そこのあなたっ(笑)

 

 


房総ツー ゆかいな仲間達変?編 [ゆかいな仲間]

今から2年半前の 05年4月24日

ATVでのツーリングに始めて参加させてもらいました。

知り合いは自走番長のNaoちゃんだけ!他はみ~んな始めましてのATV乗りでした。

その時の 思い出の写真がコレ↓です。

この時は、ATV7台とFKT2台 合計9台のミニカーが集まりました。

9台のミニカーが集まっただけで それはもう 楽しくて面白くて仕方ありませんでした。今ではこの台数なら集まらない方のツーになりますが、始めて沢山のATVで公道を走った 思い出のツーリングです。

あっ!そうそう 大切なサポートスクーターも上の画像には写ってますよね(笑)。某小林君のスクーターは 黒かったな~(爆)

あれから 2年半!

少しづつ少しづつですが、沢山の仲間が集まるようになり

今回の房総ツーでは、こ~んなに沢山の仲間が集まるようになりました

最初のツーリングと同じ場所で記念撮影です。一番上の画像と比べて下さい

コラコラ!そこのオッサン いいところなんだから ジャマだって~の!

修正に1時間かかりましたョ まったくしょうがない監督だこと でも 今時の画像修正ソフトは優秀ですね~ 

要らない部分をカットして文字を入れただけですが top画像です。    あっ コバちゃんのスクーターも色が変って 真っ白になりましたね。まるでイカみた~い!

キレイに整列しました。これみ~んな私一人で並べたんですよ~(嘘)

 

整列風景はこんな感じです。

私は、右だ左だ 前に後ろにと 文句を言うだけで 整列してたのはこの人達です。エッいいのかって? もちろんいいんです。世の中は私を中心に回ってるんだから・・・

ハイっ 撮影係さ~ん 準備は良いですか~?

集合写真を構える 隊長です↑ 上の集合写真はこのカメラで撮りました。

み~んな この隊長のお陰です。楽しい集まりMBRC(んなおカなイディングラブ)を率いるのが この人じゃなかったら これだけ人が集まらなかったと思います。

最初は2人から、私が始めて参加した時で9人 それが今では数えられないくらいに膨れ上がっています。何度も書きますが、みんな楽しいゆかいな仲間達です。

 

「ん!誉められちゃってる?」

イエイエ あ~たの変態さに着いて行くのが大変なんですけど・・・(マジ)

 

参加者でも もう一度行けるか分からない、撮影ポイントから 脱出です。

↑ ここで見てると面白かったですョ~ 海からATVが沸いてくるようでした(笑)

思い出の地 とでも言うんでしょうか ミョ~に懐かしいポイントでした。

 

 


2007 房総ツーリング 秋 (本編) [ゆかいな仲間]

昨日のブログは申し訳ありませんでした。

Top画像にと、画像処理をしてアップしたのか どうしたのか・・・ って所で寝てしまいました。

ココから、本編 2007房総ツーリング秋 レポートいきま~す。少しづつupしますので、「おわり」までゆっくりお待ち下さい                   

 

2007年11月21日 日曜日 晴れ 

絶好のツーリング日和! 走り慣れた房総をたくさんのゆかいな仲間達とツーリングしてきました。朝は少し肌寒かった気温も日が昇るにつれて どんどん暖かくなり ATVで走るにはとても気持ちの良い気候でした。途中で壊れる車両も無く、走って楽しみ とまって楽しみの最高のツーリングでした。房総を走るのはこれで何度目か忘れましたが、今までで一番台数の多い長蛇ツーリング 上の画像でもわかるでしょうか、最後尾に付けると先頭は点にしか見えません。綺麗な景色と2ストオイル臭&ムサクルシイ前走者! どうしたって楽しいしか言いようの無いツーリングでした。

 

◎朝の集合まで

まずは江ノ島に4時半集合、私と某ビーチさん某SNSで知り合ったご夫婦、そして自走番長Naoちゃんの5台が集合です。

江ノ島からこの5台で久里浜港を目指しました。早朝といってもこの季節はまだ真っ暗です。走っている車も少なく 湘南海岸は私達のもの!

途中 だんだんと空が明るくなってきました。

今回、房総ツー初参加のご夫婦は中華バギーで参加です。

後ろを走っても 匂わな~い のは最高ですが、スタート時にボンッボンとマフラーからの排気圧が重低音とともに顔にかかります。チョッといい感じ~のスタートです。いつもはパァ~ッンと高温の軽い音と2ストオイルの臭いが攻めてきますが、4ストの地球に優しそうなスタートもなかなか良かったです。

さて、久里浜港には5時40分頃 到着したのかな~ 

久里浜港のバイク用の列に並ぶと フェリーのおじさんが ツカツカと近づいてきて

「おはようございます。まだこういったバギーは来るんですか?何台位になりますか~?」

との質問をされました。私は軽い気持ちで

「あと7~8台くらい来るかな~ 全部で10台チョッとだと思いますよ~」と答えておきました。どうしてそんな事聞くのかと質問すると、フェリーに乗せるスペースの問題で・・・と言っておられました。

横にも縦にも中途半端なATV、普段乗せている 車やバイクの台数は判断できてもATVを乗せるスペースの予想が難しいようです。

と そうこうしているうちに、遠くから甲高いエンジン音が・・・

ワイワイたくさんやってきます(笑)

集まってしまえばこの台数!

フェリーのおじさん ごめんなさい 私ウソつきました(笑)

全部で確か・・・18or19台だったっけな~ 今回は予想以上に集まりました。

いつものユナリばっかりのツーリングではなく、中華バギーも4台ほど参加の 大所帯ツーリングの始まりで~す。

 

◎いよいよツーリングすた~とです。

フェリーに乗船し始めたのは 丁度6時でした。

ハァ~イ みんな乗るよ~  

       みんな乗ったね~    

乗ってしまえば、コッチのモンです。ナニ言われたって平気です(笑)

オジサン1: 今日はヘンな乗り物が多いな~

オジサン2: いや~ 毎度の事ですよ~ 乗り物もヘンだけど うえに上がった連中達もバカだったよな~

オジサン1: まぁ 車1台積むより 同じスペースで金になるから 文句は無いんだけどな~

と会話してたかどうかは知りませんけど

フェリーの最前列を占領してみました。

 

◎金谷に到着 (AM 7:05)

ハイハイ~ エンジンかけて降りますよ~

で、フェリーから下船です。 ウヨウヨATVが出てきます(笑)

一度集合です。

前から撮っても 後ろから撮っても ぜんぶ画像におさまりません。 

ゆかいな仲間 多すぎです(汗)

この台数に、あと2台追加が来るそうです。下船後 給油をしたり談笑したりで、ここを出発したのは、下船してから30分後でした。

まずは、マザー牧場方面 上り坂手前のコンビにまで走ります。

ハイ しゅっぱ~つ AM7:40

 

◎コンビニ休憩 AM 8:00

おいおい! たった20分で休憩かよ! 

途中で、2台のATVが追加されました。この時点で 何台?(笑)

たしか・・・ATV21台でしたっけ!

ここからは、房総ツーで一番の上り坂です。ま~今となっては大した坂道ではないのですが 始めて房総ツーリングに来たときは、みんなこの坂道で苦労してました。エンジン焼きついて途中でシリンダー交換したり、熱ダレでぜんぜん登らなくなったり・・・

今回はそんなことありませんでした。初参加の方もいらっしゃったのに全員無事に頂上まで登りきりました。

みんな凄いのね!

 

◎マザー牧場 前 到着 (当然マザー牧場には寄りません)

この台数で縦列駐車は・・・  (AM 8:35)

 

AM 9:00頃

いつもの房総スカイライン料金所です。

これだけ並ぶと 壮観です。

みんな あっち向いて~ エッ

伊豆から わざわざ 房総ツーリングに参加した ラハイナ(仮名)さんが 縄張りを広げた証にマーキング中です。

その横にある建物がトイレなんですけど~(笑)

さて、そろそろしゅっぱつしますか~

と、ここで ひとまず 記念撮影です。

う~ん 今回のツーは台数が多いです。

 

次の休憩ポイントで    

ここから、下り坂が始まります。 台数が多いので気をつけて行きましょ~

前に10台のATV

後ろにも10台のATV

 

 

 

次の料金所では・・・

私の後ろ姿を そよ風さんがニヤニヤ笑いながら見ています。

なんか!可笑しいのかな~?

 

すいませ~ん 通れませんでした~ (爆)

前回の房総ツーでは通れたのに・・・

Wウイッシュボーン&ワイドタイヤでは、バイク用の料金所は通れません(実証済)

 

AM 10:20 鴨川で給油です。

ここでも爆笑画像が確保できました。

説明不要ですね↑ 見てのとおりです。

 

みんなのATVがお腹いっぱいになったところで、いざ鯨屋さんを目指してしゅっぱつです。

ここからは、海岸線の気持ちの良いるーとでした。

ごいっしょに海沿いの道をお楽しみください。   

 

 

 

 

 

次は つ印 くじら屋さんから書きますね~

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

と!まあ こんな楽しいツーリングでした。

おしまいっ   いっ?

 

めんどうなので、最後の文章を書いておきました(笑)

途中の楽しかった内容は、また今度書きま~す。

 

 

 

 

  

 

 


房総ツーリング 07秋 [ゆかいな仲間]

申し訳有りません 上の画像を加工してやっとUPしたら 寝ちゃいました(笑)

ツーリングの様子は、22日のブログとして書き直しますので宜しくお願いします。

楽しいツーリングを終えて、気持ちは高揚していたのですが

体力が持ちませんでした。画像だけアップしたことも忘れて・・・

今(翌日17時) 気が付きました。

150以上のアクセスして頂いたみなさん、ホントにごめんなさい。


前日の夜まで・・・ [メンテナンス]

明日は、いよいよツーリングです。

久しぶり・・・ と書くと 毎月行ってるじゃないの!と言われそうですが

実質、今シーズン最後のツーリングかもしれません。

調子の良かった私のATVですが、ここ2週間ばかり原因不明の不調になり 最後の最後まで整備をしてました。

て事で、さっきまで作業してました。

今夜は・・・         

先日外してしまった サーモスタットを再び組み込みました。

赤丸の部分がサーモです。 ここへエンジンで熱くなったクーラントが入り、高温の時はラジエターへ、低温の時はバイパスを通って冷やされること無くエンジンに流れます。

開けるとこんな感じ    

コレ↑は、サーモ抜いてある状態です。

そこへ、昨夜の実験でより低温で開閉することがわかったゴールドサーモを組み込みます。

弁はチャンと閉まってます。OK!

あとは、たたんで終わりです。

最後にクーラントを足して・・・

 

一応、明日のツーリングで ラジエター バラす事があってもいいように・・・ サブタンクにはクーラントの原液を入れておきました。私以外でも 万が一ラジエターを開けるような事があっても大丈夫!

 

さて、明日のツーリングは無事に帰ってこれるのでしょうか!

初参加の方も多いようなので、私なんかが迷惑かける訳にいきません。無事200キロほどを走りきってくれるよう 今夜は願いながらオヤスミです。

 

そうそう、明日の準備です。

 工具はコレだけ~

天気は心配ないのですが、熱いのか寒いのか!それが心配です。

ま~ 立派なビックスクーターがサポートについてくれるから 着替えはそこに突っ込んじゃえばいいかな~ (爆)

 

では、房総ツーリングに いってきま~す

 

アッ 誤解の無いように

このブログを書き終えてから、お風呂入って 4時間くらい睡眠をとってからの出発ですから・・・

夜中に電話かけてこないように・・・(某監督)

 

       


サーモの実験! [水冷仕様]

まず、ごめんなさい

昨日のブログの続き! 今日やりません。

雨が凄いんです。我が家の車庫には立派な屋根があるのですが、雨しぶきが吹き込む程の強い雨と少々風邪気味の為 圧縮調整テストは止めました。

ま~ 大した事では無かったのですが、昨夜のテスト走行で 高回転に力が無いように感じたのと、某スペシャリストとの検証の結果!もしかして圧縮が高いんじゃないの!って話になって、シリンダー内の圧縮を計って イヤ 計りたかったのですが圧縮計が無かったんです。

チャンちゃん

て事で、圧縮を計った訳では無いのですが、高圧縮と仮定して 圧縮を下げたら走りはどうなるかの実験をやってみようと思ったのです。

方法は? みなさんお気づきになったと思うのですが(簡単なヒント書きましたモンね)、プラグのワッシャーを使用済みのプラグからムリムリ外して、シリンダーに組み込むプラグに2重に咬ませて取り付け! プラグをほんの少し浅く取り付けるようにして シリンダー内の圧縮を下げようという考えです。

昨夜は、使用済みプラグが一つしかなく、今夜 自宅に転がっているプラグからゲットして3枚ワッシャー仕様に挑戦してみようと思っていたのです。

そんな考えで 昨夜のブログは終わっていたのですが、本日 昼間に、同じポリーニ水冷を組んだことの有るHikibashiAuto隊長と相談しました。

圧縮高かったっけ~?

ん~低いんじゃなかったっけ~? 

なんて話があり(ポリーニはヨーロッパのメーカーです。大体が高回転型で低い圧縮が基本です)。ネットを検索して カタログデータを調べました。

結果! カタログ値ですが、 圧縮は8.5でした。

やっぱ低いんジャン!

ただ一つ、不安なのは、 設定プラグは分からなかったんです。

私はBPR8ESを使っていますが、隊長曰く BR8ESを使ってみたら低回転がスカスカだったヨ~ との話でした。

プラグの違いはご自身で調べてください(笑)

微妙な突起の違いでも影響が出るようなので、やっぱり ワッシャーの実験はいづれやってみます。それより先にP抜きのプラグを買ってみよ~(笑)

 

さて、ココからが 本日の本題です。

今日は、↓こんなので遊びました。

エッ!

これですか? ラジエターですが なにか?

外したわけじゃないですよ(笑)

同じの、買ってみました(爆)

そうです。先日のサーモの精度が知りたくて・・・

ほんとはサーモだけ欲しかったのですが、新品で買うことが出来ませんでした。品番がどうのとか年式がウンヌンとか、メンドウで買えませんでした(笑)

で、丸ごと中古ですが お取り寄せしてみました。

さて、解剖実験の始まりです。

左に置いて有るのは、↑今まで使っていたサーモ。右のケースの中を空けて・・・

あれれ! 色が違うぞ~

取り出してみました。   

サイズはサーモケースにどちらもピッタリ嵌るので問題ないのですが、なんで色 違うの?

ここからは、おもては寒いので 家の中で実験開始です。

まず、二つを見比べて・・・

良く見ると、シルバーのサーモにはNTC 82℃ と書いてあります。

もともと付いていたゴールドのサーモには 何も書いてありません。

どう違うんでしょう・・・

さ~実験です。          

なぜか、丁度よいビーカーが!

まずは ぬるま湯を入れて

ガスレンジで煮てみます。美味しいダシが出るでしょうか(笑)

けっこう 泡立ってきても サーモは開かないんですね

どっちが先に開くか 競争です。

ゴールドサーモの勝ちでした(笑)

そのまま 加熱を続けます。

シルバーサーモも追いついてきました。

次は、火から下ろして どっちが先に塞がるかの競争です。

お湯が冷めるのを待ってたら 時間が掛かりそうだったので コップでお水を足しました。

手は突っ込めなかったので、お箸で取り出しました。どっちも頑張れ~

縮むのは、シルバーの方が早かったです。

結果!シルバーサーもが 記載のとおり 82℃で動くのであれば、ゴールドサーモはもっと低い温度で動くようです。冷める時はシルバーが先に閉じたので、どうやらゴールドの方が低い温度でサーもが開け閉めされるようです。

さ~ どっちを使うかな~

某有名shop様で、水冷の温度について聞いたことがあります。もちろん色々なパターンや種類のエンジンがあるので、一概には言えない事らしいですが

2ストは低ければ低い方がいいよ~ と言ってました。

ゴールドサーモをもう一度付けてみることにします。

 

でも、もう一度 実験してみました(バカ?)

う~ん やっぱり ゴールドの方が低温で開くようです。

決定です。ゴールドサーモ君に頑張ってもらうことにします。

明日、もう一度 ラジエター開けて 組みなおしてみましょうか~

ツーリング前日まで整備している 馬鹿者ですね わ・た・し !

 

さて、水冷用のラジエター 余りが一つ御座いますが どなたか使う方いらっしゃったらお声を掛けて下さ~い。

モチロン、無料で差し上げますよ~(笑) 

 

 

 

 


テスト走行? [メンテナンス]

さて、これから

テスト走行に行ってきます。

まずの目的地は、某倉庫!

途中で壊れないか心配ですが、今夜は仲間達が動いているようなので

助けてもらえるかな~ 

なんて甘い考えで出発です。

只今 PM 8:40

行ってきま~す。


AM 1:00 帰宅!

無事に帰って来れました。

某倉庫で検討の結果!新しい裏ワザおそわってきました。

その結果がよかったのかどうかイマイチ実感が無いのですが、明日 さらなる1枚追加の加工をして シリンダー内の圧縮調整してみます。(意味不明の文章ですが、画像が無いのと文章力が無いのと、まだ全貌を明かしたくないのとで こんな文章です。ごめんなさい)

続きは、また 明日です。

 


エンジン復活! [メンテナンス]

本日も 懲りずにATVと2時間遊んでました。

まず、仕事から帰ると

ほらヨッ!とばかりに キャブレターが転がっていました(笑)

ありがたいことに、昼間のうちに 隊長が使わなくなったキャブレターを我が家に置いて行ってくれていたのです。昨夜のキャブ調整の相談に乗ってくれた上にフロートバルブを取り替えた方が・・・との話の結果で コイツからフロートバルブを外して使うようにと

置いて行ってくれたのです。

ほんと良い仲間、いや サポートしすぎのShop様です。

 

昨夜、エンジンがかからずに終わった 私のATV

日中の仕事中も ず~っと エンジンの事考えてました。 (かなり重症?)

早速やるか~と                  

昨夜から今日にかけて、色々な方がコメントや電話でアドバイスしてくれました。 

どれもコレもやればキリが無いのですが、取り合えず もう一度シリンダーを開けてみようかと

圧縮不良!シリンダー内の圧縮がウォータージャケットに抜けてるんじゃないのか!

との意見を元に 開けてみました。

まずは、クーラントを抜いて・・・

あ~ 先日入れたばっかりなのに~

一応、プラグも確認!昨夜からセルもキックもしてないのに プラグはベチャベチャでした。

で、ヘッドを外したら・・・・・       

大丈夫かな! 爪が引っかかる部分も無く カーボンの付着も特に無く

クーラントがオレンジ色なので、周りはほんのりオレンジ色ですが、シリンダー内に入り込んだ形跡は見受けられません。逆にシリンダーの混合気がウォータージャケットに・・・

これは、よく分かりません。

ヘッドはこんな感じでした。   

キレイな感じなんだけど、このゴムパッキンの劣化も見られないし・・・

でも、エンジンがかかってるときはどうなってるのか見えないしな~

パッキンを外して、一応汚れを拭いて、かる~くオイルを塗って、液体ガスケットを・・・

いやいや、液ガスはやめておきました。(笑)

ポンポンと組み上げて、再かんせ~い!

 

次は、キャブです。

隊長がワザワザ届けてくれた

ありがた~いキャブレターからフロートバルブを・・・

 

エェッ~

 大きさ違うジャン (爆)

仕方が無いので、バルブ交換は諦めて・・・

昨夜、チョッと気になった この部分を!

フローとの爪をチョッと調整してみて・・・

何をしたかと言うと

キャブをひっくり返した状態で、フローとの爪をバルブ側に少し押してみました。

燃料がオーバーフロー気味ではないか!と考えたので バルブを早めに押して 燃料の流入を早めに止めてみる様にしました。

考察:燃料がチャンバー(燃料が貯まる部分)に貯まり過ぎて、走行中にSJが気化したガスではなく液体の燃料のまま吸い上げてしまい、生ガスがシリンダーに入り点火せずにエンストしたのではないだろうか!エンストしても停車することが出来なかったのでアクセルを戻してもエンブレでシリンダーが燃料を吸い続けてしまい シリンダー内が液体の燃料でベチャベチャになった のでは?。 因みにパワフィルを外し、手でキャブを抑えセルを回したときに 外した手に燃料がベチャベチャ付きその脇からはタラタラと燃料が垂れて来るほどでした。ガス欠でエンストした様な感じでしたが、逆に生ガスでいっぱいになり失火したのかもしれない!

との考えもあったので、フロートバルブが早めに燃料ストップするように 爪を少し押し上げる方向にエイヤッと押してみました。

あとは、すべて元に戻して しゅうりょ~

 

いざ、エンジンスタート!

セル お~ん

カシャ・・・

 

スミマセン。バッテリー上がったままでした(笑)

めげづにアクセル全開状態で キックですたーと!

1回2回 あれれ やっぱりかから無い!

ん!チョーク開けて無いじゃん! 

再びチョークを開けて キックを

イッパツ ばばぁ~ん

 

久しぶりにエンジン音が聞こえてきました。

住宅街の小さな我が家では、このままエンジンをかけ続けることは出来ません。

周りをチョッと片付けて、そ~っと 近所まで押して

再び キッ~ク!

ババボボバァ~ん そのままテスト走行に 一回り 二周り・・・

20分ほど近所を遠巻きに回ってきました。

この程度では、結果は分かりませんが とりあえずエンジンがかかったことに

喜びを感じて 本日は終わりにしました。

ただいまっ!        

心なしか、一回りした後は精悍にみえたので 最後にパチリと画像を撮ってみました。

エンジンがかから無くったって 見た目は変らないんですけどね(笑)

 

明日は、少し遠目のテスト走行にでも・・・

ツーリングで壊れるのはツライからね~(爆)

 

本日しゅうりょ~  今夜は気持ちよく眠れそうです。

 

 


房総ツーリングまでに間に合うのか! [メンテナンス]

えっ~っと

お話は何処まで書いたんだっけ・・・

 

土曜の夜、夜中 湘南を一人で走っていたら 急にエンスト! この時は すぐにエンジン再スタートしてくれたので、なんとか我が家にたどり着いた。

翌 日曜日 シリンダーやらラジエターサーモやらを疑ってかかったものの イマイチこれだ~と思われる原因が究明できなかった。

月曜日(昨夜)、房総ツーリングで仲間に迷惑を掛ける訳にはいかないので 一人でまた走りに行ってみた。

ってとこまで 書いたんでしたよね(笑)

そうです。九時半頃 ATVの元で クーラント液の確認や継ぎ足しをして

家を出発したのが、9:40頃でした。

いつものように チョークを開けて セルスイッチお~ん!

バババッばぁ~ん(笑)

快調にエンジンスタートです。自宅からなるべく全開で5分も走ると 戸塚の大踏切があります。(地名がわからない人ごめんなさい) 誰かじゃないけど 何本もある線路をウォッシュボードのごとくバンバンと渡り 信号は仕方なく止まるけど なるべく全開を心がけながら 戸塚警察裏の坂道を登り・・・(いい感じで登っていきます。サーモを外したから、水温も低めです) R1にそのまま全開で合流! 自動車を追い抜きながらの合流も気持ちの良いもんだ~ 合流するとチョッとしたS字のほぼ平坦な道が続きます。さすがに自動車と併走での全開は厳しいので 少しアクセルを戻しながら走りました。(水温max70℃)

もうチョッとで、原宿交差点が見えるかor見えないか って辺りで・・・・

ボボボッ・・・・ あれれ~?

少し下り坂だったので、エンジンの火が消えた後もエンブレがかかった状態でスローダウン。

後続車が続いていたので、ブレーキを掛ける訳にもいかず そのまま惰性で 路肩にとまりました。

あ~ぁ!             

このとき、10時過ぎだったのかな~

止まっても、前回のエンストの時のようにすぐにかかるだろ~ なんて気楽に思っていました。

さ~ ここからが お話の始まり始まりで~す(爆)

5分ほど休憩をした後

スイッチお~ん セルボタン ピィ!

シュルシュルシュル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれれ エンジンかかりません。 まだこの時は余裕です。

もうチョッと休んでから・・・

10分後、シュルシュル・・・  ん!コリャかかんね~ぞ!

仕方が無い、チャンと見てみるか~ とシートを外し 車載工具を取り出して

アッ!普通の工具キットしか入ってね~や(笑)

ま~ これでなんとか・・・

まずは、基本点検から 

①プラグを外し 焼け色確認。 ん~ こんがりキツネ色 問題な~し!

②火花が飛んでるかの確認。 プラグキャップにプラグをはめて、プラグ先端をショック辺りの鉄(マイナス)部分に近づけて セルお~ん。 バチバチバチ・・・ 火花OK!

③圧縮の確認。ヘッドのプラグ穴に親指を押し当てて セルお~ん 一生懸命抑えても親指は押さえ切れません。 圧縮OK!

圧縮が有って、火花が飛んでて プラグも逝ってなくて エンジンがかからないとは・・・

諦めずに、燃料の確認です。

④キャブを確認。 とりあえず本体を外して傾けた時点で燃料がボタボタこぼれてきたので、燃料が来てるのは確認できました。

ん!こりゃ~ エンジンかかるだろ~

ここで、もう一度ぜ~んぶ組みなおして

再始動を試みました。

・・・・・

ウンともスンともエンジンかかりません。

セルの音だけが、寂しく鳴り響きます キュルキュルキュルキュル・・・

この辺りで、懐かしいCMソングが頭を過ぎり始めました。

♪♪♪ひとつ残らず君を悲しませないものを~♪♪♪

   ♪♪♪もうすぐ雨のハイウェイ かがやいた季節は~・・・♪♪♪

      ♪♪・・・そし~て 僕は途方に暮れる・・♪♪♪ 

この曲、けっこう好きなんですけど 懐かしく思い出したので フルコーラス聴いてみる?

http://www.youtube.com/watch?v=x5LCqMI-tk0&mode=related&search=

って 途方に暮れはじめたので

ポケットの中に入っていた 二つ折りの道具を使うことにして見ました。

ピッポォパァ・・・

この道具は優しいです。みんな「今どこ~?」とか「どうすればイイの~?」とか色々な声が聞こえてきます。

道具を色々イタズラしていたら、たまたま 隊長の声が聞こえてきました(笑)

(他の皆さんも本当にありがとうございました。)

隊長には、3回ほど連絡を取り、色々症状を話しながら 原因究明をしてもらいましたが

やっぱり治りません。

最後に「今から行くよ~」 ピィ!と聞こえなくなってしまいました。

 

それから 果てし無い一人の時間が・・・

そし~て 僕は途方に・・・

と真夜中 0時頃に 救世主の隊長が登場してくれたときは

なんと言ってよいやら・・・・  ありがたいことです。

この人、救世主だと思っていたら

実は、魔法使いでした。

隊長の到着後、3分でエンジンかかりました (爆)

ま~ バッテリーを繋いで セルをガンガン回し続けて ババンとエンジンがかかったのですが どうしてなんでしょね~

最初は、すっごい白煙をチャンバーから噴いていましたが

軽くアクセルを開けると 気持ちよく吹き上がってくれます。

どうしてよ!

 

せっかく来てくれて 速攻エンジンかけてくれて ハイッさよならね~ ってのも・・・

しかも、またエンストするかもしれないと・・・

自宅まで送ってもらいました

帰り道々、色々考え・・・

燃料が・・・とか キャブが・・・とかの予想を立てることが出来ました。

ん~ こんな筈じゃなかったのにな~

 

で、今日は先ほどまで 約2時間ほどATVと遊んでいたのですが

やっぱり 火入りませんでした(涙)

ま~ また明日があるさ~(笑)

 

 

以下↓本日の作業画像です。

 

色々やったんですけど

     エンジンかかりませんでした。 

        どうしちゃったんでしょ! 私のATVは?

 

 

次回に続く!

 

 

 


エンスト 原因究明? [水冷仕様]

エンストしました。日曜早朝?土曜の夜?

暖かい夜だったので、一人でそこらをフラッと走りに行ったのは良かったのですが、途中七里ガ浜付近で急にエンストしました。

それまでは調子よく、水温計を見たら90度!

オカシイなと思いながらも全開で湘南海岸線を気持ちよく走っていたら イキナリです。

 

と言う事で、水冷を組んでから始めて開けてみることにしました。

まずは、クーラント液を抜くことから始まります。どこから抜こうか・・・

ま~ この↑あたりから抜くしかありません。透明のパイプはすっごいキツイので黒の普通のラジエターホースを外して抜きました。

あとは、シリンダーに繋がっているパイプをスポスポ外して・・・

ヘッドのナット4つを外して、ヘッドを外しました。

ヘッドはご覧のようにキレイな焼け具合!問題ありません。

続いてシリンダーは?

シリンダー内、画像ではあまり良く見えませんが・・・

ピカピカきれいなモンです。おかしいな~ 抱きついてるかと思ってたのに~

では、ピストンの様子でも・・・

ん~ 実にキレイなピストンです。カーボンの付着もほとんど無く、まったく問題なし!

 

では、何が問題なの?

走行中、いつもより水温が高かった!

って事は・・・

エッ~ ラジエターか~?

次に疑ったのは、サーモスイッチです。

私の水冷システムは、サーモ付きシステムになってます。

このサーもがおバカになっていたら、クーラントがラジエターに回らず 常にバイパスされて冷やされること無くエンジンに回ってしまうのです。

サーモスイッチか~?

仕方ありません、サーモ外して見ましょうか・・・

外してみました。    

スイッチの確認と言うか、↑この状態ではなんとも分かりません。

んで!解剖です。           

右側に外したのがサーモです。

コイツのバルブが熱くなると開いて、ラジエターにクーラントが流れる仕組みになっています。

この後、サーモを探しに1時間ほどの旅に出ましたが、そんなもん何処にも売ってません。何処へ行っても「それはメーカー取り寄せです」の一言で断られます(笑)

仕方ないので!

 

 

仕方ないので・・・

 

ホントにどうしようもないので

 

サーモスイッチ 外しました。てか組み込まないで水冷システムを組みなおしました。

そうです。サーモ無しにしちゃいました。

ん~ 常時ラジエターにクーラントが回るシステム!これからの季節、冷え過ぎが心配ですが 今週末のツーリングに行くにはコレしかありませんでした。

とりあえず、鋭利サーモ探索してみますが、ツーまでに間に合うか・・・

 

新しいクーラント とうじょ~う!

相変わらず、キレイなクーラントです。フォーションのオレンジジュース?

再度全てを組みなおして・・・・

かんせ~い!です。

 

この後、近所を少し回ってみましたが、雨が降り出してきたので終了してしまいました。

水温系はいい調子でしたが、やっぱり下が冷えすぎるようです。

今までは、信号待ちなどで止まっても渋滞などでしばらく停車しても60℃以下には落ちなかったのが、1分も止まっていると50℃台に突入します。

逆に高温側は、73℃程度までしか上げられませんでした。ウチの近所には長い上り坂が無いのです。でも 湘南で90℃になったときは、平地だったよな~

ウ~ん!

 

あれ!今日(15日夜)も走るにはちょうど良い気候じゃないですか!

今から 走ってくればいいんだな!

 

て事で、またブログ中断します。

チョッとそこいら(江ノ島でも)回ってきます。 

PM9:20 行ってきま~す。


AM0:40 帰宅しました。

ま~ 大変なソロツーリングでした。(笑)

明日からまた忙しくなります。ウチの子(ATV) やっぱり可愛いです。

まったく私の言うこと聞きません。

いやぁ~ 大変でした

 

 

次回へつづく 

 

 

CM入りま~す。

http://www.youtube.com/watch?v=YtI_K0w2_-k&mode=related&search=

次回予告 お題は「tomonoe号 房総ツーリングまでに間に合うか!」

コレだから、ATVはやめられないって感じの面白い内容で見所満載の事件が・・・

連続ドラマのつづきみたいでしょ(笑) コレがまた すっごいんだ~ 

 

 

P.S 今夜関わってくださったみなさん ホントありがとね~ 

 

 

 

 


ツーリングの準備? [メンテナンス]

来週の日曜日はツーリングです。

仲間に迷惑をかけないよう、無駄な整備でもしてみようかと・・・

↓ コレ交換してみます。

  

・・・と、この画像を撮るために パッドをガレージに取りに行ったのですが、今夜って寒く無いんですね! ただいま夜中の0:00を過ぎた頃ですが これからパッド交換やってきま~す。

ホントは、半分くらいの勢いで、軽井沢のUCSに行ってみようかと思っていたのですが

準備不足&イマイチ〇〇の機嫌が悪いので、自宅待機の空模様・・・

もうチョッとで、ウチの〇〇が寝るので 朝までは私の自由時間となりま~す(爆)

では、ブログの更新も大事ですが

私の遊びの方がもっと大事なので 今からおもてで遊んできま~す。

AM 0:20 一旦ブログ書き込みしゅうりょ~う!

 


AM 4:40

ただいま~ と たった今帰宅しました。

あれから・・・

やっぱりコイツの整備しました。

ネジ2本で、ブレーキは簡単に外れたんですが・・・

ブレーキパッドも簡単にバラバラ外れたんですが・・・

組み付けるのは、チョッと手こずりました(笑)

 

リアブレーキだけでは飽き足らず、先日から調子の悪かった Fブレーキもばらし始めました。

かなり引きずって走っていたので、ブレーキダストで粉々いっぱいでした。

フロントのブレーキ調整!

すっごいメンドウでした。なんど組み直してもうまくいきません。しまいには全部バラバラにして、グリスを塗ったりブレーキクリーナーでバシャバシャ洗ったり、ひっくり返して付けてみたり・・・

散々やった挙句、 ま~いっか~ のレベルで終了しました。 引きづらない程度に緩く!チャンと効くようにキツク・・・ とっても難しいです。

ま~ ある程度のところで諦めて

テスト走行と言う名の 一人ミニミニツーリングに出発です(笑)

AM 2:30出発!

まずは腹ごしらえと・・・ 某ラーメン屋へ

悲しいかな、営業時間は午前2時まででした(涙)

しかたがないので、フラフラ走っていたら、チョッと見覚えのあるところに着いたので

パチリと写真とってみました。AM 3:00

次は西に向かってはしりました。

途中、ど~しても腹が減ったので 吉野家でお食事しました。

知ってました?吉野家って 牛丼は午前0時までなんですって!3時過ぎにお店に入った私は仕方なく焼肉牛丼を食べました。あんまり美味くネ~

3時半頃、藤沢駅ロータリーを一周して、いざ江ノ島方面へ

寒さも応えるほどではなく、少し肌寒い程度の快調なツーリング

七里ガ浜付近の海岸線を 思いっきり全開で走っていました。

快調なエンジン音!R134は私一人のもの 気持ちよく全開です。

全開です。

全開です。

たまには水温計でもみてみようかと・・・

エッ!90度?

おかしいぞ・・・

と思っているうちに 

スポポポポ・・・

あれれ!快調だったエンジンが~

急遽路肩に止めると そこは某有名なレストラン

んなこた~どうでもいいやと ATVから降りて 一応エンジンを覗き込む!

真っ暗で何も見えない・・・(涙)

呆然と唖然とした瞬間

目の前の海からは ザザッザッパ~ン と寂しげな波の音が聞こえてきました

このシュチュエーションで聞こえてくる波の音が ミョ~に悲しく聞こえてくるのは・・・

 

しばらく考えた (某タクシーに電話しようかor仲間の誰かに・・・アッみんなレースに行っちゃってるしor そうだ!日曜はいつも一緒に遊んでいる某氏に電話しようか!or いつもビックスクーターでサポートしてくれる・・・) 挙句 とりあえずエンジンスタートを試みてみようかと

キーお~ん! 

バババッ バァ~ん

あれれ、エンジンかかっちゃったよ!

チョッと走って、いつものセブンイレブンに緊急避難。明かりが有るだけでもありがたいな~

プラグを外して一応チェック!キツネ色のプラグに一安心

10分くらい休んでから、再スタートしてみました。

鎌倉→本郷台→自宅 

なんとか無事に帰って来れました。

アッ!なぁ~んだ 帰れちゃたのか~ と思った そこの あなた!

正直にコメント欄からメッセージをよこすように!(笑)

 

と、まあ なんとか無事に帰っては来れたのですが、もしかしたら抱きついてるかもしれません。帰り道々 恐々全開をくれてやると 水温はバンバン上がります。

そろそろ、新しいシリンダーが欲しくなってきたのかな~

私のATVは、我侭ですね~

まぁ~ なんて可愛いATVなんでしょ!

 

て事で、明日の日曜日はたっぷり楽しめそうです。組んでから1度も開けた事の無い水冷シリンダー 中の様子はどうなってるんでしょネ~

と書いてる、たった今!orecamoさんからコメントが届いているようなので、今日はココまでとしま~す。

コメント見てから寝ちゃいま~す

 

おしまいっ

 

 

 

 

 


10月21日(日) 房総ツーリング だよ! [ゆかいな仲間]

10月21日(日)は Hikibashi Auto主催 房総ツーリング です。

鴨川

 

←カウントダウンも設定しました。

 

さて、今日のお題! 房総ツーリング

私が始めて参加した ツーリングが房総でした。

房総はATVツーリングには最高の地です。なぜかって?

◎往復にフェリーを使う! これがまた、楽しい時間なんですよね~ ATV好きの仲間が、まったり談笑できて アッと言う間の航海です。久里浜で乗ったらすぐに金谷に着いちゃいます。も少し話していたい様な楽しい時間です。

◎房総は信号、渋滞がほとんど無い! 房総で渋滞はありません(キッパリ)だって田舎だもんね(笑)。多少のアップダウンは有りますが、快適なツーリングが出来ます。スピード出さなくても信号待ちで止まらないから、短い時間でかなりの距離が走れます。

◎景色が綺麗! 山・海 両方の景色が楽しめます。私は新緑の頃と夏のツーリングしか行ったことありませんけど、毎回気持ちの良いツーリングが出来ました。今回 始めて秋の房総をツーリングします。楽しみです楽しみです。

〇帰りの時間が決まっています! 帰りのフェリー最終便が決まっているので 夜中になることは有りません。ただし・・・強風や高波でフェリーが欠航になった場合、東京湾を一周して帰ってこなければならない・・・と言うギャンブルがあります(爆)

こんな感じの、楽しいツーリングが 今月の21日にHikibashiAutoさん主催で開催されます。

ユナリに限らず、公道走行可能なATVでしたら 全て参加可能です。逆にユナリばかり見飽きているので、他メーカーのATVで参加の方を望みます。絶対楽しいですから、お時間のある人は、とりあえず出発集合場所の久里浜港に集まってみてはいかがですか?是非一緒に走りましょう

因みに、参加費なんてありませんし、当日飛び入り参加大歓迎です。「参加しま~す」なんて連絡しちゃうと、当日雨降ったり曇天で寒かったりしたときに引っ込みにくくなっちゃうから、当日まで天気の様子を見て コリャ~行くっきゃない!って天気予報だったりしたら イキナリ参加しちゃえばいいんです。

ほんと気楽なツーリングだし、みんな優しい仲間たちばかりです。

なにが優しいかって? 壊れても絶対に見捨てない事かな!

ATVなんて、壊れてあたり前の乗り物です。だれかが壊れても、攻めたりしません。だって明日は我が身だもんね(笑)。明らかに壊れるのが当然で参加するのはどうかと思うけど、各自のレベルで前の晩まで一生懸命整備した結果が 途中で壊れたのなら みんな助けてくれます。隊長なんてそのために牽引ロープをいつも積んでくれていますし・・・・エッ!

とにかく楽しいツーリングが21日に開催されます。

以下、過去の房総ツーリング画像です。

最初の房総ツーリングでの一コマです

これは、今年の房総ツーリングだな! 水冷だもんね

これこれ、FKTも参加したんだよね~

美味しいクジラ料理のお店です。

んん!チョッと懐かしい画像、澁谷くんはどうしてるかな~

おっっと 監督のアドリーが写ってるじゃないですか~

かっこいいでしょ!この3台。この頃はみんな空冷だったネ~

小林(仮名)君 いつもサポートありがと~

いつもビックスクーターでサポートしてくれているK君(今更)は、毎回違うビックスクーターで参加だよね(なぞなぞ)

三者三様いやそれ以上に個々のATVは違うんです。 ハイ!

順不同、4回ほどの房総ツーリングでの画像です。

ユナリばっかり写っていますが、よ~く見ると E-tonやアドリーやCPIなども一緒にツーリングしてます。ま~大体の人がツーリングの後 ユナリに乗り換えちゃったりしてますが!

某メーカーはまったく関係の無いツーリングですので、お気軽に、ほ~んとお気軽お気楽に参加できるツーリングで~す。

沢山の参加者(ATV患者)が集まることを祈って、本日はブログを書いてみました。

今から、21日の房総ツーリングが楽しみにな 私です。

 

注) HikibashiAutoさん主催ですが、ツーリング中の事故や故障は自己責任です。もちろん最後まで助けてくれますけど・・・

ついでに、ツーリング中に発生する修理作業や必要パーツは、どこからともなく出てきますが 部品代はそれ相応に後ほど払って下さい。修理工賃は仲間がやることです一切必要ないのですが、油で手を汚してくれた仲間には黙って缶コーヒーを1本用意するくらいの気遣いは最低限必要です。

 

 

 

 

 


ある晴れた日曜日 [ゆかいな仲間]

 おだやかな秋晴れの日曜日

家でゴロゴロしてるハズはありません。

もちろん ATVであそんでましたョ!

 

ゆっくり起きて、お昼頃・・・

先日、某氏に指摘された まったく洗わないATVの汚れが気になって 洗車をしました。

洗車!キライです。 私の事をご存知の方は分かるかと思いますが、性能が変らない事はあまり好きではありません。洗車しても速くなったりしないからネ~(笑)

5分で洗車は終わってしまいました。

あ~ 久しぶりにさっぱりしました。

カーボンボディーが、くすんで見えるでしょ!

違うんです。この時はワックスかけてたのです。

久しぶりですWAXなんて・・・

てか!2回目かな~ それですら数分も掛からずに塗り終わります(楽チンです)

そろそろ、拭き上げ~って時に、登場しました。

この方、洗車命令のチョウホンニンデス。

来て早々、自分のATVを洗車かよっ!

他人の洗車より、自分のATVを拭き上げです。

セッセコ・・・ ん~ ピカピカ~ 

やれば、光るんですね 私のATVも(笑)

洗車、WAX掛けもおわり 外に出てから1時間もしないうちに 

まったり時間が始まりました。

あーた!どこにお電話ですか?

あっちとコッチにお電話攻撃をして、この後の予定を作りました。

さ~ 出発で~す。

 

ハイッ 到着で~す。   

今日は、S沢さん以外は、呼んでも来てくれなかったので

コッチから襲撃してあげました。いつも受身だから、たまには襲撃もいいよね~

上の画像は、そよ風監督宅 到着直後の様子です。

呼んでも来なかった監督は、原チャリをバラバラにして遊んでいました。これやってたからウチには来なかったのね~

ま~ エンジンの付いた乗り物をイタズラするのは楽しいよね~

原チャリだって、イジレば必ず変化が見られるし、やった事が必ず体感できるからね!

でも、自分がイジッてるのは楽しいけれど 他人のイタズラは、あまり楽しくありません。

早く 次行こうよ~ 

ここでも、1時間位いろいろやって、やっと出発です。

次の目的地は、ATVの聖地 北〇輪〇さんです。ここでNA〇ちゃんと待ち合わせ!

と言うか、自走番長のNA〇ちゃんが行ってる事を聞いたので、勝手に目的地にしてプチツーリングとなりました。

ホラホラ、早く行った行った!

私の分かった道は、国道246だけで あとは着いて行くだけで どこ走ってるのか分かりませんでした(笑)

 

16:30 聖地に到着です。    

NA〇ちゃん、久しぶりだね~  教祖様も新潟レース以来です。

リフトに上げて、何やってんの~?

と、遊んでいると

某教祖から、こんなモン作ったんだけど 実験してみて~ と!

新しいおもちゃを手にした二人は、ワクワクで取り付け作業です。

すみません。北〇輪〇newパーツ(試作品)にて モザイクいれてます。

こういう物を手にしたときの、彼らの目の輝きは凄いよね!

取り付け後、早々に実験走行! 2タイプの試作品を試してみました。

ん~ やっぱりダンパー付きの方が良いみたい・・・

この話は、↑発売されてからまた書きます

 

アレレッ と思う2台の車両が並んでました。

左がS沢氏のATV、右が北〇デモカーATVです。微妙にセンスの違う兄弟車です。

どちらもスペシャルペイントの素敵な車両ですネ! オーナーが乗るとイメージはだいぶ変りますけど・・・(爆)。この2台が並んでいると、けっこう壮観です。ん~ん普通じゃ無い って感じ~

 

なんだかんだと、まったり遊んで 暗くなってきました。

 

「帰ろ~」

↑帰り道の新横浜 おっきな交差点での右折待ちです。

私を含め、この3台だと ペースもいい調子なので 走っていても楽々です。

片側3車線の道も、中央寄りの車線を車を突っつきながらの高速ツーリングが出来ます。

やっぱり、街中のツーリングは速度が出せるATVで 3台位で走るのがベストです。

いいペースで1時間も掛からずに帰宅できました。

 

楽しい日曜日でした。

おわり・・・

 

今日のブログは、だらだら一日の出来事を書いただけです。ホントは面白い出来事がいっぱいあったのですが、なかなか文章にするのが難しい笑い話だったので 書けませんでした~ うまく話せる・・・いや書けるようになったら いづれ書いてみますね~

 

 

 

 


やっぱり・・・ [ゆかいな仲間]

今夜は、ゆっくりしてようかと思ったけれど・・・

ATVの無い週末はつまらない~ 

 

この時間(23:50)まで、パソコンの前で じ~っとしてたけど

やっぱり我慢できない・・・ フラガールは面白かったですが!

あっちコッチに電話をかけてみました。 ヒマでやる事無かったからネ

 

3本目でやっとヒットしました。 何がって? 決まってるじゃないですが アンヨです(笑)

 

(本日も、意味不明な文章ですが またあとで書き足します)

続く・・・23:50

 

 

 

で、続けます。 AM0:10

まだ、家に居ます。昨日ATVを某メーカーさんへ貸し出しちゃったので、足がありません。

自分の車で引き取りに行けばいいんだけど・・・

トランポをトランポとして使えるようにするのがメンドウです。椅子を外して車から運び出さなければATVが乗らないんです。

ん~!

 

そうそう、本日 撮影があったらしいです。詳細は良く分からないのですが

私のATVは物撮り(ブツドリ?)だけで良いらしく、動く必要は無かったらしいのですが

撮影(動画)の時に乗っていこうとしたら、エンジンが不調で チョッと走っただけでエンスト!

結局、動画の方には参加しなかったらしい・・・

ま~ そんなのは ど~でも 良いんだけど

その事を 私が仕事をしている夕方頃に電話で聞きました。

おっかしいナ~ 昨夜はあんなに元気に走っていたのに!

と、その時は聞き流したのですが 電話を切ってから色々考えちゃいました(笑)

何が壊れたんだろう・・・ 100メートル走ってガブガブで吹き上がらなかった・・・

そう思いながらも なんとなく ニンマリした私でした。

別に、壊れてもいいんだけど! 私の見ていないところで不調になるなんて・・・

他人様が私の見ていないところで乗ったら、調子が悪い・・・

なんだか、チョト嬉しいような・・・エッ!

 

だってそうじゃないですか、オーナーの前では元気に走り回って 知らない人が乗ると機嫌を悪くしたかのようにまったく言う事を聞かなくなる・・・

 

なんて かわいいんでしょ! 私のATVは・・・  ←バカだな!

 

と ここまで書いたところで 外から ピッピーと かすれた様なクラクションの音が

某メーカーまでのアンヨが到着したみたいです。S沢さん 毎度悪いね~ ありがと~

と、ここでブログをいったん中止して、ATVの引き取りに行ってきま~す(AM0:20)

後編に続く・・・

 

 

 

ココから、後編です(AM1:30)

かすれたクラクションの音が、チョッと変だぞ~ と思いながらも、玄関を出ると・・・

迎えの車が見あたりません   ん! おかしいぞ・・・

でも、S沢さんは そこに立ってます。「お迎えごくろ~(笑)」

でさ~ 何で来たの?車はどこ?

S沢さんの 指の先の すぐ先には・・・

あ~た!まさかコレで迎えに来たの・・・

男と2ケツは、いやだよ~(笑) 

いやいや、コイツはここに置いて、私の車で某倉庫まで引き取りに行くのだと・・・

あ~ そういう事ね~ 

この後、私の車に二人で乗って、ATVの引き取りに行きました。

 

AM 0:50 某倉庫 とうちゃ~く

ここで、ジャンケンです。  そう・・・負けた方が寒い方ね!

 

幾ら私がジャンケンを挑んでも、S沢さんは手を出しません。

卑怯者め~(笑)

 

あたり前と言えば、そうなんですけど 自分のATVは自分で乗って帰らないとね!

でも、けっこ~寒いんだよね・・・

 

仕方が無いので、私がATVにまたがり・・・

さ~、エンジンかけて 帰るか~ と

キーON、ポンプスイッチOFF エッ! まっいっか 

セルボタンをピッと引くと・・・

キュルキュルキュルキュルキュルキュル きゅ!

エッ~

バッテリー上がってます(爆)

 

機嫌の悪かった 私のATVは、何度も何度もセルを回された様で

この後、何度セルを回しても

キュ! の一言で終わってしまいます。

 

あ~ 

 

仕方ないので、常備している車のブースターケーブルを引っ張り出して・・・

キュキュキュ! ばぁ~ん

イッパツでエンジン復活です。 そうだよね 私が乗れば掛かってあたり前なんだよねッ

ここでも、なんとなく嬉しい 一瞬でした (笑)

 

あとは、電ポンのスイッチを入れて

寒い中を ごきげんな吹き上がりと加速で

我が家まで帰ってきました。

 

おかえり~ 私のATV!

明日は、ノンビリ朝から晩まで 遊んであげるからね~ 

 

これで、明日の日曜は ATVのある休日 を楽しむことが出来るようになりました。

 

 

P.S 

コレを読んだ 某お仲間のみなさんへ

襲撃して来ないでね~(笑)

 

 


お呼びが掛かりましたので・・・ [番外]

只今、21:00

某ATVメーカーより 車両を貸し出せ とのお達しが来ましたので

これから届けに行ってきます。

私のATVをどうしようと言うのでしょうか?

たぶん、某熱湯スポーツマガジンの端の方にでも掲載してもらえるのでしょうが・・・

 

ん~ ATVの専門雑誌でもあれば、表紙を飾ってもらいたいのですが・・・(笑)

 

でも、だれかが言ってたように

普段は洗車もしないんでドロドロのホコリだらけなんだけどな~

 

まっ! とりあえず ATVを届けに 自走で行ってきま~す。

 

 

AM 2:00 帰宅しました。

某所で、すっごいマシン見てきました。

脱帽です。大概のATVを見ても驚かなくなってしまった わたしですが

こいつは凄かった!

さすがカスタムShopです。

すばらしいの 一言です。

モザイクな画像でごめんなさい。掲載のOKは頂いたのですが、どこにも載ってないスペシャルマシンなので 自主的にモザイク画像にしてみました。いづれどこぞの雑誌やらHPで載るでしょうから それまではお楽しみにお待ちください。

こんな私のブログで初掲載されるなんて とんでもない事ですので・・・

メチャメチャかっこ良かったマシンを伝えたいので、

もう一枚だけバックからの画像載せさせてもらいます。

ん~ 敵わない・・・

↓ほんとのカスタムProShopです。(宣伝の意味ではありませんが、素敵です。センスが素晴らしい)

West Coast Promotionsさんです。

West Coast Promotions
 

ふだん、マシンとかカスタムと言う言葉をあえて使わない私ですが、今回は自然とカスタムと言う言葉が出てきてしまいました。この他にもカスタムペイントのカウルなども見せてもらいましたが、すばらしい深みのある色 艶でした。画像では表現できないので写真はありませんけど・・・

 

 

 

 

 


今夜も違いの解る男に・・・! [吸排気系]

天気予報は、雨でしたが・・・

まったく雨降る様子も無いので、またセッティングやって見ます。

只今、20:30

2時間位 楽しんできます。 結果は後ほど・・・(笑)

 

 

上の文章を書いてから、2時間半!

ある事情があって、23時までしか自由な時間は無いのですが

それなりに充実した有意義な時間を楽しんできました。

さて、何をして来たかを書きます。

 

と、その前に・・・

20:50頃、電話が鳴りました。 内容はご想像どうりかと思いますが

私が実際にイタズラ作業をやっているのかの 確認電話でした。(笑)

「忙しいんだから~、電話かけてくるんじゃないよ~」と私

「ん!やってるんだね!」と電話はしゃべります。

めんどうなので、適当に答えて電話を黙らせました(笑)

 

ここからが、本題です。

昨夜は、MJ112のまま SJを45→48に上げて、ジェットニードルのクリップを1番上 いちばん薄い状態にして 中間の吹き上がりが良くなったところで おしまい にしました よねッ!

高回転での伸びがイマイチだったので

今夜は、MJを弄って見ることにしました。MJ112→107です。

やっぱり薄い方が いいんでは・・・

でも、チョッと怖い (笑)  ので、ニードルのクリップを一段下げてみようかと・・・

キャブのフタを開けると、こんな感じです。PE20ですので、丸いピストンが出てきます。気を抜いてキャップをまわしていると ビックリ箱のように フタが飛び跳ねてきます(笑)

今夜は、キャブ本体をエンジンから外さないで作業しました。SJを弄るにはどうしてもキャブ本体をエンジンから外して下側のカップを外さないと交換できませんが、MJを弄るときは一番底の17㎜を外せば交換できるので、楽勝です。 やっぱりすばらしい整備性能のKEIHINキャブです。

あっ、解り難い話なので 昨日の借り物画像をまた載せておきます

⑤がキャブのピストンです。上の写真では、コイツが飛び出してきています。

コイツをうまい具合に抜き出して

アクセルのワイヤーから外します。

外したものが、こんなんです。

一応、分かるとは思いますが、この↑画像ではひっくり返して置いてます。

爪楊枝みたいなのが、③のジェットニードルです。

裏側のゼムクリップを変形させたようなもので 止めてあります。コイツをラジペンでつまんで外します。

すると~ 爪楊枝が抜けてきます。

ほらネッ! 楊枝のヘタ部分にチッチャなクリップが付いてるでしょ コイツが④のクリップです。

今夜は、コイツを一段下げて、中間の燃調を少し濃い目に戻してあげました。

ん~ 一生懸命分かりやすく書いてるつもりですが、分かってる人にはつまらなく、分からない人にも意味不明な書き方だな~ 分からなければ、お気軽にコメント欄に書き込んでくださ~い! でも、基本的なことは どっかのHPで一生懸命学んでからにして下さいね~ (笑)

あとは、組みなおして かんせ~い です。

さて、ここまで15分くらいの作業を終えたところで・・・

 

予期せぬ・・・・

いやいや、予想どうりの訪問者です。

あーた!こんな遅い時間に 他人のガレージに遊びに来るなんて!もし私が寝てたり、風呂入ってたりしたら ど~すんの! 

あっスミマセン、さっき電話で確認済みでしたネッ (笑)

 

イヨイヨ試走ってときに、goodなタイミングと言えば そ~なんだけど・・・

ま~、せっかく来てくれたんだから 一緒に試走に付き合ってもらいました。

一回り・・・3キロ程!

昨日より、高回転の吹き上がりも 良いです。でも完璧じゃない!

燃調は、とってもイイ感じ~ です。クリップを下げたのに 中間のモタツキも現れません。高回転もまあまあ回ります。

エッ!まあまあって?

平地でも、軽い登りでも 回転数8700程度までしか回りません。

ま~、これで十分、安全圏の回り方だ!と言えば、そ~なんですけど・・・

イマイチ エンジンが気持ちよく回っていない感じです。

一緒に試走してくれた仮名塩沢さんは、はるか後ろのほうで追いかけてきます。(笑) ん?

「なんで、付いて来ないの?」

この後、チョッと白い目で見られましたが、私は気が付かないフリをして・・・

軽いイタズラ車両よりは、速いことを確認!ってか実感したのですが

やっぱり・・・・

もっと軽々吹き上がって もうチョとドッカーんと加速して欲しいんです。エンジンはイイ感じ~ なのに 

で!もっと軽々吹き上がらせる方法は・・・

WRですよね~(笑)

早速、ガレージに戻って、WRの交換です。

ATVの向こう側で、ヒジ付いて眺めているのは、某〇〇さんです。今更〇にしても遅いかッ(笑)

チャチャとWRを交換です。前回のツーリング中に4.5g×6個にしたのですが ま~だ重いみたいです。今夜はこのうち 3個を4gに交換して、 平均4.25グラムにしてみました。

またもや、15分の交換時間で、再試走です。

ん~ MAX9200回転まで回るようになりました。

やっぱりWRを軽くすると 気持ちイイです。

さっきより 中間の吹き上がりも断然良くなり、高回転でのドッカンパワーも体感できました。

由由(ヨシヨシ)、と言う感じです。試走も違う場所が必要になり

チョットした坂道! でテストしたくなりました。

前回のセッティング状態や、だいぶ前の箱根のテッペンでの 登り坂からのスタートでモタツク現象が現れるかのテストです。

急な坂道の所まで行ってみました。ま~ チョッと先のご近所なんですけどね~(笑)

坂道に着くと、坂の途中で一旦停止。

止まった状態からの全開スタートをテスト・・・

 

ん~ ストレス無く。軽々スタート

モタツく事無く、グングン加速していきます。

いや~ いい感じ~ とってもいい感じ~ です。

 

なんだか、とっても嬉しかったので、某〇〇氏にも ムリヤリ試乗させました(笑)

いってらっしゃ~い    

置き去りの某氏ATVと私で 結果待ちです。

ん~ん! この↑子も十分ノーマル車両よりは速いんですよッ 基本的プロモデル仕様(ビックキャブetc・・・)にトニックチャンバーを組んで、普通に乗ったら十分速いんです。

でも、私のには付いて来ません ←ヤ~な書き方でしょ(爆)

試走に行ってから、しばらくして いい感じの音と共に試走から帰ってきました。

あ~た! ヒトのATVをそんなにメチャメチャに運転して~ (爆)

私のATVで、片輪走行するのは この人だけです。 オイオイ!

因みに、私ですら 大事にしてるので片輪はやったことありません (エッ!)

 

片輪の話は、ど~でも 良いのですネ

大事なのは試走の結果です・・・が!

私の口から・・・いやいや 私が書く文章では真実が伝えられないので、本人からコメント欄で書き込んでもらいましょ~ (S沢さん、JJさん、どんな名前でもいいから、試走感想よろしくね~)

 

と まあ こんな夜のイタズラでした。

大して参考になるかどうか分かりませんが、buちゃんからも期待のコメントを頂きましたので。私の現状データを記載しておきます。あくまでも わ・た・し の場合でのデータです。細かな点が個々みなさんのATVと違うので、参考値です。 同じ水冷でも、電動ポンプを使っているので、出だしや加速時のクランクへの負担がありません。エンジンへの負担は車重を引っ張る力だけです。その辺もよ~く理解した上で参考になれば・・・

キャブ:ケイヒンPE20  MJ:107 SJ:48 クリップ位置:上から2段目 北洋チャンバー 6枚リードバルブ 北プーリー改 クラッチ:in&outマロッシ クラッチスプリング:白 センタースプリング:ノーマル+マロッシトーションコントローラー トルクカム溝:真ん中 あとは・・・

シリンダーキット:ポリーニ水冷アイロン49cc  スプロケはノーマル18丁

一応、思いつくだけ書いておきます。シリンダーの許容回転数が9千5百回転まであるので、WRはもうチョッと軽くしてもイイかな~って感じですが

今現在は、これでほぼ出せる力いっぱいな状態です。

んー、自分ではいい感じの出来栄えなんだけど 隊長やKさんのATVには負けちゃうんだよな~ 次回のツーリングで・・・

こんな感じですが!いかがですか~? buちゃん?(笑)

これで、思い残すことなく わらしべ号に専念できます。今年のツーリングもあと数回となり、寒さも厳しくなりつつありますので そろそろ冬眠の時期となりま~す。

 

では、また~ 

 

 

 

 

 


違いの解る男! [吸排気系]

違いがわかるって 面白いです。

前書き : 本日のお話は、非常に難しいです。難易度A級の内容を文章力最低の私が説明するのだから・・・。難しいな!と思ったら読むのをやめて下さい。一生懸命読んで頂いても理解が出来ない場合は、私の文章力の無さが原因です。笑って飛ばしちゃって下さい(笑)

さて、どういう話かというと・・・

ま~た、コイツの調整なんです。

そうです。先ほどまで キャブレターの調整をやっていたのです。懲りないヤツですネ!

先日のツーリングで、思っていた以上に調子が悪かったのが いつまでも頭に引っかかっていました。当日は霧雨が降るような曇天のお天気、いつもとはチト違う の~んびりとしたツーリング、平均時速も50キロ欠ける程度のまったりツーリング。全開全速で走るいつものツーリングとは勝手が違いました。スピードを抑えて走るの・・・ 辛かったんです。

勘違いしないで下さいね!私のATVが速いから・・・なんて言ってるのではありません。

中間スピードを維持して走る事が難しかったんです。

ツーリングの途中で、WRを軽くして より高回転で走れるように

ヤッツケ調整はしましたが、根本的にキャブから調整しないとダメダメでしたが!

よ~は、中間回転辺りのセッティングが出来ていなかったのです。

 

で、今日は何をやったのかと言いますと・・・

と!その前に ツーリングでのセッティングデータを記載します。

ケイヒンPE20 SJ45 MJ112 クリップ真ん中 その他は適当にご想像下さい。

このセッティングで、中間がモタツキ プラグの焼け色は少し白っぽい程度

薄くて白っぽい訳では無さそうです。(そんなに吹き上がりが良いわけでもなし・・・)

 

さて、今夜は ど~イジッたかと言うと

と、またまたその前に ↓こんな画像を無断で借りちゃいましたので載せておきます。

画像説明: ①MJ ②SJ ③ジェットニードル ④クリップ位置

10月に入ってから、めっきり気温も下がり 基本的に燃調を濃くしたかったのもあり 且つ前回のセッティングでSJを45か48かで迷った事もあり、ついでに45に決定してもエアスクリューの戻しが半回転で決まってしまった事もあり・・・(この辺で話が解らなくなって来た人は今夜はここまでとして下さい。チト難しいです)

まずは、SJを濃い目の48に交換しました。エアスクリューの戻しは2.5回転に仮決定してみました。ホントはここで試走なんですけど、これでは前回のセッティングのときと同じでつまらなかったので、もうヒトひねりして

ジェットニードルのクリップを5段目一番濃い状態にしてみました。エッ!

ま~ やり過ぎだとは思ったのですが、やってみなけりゃ解らない・・・

この状態で、試走に出掛けました。

出掛けた先は、某小林くんの仕事場です。(私の仕事帰りに、彼の職場の前を通ったのですが、そのときにバケモノ車が止まっていたのを確認していました) 時間はもう少しで22時、こんな時間までは居ないよな~と思いつつも 行って見ました そしたらバケモノが いや彼のスーパーマシン アルテッツァがまだ置いてあり、K君に会う事が出来ました。そんなのはど~でもいいのですが・・・

試走の結果は、散々でした(笑)

中間加速がメタメタです。出足はマアマア良いのですが、車両が加速し始めようとする辺りでガボガボと明らかにカブってる感じです。そこを超えてしまうと いつものように加速し始めMax70キロ辺りまで軽々加速します。

K君にも相談したのですが あの走りだったらいいんじゃないですか~ とあまり相手にしてくれません(涙)

クリップ位置は、あまり関係ないよ~ との話もあるのですが

これは、明らかにクリップ位置の下げ過ぎ、中間の濃すぎです。

今夜は、これで終わりにしようかとも思ったのですが、やっぱり止められないのが趣味ですよね!

今度は、クリップの位置を最上段。一番薄い位置に変えてみました。

この後、やっぱり試走です。

で、結果は・・・

 

出足スムーズ 加速し初めでのモタツキ・・・

 

一切無し! 

すばらしい中間加速です。そのまま全開で加速していくと・・・

いや~っん!

高回転での加速がイマイチ~ (笑)

中間加速があまりに良くなったので、高回転での加速が目立たなくなったダケかもしれませんが、さっきの様に中間からの爆発的な加速が感じられません。

ん~ 困った!

今度は、MJの交換でもしてみましょうか・・・

でも、今夜はここまで~ 終。

ATVは、あくまでも趣味です。明日も仕事があります。楽しみも取っておかないと・・・

これ以降は、次回のお楽しみにとっておこうと、今夜の作業は終わりました。

 

あと書き!

キャブレターって、面白いです。何をやっても 違いが出ます。違いが感じられます。

クリップの位置を変えただけで、あ~んなに違いが出るなんて・・・

やっぱりケイヒンのキャブです。すばらしいです。楽しいです。

こ~やって、少しづつでも 違いを感じながら調整していけば、いづれはビシッとセッティングが出るんでしょうね~

キャブレターの仕組みや調整の方法は、イヤって程ネットで勉強してみました。どこをど~すれば、こ~変る!とか、頭では理解していても 実際にやってみると ホントっテキストどうりに変化して、それも体感しながら調整できるなんて・・・

楽しいです。やめられませ~ん。

 

キャブレターの調整! 違いの解る男! にやっとなれたような・・・

そんな楽しいキャブ調整でした。

 

 

 


ホントに番外ですが! [番外]

夏の間、毎週日曜日はATVを触っていました。

ツーリングだけではなく、整備と称するイタズラやATVをダシにみんなと遊んでばかりでした。

そんなある日(先週の火曜日)、別のところに隠し持っている自動車を久しぶりに見る機会が有りました。(普段は倉庫のスミにしまってあるので見ることすらありません) 

う~ん タマには乗ってみようかな~ と眺めていたところ 

すっごい事を発見してしまいました(笑)

 

いやいや、言うほど凄い事では無いんだけど・・・

 

フォグランプが割れています。もちろん割った覚えなど無いのに・・・

置いてある状態で割れることは絶対にありません

たぶん・・・

前回(記憶のかなたですが・・・)乗ったとき もしくはその前か!

走行中に石でも飛んできたのでしょうか?

それとも、ゴ○ゴ13にでも狙われたのでしょうか?

こんな風に割れてました

あ~あ!

早速、ヤ○セにお電話です(笑) プルプルプル・・・ガチャ!

なじみの某営業マンに取り次いでもらい・・・

「なんにもして無いのに、フォグが割れてたんですけど~ クレームで治らないかな~」

答えは一撃でした!

ムリです」 

あたり前ですよね・・・ 

「んじゃ、フォグランプってお幾らするの~?」

27,000円です」 キッパリさっぱりと 

「エッ! そ・そんなにするんですか~?左だけでいいんですけど・・・」

もちろん、片側の値段ですよ! 」

あえなく撃沈でした・・・

片側だけでATVのシリンダーキットが買えちゃいます。フォグなんて無くったって車は走ります。ましてやフォグなんて、ま~ず使うことなんてありません。そんなモンに3万も、しかも工賃は別だそうです。んだけ掛けるなら、北洋さんでキャブのセッティングを依頼した方が・・・

どうしてもATVの金額と比べてしまいます。(笑)

で、苦肉の策が 自分でやっちゃえ~って結論です。

よくよく聞いたところ 部品は、レンズとパッキンだけのパーツ供給があるそうで 自分でやるなら安い方が・・・

てか!某ディーラーで治したら フォグランプ丸ごとの上に工賃まで取られていたんだろうか・・・?

そんな感じで、金曜の夜 パーツだけ受け取りました。しかも昔の同僚割引と夜中の引渡しで、3,500円でした 

さて、実際の作業ですが

私のウチでは設備の問題で作業が出来ません。

仕方が無いから・・・ いつもの手段です。

 

土曜の夕方 プルプルプル・・・と 2柱リフトを備えたガレージを持ってる友人宅に!

「あっ、久しぶり~ 元気~?」 と私

友人「ん!明日はダメだよ~

まだ、なにも言って無いのに・・・ しかも その言葉も一撃でした。

久しぶりに電話したんだから、前置きの話があるだろ~!

めげずに・・・

私「いや~ フォグが割れちゃってサ~」

友人「明日はF1なんだから、ダメだよ~

エッ!富士のF1なんて見に行くつもりなのか・・・それはそれで羨ましいな・・・

でも、私の車を治す方が大事だよな~ (口に出しては言いませんでしたが!)

ここで引き下がるわけには行きません。3秒間の沈黙の末(3秒で考える浅知恵ですが!)

私「明日は雨だから、一週間延期らしいよ~」

友人「エッ~、雨なの~ 雨ならしょうがないか~

決まりです。雨が降ったら F1は一週間延期なので 2柱リフトが使えることに・・・

(私の勝手な想像ですけど、雨ならF1は危ないからやらないと思いました)

友人「7万円のチケットなのにな~、来週じゃ行けないや~

ハィ けって~ぃ!

 

と言うことで、日曜日の午前中に 2柱リフトの元に到着です。

オラオラ~ そこの白い車 じゃまだからどかんかぁ~

私のかわいいお車が入るんだから~

バッチリです。雨も降ってます。

F1は・・・ たぶん1週間延期でしょう(エッ) いや そういう事にして・・・

早速、作業開始です。まずは・・・

アンダーパネルをひっぺがして・・・

あれれ・・・

まずは、おもらしからですか~(笑)

イエイエ、ついでにクーラントも交換してみました。半年ほど前に純正クーラントを某オークションで落札していたのを思い出して、持って行ってみました。

同時進行で、フォグを外して・・・

見事に割れてます。

あとは、レンズとパッキンを組み替えて 元に戻して終わりです。

クーラントもピッチリ満タンに入れて 無事しゅうりょ~

ここで、時間は13時!

「そろそろ、F1が始まるから 行ってくれば~」 (笑)

既に、時遅し・・・ 

7万円のチケットを握りながら 大画面のTVで観戦です(爆)

なんて豪華なF1テレビ観戦なんでしょ!

 

その後、自宅に帰ってから

もう一仕事・・・

簡易のオイルポンプで、オイル交換です。

う~ん 久しぶりのオイル交換(笑) かれこれ1年半ぶりのオイル交換です。

簡易のオイルポンプが満タンになっても、まだオイル入ってます エッ

結局、8リッターほどオイルが抜けました。予定では6L位だと思っていたのに・・・

前回のオイル交換をすっかり忘れていました。それにしても8Lもオイルが入るとは・・・

なんて無駄な車なんでしょ!

 

この日は、久しぶりに ATVを触らない のんびりの日曜日・・・

と思ったら!

オイル交換終了間際に訪問者登場です。

某Teamそよ風監督ガチャピンが、

「はいよ~」と登場です。

ATVで遊んだ日曜より、この人と会ってる日曜の方が多いなんて・・・

MBRC釣り大会に参加していた監督が、沢山のお土産を持って 我が家に立ち寄って下さいました。しかも大量のお土産と共にです。

ありがたいです。 画像ではイナダが2本写っていますが、その下にも立派なアジやイサキが入っていました。

監督のお陰で、おいしい晩御飯になりました。

いつもは迷惑な監督も たまにはありがたい存在です(笑)。 実際に釣ったのは監督とは限りませんが、運んでくれたのは監督です。

手前のイナダは、匠(タクミ)と名づけて この日の美味しい晩餐の真ん中に披露しました(爆)

 

この日も、楽しい楽しい日曜日でした。 おしまい!

 

「イナダ・・・たくみ・・・」の一文は、分かる人にしかわからない チョイレアな文章です。意味が分からなくても読み流してください。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。