So-net無料ブログ作成

よれよれ号 ⑥ 大事なエンジン [ヨレヨレ号]

このよれよれ号にとって
一番大事なのは、エンジンです。

そう!よれよれ号はProモデルなんですョ

普通のLTDとLTD-Pro、見た目はほとんど変りありませんが
(見た目の違いは、エアクリBOXがパワフィルである事とキャブレターの違いです)
大事なのはエンジン内部なんです。

一番の違いは、Pro専用クランク(レーシングクランク)が組み込んである事ですネ

外にも
ミッションギアの肉抜き・・・ (現在のLTDは同じギアだったかも・・・)や
ビックリードバルブが使われていることなどですが

なにしろ、エンジンがよれよれちゃんの最大の魅力です



さて、エンジンのメンテナンスを・・・

こんな状態からスタートしました
DSC04274.jpg

ちょぃと高かった真鋳ブラシで
DSC04276.jpg
相変わらずのドロ汚れはスグに落ちたのですが
そこから先は、チョッと磨いたくらいでは、なかなかキレイになりません
DSC04278.jpg

それでも一生懸命に・・・
DSC04280.jpg
30分位で↑この状態

さらに裏まで磨いて・・・
DSC04281.jpg

1時間位磨いて やっとこの状態です。

キレイになるのは嬉しいのですが、こんな事しても 速くなる訳じゃないのに・・・エッ!

磨くのも飽きたので・・・


ミッションオイルを交換してみました
DSC04284.jpg

ドレンはココ↓です
DSC04288.jpg

ミッションオイル だらだら抜けてきます
DSC04291.jpg
暖めていないので ダラダラタラタラ・・・ 15分位放置
DSC04297.jpg

新品のミッションオイルちゅう入ー
DSC04298.jpg

抜いたオイルは↓こんなでした
DSC04300.jpg
黒く汚れている様に見えますが、粘度も十分で交換の必要は無かったかも!
それより、よく中華バギーのミッションオイルを抜くと鉄粉が・・・と聞きますが
よれよれ号からは鉄粉のテの字も出てきませんでした。
(よ~く見たつもりですが、目に見えないくらいの細かい鉄粉は有ったのかも知れませんねッ)


引き続き、シリンダーです
DSC04301.jpg
よれよれ号には、マロッシMHRアルミの68ccが積まれていました。
これじゃ~速い訳ですよね!
過去に一緒にツーリングしたことが有りますが、とても付いて行けるスピードでは有りませんでした
topスピードよりも、発進加速で置いていかれちゃってました(笑)
(水冷にした今なら、たぶん着いていけたかも・・・)

ヘッドを開けて・・・
DSC04306.jpg
サスガにボア径 デカイですネ!
ノーマル40㎜に対してコイツは47㎜もあります(笑)

シリンダーの中を拝見!
DSC04314.jpg
ん~ キレイ!
最初は、私がキッチリ慣らしをしてから渡したシリンダーです
某海坊主さんの手に渡ってからもしっかり濃い目で使ってもらえたようです
(その分、カーボンは貯まってましたけど・・・)

シリンダーを外し・・・ピストンも取っ払って・・・
DSC04320.jpg
レーシングクランクの登場です


さて、コイツに何を組み込むかと言うと

やっぱり、ポリーニですよネッ

先日、ビーチさんから取り返したポリーニ!(笑)

ベースガスケットは返してもらえなかったので(再使用は良くないしね)
DSC04324.jpg
なぜか持っていた新品のベースガスケット
本来は、水冷用に取り寄せたガスケットキットから拝借しました。

さて、組み込みです
まずは、忘れてならないベースガスケット(新品)
DSC04326.jpg

ピストン組んで
シリンダーを差し込んで・・・(この時点でエンジンは立てて組みました)
DSC04343.jpg
ピストンを下げた状態↑ カーボンの付着でどこまで圧縮かけられていたか分かります
かなり圧縮低めだったようです
たぶん、↓これくらいのクリアランスだったようですネ!(色の違ってるところでピストン止めてみました)
DSC04345.jpg

さて、よれよれ号に組み付けた状態で、上死点までピストンを上げてみました
DSC04346.jpg
おっ!イイ感じ~
もうチョッとギリギリまで上がってくれても良いかもしれませんが
高回転型のイタリアンシリンダー、こんなモンでしょか!

あとは、エンジンを立てたまま クランクを回しつつ(芯出ししながら・・・)
ヘッドを組み付けてかんせ~
DSC04353.jpg
ポリーニのマッドブラックに塗られたシリンダーがかっこェェ~ 
(どうせファンシュラウドで隠れちゃうんですけど(笑))


現状、ここまでの状態で作業が中断されてます

相変わらず置き場所が無いので、トランポに積み込んで・・・
DSC04356.jpg

しゅうりょ~




ここ二日間、雨で作業中断してます

日曜までにエンジン乗せたいな~












ユナリチャンピオンシップ UCS ジャンプ集 [Videos]

今夜は雨なので作業は中止です(笑)

ヒマなので、こんなもの作ってみました
(ヒマなら昨日までの画像upしろって!)






こんな事やってないで、某オークションの出品しなくては・・・


よれよれ号 途中経過 エンジンは・・・ [ヨレヨレ号]

3日ほど ブログの更新をサボってました

でも、よれよれ号の作業はサボってません(笑)

ただ・・・

画像を加工したり、文章を書いたりするヒマがありません。


って!事で・・・

途中経過をチョチョッと画像だけUPします

DSC04280.jpg

チョッと磨いてみたりして



DSC04297.jpg

下からオイルを・・・



DSC04301.jpg

マロッシMHRアルミ68cc
これじゃ~公道走れないから・・・



DSC04326.jpg

ガスケット新品です



DSC04353.jpg

シリンダーは、完璧慣らしのポリーニを・・・


よれよれ号 手抜きナシです(笑)



エッ!横に転がってるマロッシ68ccはどうするのかって?

決まってるじゃないですか、某オークションでさらしものです
           意外とよれよれ号にも経費がかかって・・・(涙)


P.S
完璧な仕上がりのマロッシMHR68レプ、ご希望の方が居られましたらお早めに!





よれよれ号 ⑤ 立ち上がりました [ヨレヨレ号]

本日の襲撃者は、1名様でした

どうしてやってるって分かったのかな~


さて 本日
よれよれ号 立ち上がりました
DSC04260.jpg

おしまいっ!









本日の様子を詳しく・・・


ATVツーリング画像集 [Videos]

毎日、よれよれ号の事ばかりで

チョッと飽きちゃったので

今夜はビデオクリップ作りました

PCに音楽があまり入っていなかったので
ピッタリな曲が見つかりませんでした

が!

とりあえず、作ってみた!


画像集めてオートで作ったので 適当ですが・・・


よれよれ号 ④真っ赤なバンバー [ヨレヨレ号]

今夜の作業は

真っ赤なバンパーの下準備!

よれよれ号のパンパー こんななんです
DSC04076.jpg
真っ赤に錆々です。

向かって右側が特にひどいです。

新しいバンパーを買っちゃおうかとも考えたのですが
1万円以上するLTDバンパー 私の予算では手が出せません
それに、新品いれても つまらないですし・・・

で、真っ赤なバンパーなんですが!

エッ 赤に塗るわけじゃないですよ 今 錆で赤いってだけです(笑)


やっぱり、つや消しブラックに塗ることにしました
コイツは、現状メッキがかけられている上に この錆々状態・・・


さて、今夜はコイツをどう料理しようか・・・

用意したのはコレだけの品々(全部は使いませんでした)
DSC04078.jpg

まずは、60番のペーパーで錆を落とします
DSC04081.jpg
コレだけ磨くのも大変でした。

根性入れて、1時間・・・
DSC04084.jpg
やっとこの程度まで磨くことが出来ました。
(向かって右側しか磨いていません)

溶接部分の錆びは、ペーパーではムリなようでした
ワイヤーブラシでも有ればよかったのですが

錆び取り液 (右下の黄色いボトル) を塗ってみました
DSC04092.jpg

30分以上放置!

錆取り液をパーツクリーナーで洗い流して・・・
DSC04096.jpg

先っちょの、ペパーの当てられない折れ目も
DSC04097.jpg
まあまあキレイになりました。

でも、夜の作業ではコレが限界
左の方は手付かずで終わりにしてしまいました

最後は、こんな感じに
DSC04102.jpg
錆もすっかり落とすことが出来、サフェーサーを塗りたかったのですが
まだ半分程、錆が残っているので サフェ塗りはお預けと!

最後に、せっかくの錆落しがムダにならないよう
潤滑液(CRC-556)を薄くスプレーしてかんりょうとしました。

次回の続きは、ペーパーでの錆落しをバッチリやり直して
パークリで脱脂して、サフェーサーからの塗装となります

最終的には、フレームと同色のつや消しブラックに塗る予定です
さてさて、それが出来るのはいつになる事やら・・・


塗装や色についての作業は、夜はダメですね~
写真に撮ると、まだまだ錆も残っているようです。

次回の休日に作業持ち越しと・・・






よれよれ号 ③ ステップも塗りました [ヨレヨレ号]

日曜の続きがまだありました。

フレームの下側半分の塗装と

ステップも塗りました。
IMG_20007.jpg

あっ、塗る前の画像撮り忘れて左側塗っちゃいました

右側も、錆びを取り去ってからの画像しかありません
IMG_20010.jpg
下地が出るまで磨きました

さて、右も吹き付け~
IMG_20012.jpg

説明だと、簡単だけど

かんせ~
IMG_20018.jpg

と、ステップまで仕上がりました。



おまけ・・・


よれよれ号 ② カウルはどうしよう・・・ [ヨレヨレ号]

よれよれ号のカウル

今、着いているのはこんなにバッチ~です
DSC04059.jpg

もっと近づくと・・・
DSC04060.jpg
う~・・・

考えとしては、なぜかウチに置いてある
 ①ほぼ新品のブラックカウルに乗せ替えちゃう!
 ②このよれよれカウルをキレイに磨き直す!

簡単なのは、新品カウルに乗せ替えちゃう方ですよね~


でも、アフォだから・・・
今の時点では、オリジナルに拘って・・・


磨いてみました
DSC04061.jpg

でも、半分だけですが・・・
DSC04065.jpg
磨けばキレイになるモンです

反対側は・・・
DSC04067.jpg
エヘヘ・・・
けっこう大変なんですよね~

最終、ワックスを2回掛けて仕上がりです
DSC04070.jpg
画像だと わかり辛いですが、2コ上の画像とは違うんですよ!

全部キレイにするには、この3倍やらないと・・・

どうしよう、ブラックのカウルに変えちゃおうかな~
ブラックカウルなら、ウインカーの穴、空いてないですし
穴無しカウルの方がカッコ良いしな~

因みに、フロントのウインカーはどちらのカウルを付けるにしても
マウント位置はカウルの下に変更します。

さて、さて 段々先が見えてきたような・・・






よれよれ号 ① フレーム塗装 [ヨレヨレ号]

お話は・・・
IMG_10034.jpg
フレームだけになった処までと

日曜の最終は、こんな感じだったって処まででしたよねッ
IMG_10073.jpg


さて、フレームだけになった よれよれ号
画像のとおり 後ろ半分下側は ほとんど錆も無く
モチロン、曲がりやクラックなども一切ありませんでした。

チャチャッと拭いて、スプレーしちゃえば 

ハイッ!出来上がり~

なんですが、そんないい加減な事は モチロンしません (キッパリ)

まずは、裏側から確認です
フレームをひっくり返して・・・
IMG_10040.jpg

エッ なんで裏側から?

なんとなくですが、雨水が伝ったら 上から見る部分より
下側に垂れたり、伝ったりするんじゃないかと思って
上からの見た目より、裏側の方がサビサビだったりして・・・
と考えたのと、
裏側だったら、多少失敗して塗り斑が出来ても・・・ と思いました。

各部裏側の様子
IMG_10037.jpg
シートより後ろ側、最後端のフレームはチョッと点錆が全体的に醜いです

IMG_10038.jpg
ハンドルポストあたりも・・・
ま~仕方ないレベルで、一安心

ガソリンタンクが乗っている、2本のフレームは
IMG_10039.jpg
ほとんど無事でした。

白っぽく 茶色っぽく見えるのは、全て錆ではありません
ほとんどが・・・

ドロ汚れ!(笑)

まずは、乾いた雑巾とブラシで擦って
エアーガンでシューシュー吹き飛ばしました
IMG_10043.jpg

後ろのほうから そ~っと お風呂に・・・
IMG_10044.jpg
余っていた石油で洗いました。

錆びてる所は、ガンガンゴシゴシ 固めの磨きスポンジで・・・
IMG_10047.jpg

こんな事を数回繰り返し
最後にヒートガンで乾燥させて・・・
IMG_10050.jpg
こんな感じ~

白っぽくなったのは、元の塗装がある程度ハゲてるからです (監督とは関係ありません)

別角度から・・・
IMG_10051.jpg

あっ 向こうでは なにやら現チャリを弄ってる人が・・・
顔は見えないけど、わらしべ号の現オーナーだッ!

   何してるの~?

    それウチのアプリオだよ~

     ウイリー仕様になんて、しないでね~



さて、現チャリなんて ほっといて・・・    エッ!

よ~く乾拭きして、ヒートガンで乾かして

つや消しブラック 一回目いき~す。

かる~く いきました~(笑)
IMG_10053.jpg

ほんのり薄っすらのつもりでしたが 一度でこんなに塗っちゃいました
IMG_10056.jpg
でも、一切 垂れてナ~ィ!

ヒートガンでガンガン乾かして また塗装・・・

ヒートガンで・・・ 塗装・・ ヒート・・・ 塗・・・

のんびり数回繰り返して、最後につや消しクリアーをかる~く吹いて
IMG_10058.jpg

どでしょ? 自分ではけっこうイイ感じ~に塗れました。

ココまでは簡単でした
(フレーム下、2本だけですからね~)

お次はチョッとやっかいな・・・
IMG_10060.jpg
ハンドルポスト付近や

一番錆がひどかった ココの錆落としを・・・
IMG_10064.jpg
サスガに、ここは錆取り剤を塗布して、石油で洗って
ペーパーで擦りました

また、同じ作業の繰り返しです
固いスポンジでゴシゴシ 塗装の足付けも兼ねて磨き・・・
乾かし・・・ 塗り・・・ 数回!

IMG_10071.jpg

下のほう(上?)も・・・
IMG_10069.jpg

この日は、ほとんどこの作業の繰り返しでした

気が付けば・・・
IMG_20005.jpg
良く似た車両が2台並んでます
向かって左:わらしべ号 チャンバーが付いて元気に走ってました
向かって右:ビーチ号 相変わらずカウルはピカピカ、フレームもキレイに磨かれて・・・

でも、よれよれ号の方が キレイだよ~
(フレームだけですが)

と、まあ フレームはこんな感じに仕上がりました(裏だけ!)
IMG_10073.jpg

続きはまた、あした・・・










ヨレヨレ号⑨ 徹底的にフレーム塗装 [ヨレヨレ号]

ん~ん!

なんで、わらしべ号は平仮名だったのに

ヨレヨレ号は、カタカナなんだ~ 

って事で、次回からは ヨレヨレ号改め よれよれ号 に改名です

エッ 単純だ!なって 

ハイ、気分です 

あと・・・  ⑨まで使っちゃって 数字が増やせないから
       組み立ての様子はひらがなバージョンで   

単純ですか?アフォなんです


さて、日曜はココまで進みました。
IMG_10073.jpg
フレーム途中まで・・・です。

IMG_20015.jpg
ステップ 左右完成しました。





もうチョッと進行状況を見る ← クリック


ヨレヨレ号⑧ やっと全バラ [ヨレヨレ号]

本日、やっとフレームだけになりました。

襲撃者も少なく エッ!

作業効率も大変良く

どんどん進みましたが、意外と細かい作業が多く

    より丁寧に・・・ と時間ばかり掛かり

    より完璧に・・・ と同じ作業を繰り返し




今日は

ここまで進みました (とりあえずupしておきます)
IMG_20033.jpg


詳細な進行状況を見る ← クリック?


ヨレヨレ号⑦ もう少しで全バラ [ヨレヨレ号]

なかなかフレームだけになりません(笑)

でも、作業自体は幾らでも出来ます

季節も応援してくれてるようで・・・

いくら遊んでも、寒くないし 熱くないし 虫も居ないし・・・

適当なところで止めるのが・・・

楽しい時間は少しづつ・・・

その気になったら最後までやっちゃうんでしょうが

もっと遊びたい・・・

と思ってるところで止めるのが・・・オトナの遊びです




さて、今夜は

ここまでバラしました (とりあえずupしておきます)
IMG_0039.jpg
IMG_0038.jpg


詳細な進行状況を見る ← クリック?


ヨレヨレ号⑥ 毎日コツコツ [ヨレヨレ号]

暖かい日が続きます

昨夜も今夜も少しづつですが楽しんでいます。


14日夜は
この状態から始めて・・・
DSC03711.jpg
ステップのベースを外したり
DSC03714.jpg
やっぱり、ステップの下やフレームに錆はありませんでした
恐るべし、ノーメンテ?ノークリーン!
チャンバー根元からのオイルの噴出しやオイルタンクからこぼれ落ちたオイルのお陰様です(笑)
錆びてるようにヒビ割れ状態に見える部分は泥が詰まっていて
雑巾で簡単に拭いた程度では落ちませんでした(笑)
全てバラしたら、歯ブラシと灯油で洗うしかありませんね!

その後 バンパー、タイヤなどを外し
こんな↓状態でしゅうりょ~
DSC03721.jpg



15日夜は
この状態から始めて・・・
DSC03728.jpg
ん!別な子が来てますが・・・
気にせず

メーター交換をやってしまいました
DSC03729.jpg
前にも書きましたが、右側のボタンが飛んで無くなってました
ハンドルのカバーを外し、メーター本体を2本のビスを抜いて
DSC03733.jpg

ハイッ
新品状態 かんせ~
DSC03737.jpg

先ほど気が付いたのですが!
バラバラにするには、ハンドルも外すんだから デジタルメーター着け直さなきゃ良かった(笑)

昨夜は、別件で色々な事があったので これでおしまいにしました。



16日夜は(先ほどまでの作業)
この辺りを重点的に・・・
DSC03749.jpg
シリンダー 外しちゃおうかな~
DSC03750.jpg

でも、やっぱり 中身を見るのは最後にしよっと・・・

オイルポンプのワイヤーだけ外して
エンジン下ろす準備だけ・・・
DSC03756.jpg
オッ! オッオォ・・・

この↑画像で気が付いたあなた・・・
                       素敵です。


なにが? って方には・・・
                       シリンダーの根元をよ~っく見て下さい


      MALOSSI と書いてあるのが読めます?

そうなんです。コイツ(よれよれちゃん) シリンダーはマロッシを積んでいたんです。

しかもー 元は私が慣らしから育てた キッチリかまってあげたシリンダーなんです。
けっこう大事に300キロは慣らしした覚えが有ります (おかえり~)

さっきも書きましたが、中身を見るのは またこんど~

次は、またムダ作業が発覚です(笑)
DSC03758.jpg
チェーン、また外してます(アフォ~!)

エンジン下ろすにゃ~ チェーン付いてちゃダメじゃん!

この辺りも、雑巾でぬぐうだけで結構キレイなんですよネ

さて、作業現場を前の方にもどして・・・
DSC03765.jpg
ブレーキ外しました
ナックルのゴムキャップも外しちゃって、割りピンを・・・

ナットもクルクル、下からズボッとナックルが外れました
DSC03768.jpg

ショックの取り付けボルト、アームの根元、その他ポンポン外して

ハイッ!
Aアームが外れました
DSC03771.jpg
フレームもチョコッと拭いてあげて!

あっ バンパーが取り付けてあった辺りは醜いですネ~
この辺は、重点的にペーパーかけて、錆落としして
薄く何度もつや消しブラックですネ~

と、こんな感じで 毎日少しづつ進んでいます。


摘出パーツを箱に詰めて
DSC03779.jpg

今夜はこの辺で勘弁してやりました(笑)
DSC03782.jpg

また明日ね~






ヨレヨレ号⑤ 現状! [ヨレヨレ号]

今夜は少しだけ暖かかったので

ここまでバラしてみました (14日22時現在)
DSC03727-1.jpg

ついでに・・・
こんな物が到着しました
DSC03709-1.jpg
(注:ぶ~ちゃんにあげちゃう筒じゃないですョ)
ピカピカの箱入り娘です(笑)

ノーマルマフラー?(笑)


ん~ 楽しいぞ~


トラックバック(0) 

ヨレヨレ号④ キャブレター&アクセルワイヤー [ヨレヨレ号]

また!ですが・・・

日曜の続きです

リア周りを塗装中の 乾燥時間に別の問題に取り掛かりました。



このヨレヨレ号、エンジンが かからない状態でした。 それも納得の上

       
強奪(笑)してきたんです。


でも、エンジンがかからなくっちゃ いっくらキレイにしてもオブジェにもなりませんよねッ

私の元に来てからは、キックのヒト蹴りすらやったこともありませんでした

逆に、どんな常態かわからないままキックをするのも怖いのでやりませんでした。


まずは、燃料の確認からです。

タンクキャップを外して、臭いを確認!

以前、FKT-Rを回収してきたときは、タンクの中からお酢の様な臭いがしていました(笑)

でも、こいつは大丈夫でした。 ほぼガソリンの臭い?

次にオイルタンクも確認、

こっちは、よく分かりませんでしたがドロッとしてたので
とりあえずはヨシとしておきました。
(どちらも、本当に走らせるときは交換ですけどネ)


さて、つぎ~   (ココから今日の本題です)

キャブレターオーバーホール

まずは、キャブレターを外しかけた画像が↓コレです
DSC03564.jpg
だいぶ醜い画像ですが、汚れているのは全て泥です。

まず、この画像までバラすのが大変でした。

なにが?って
画像中央に写っているチョークの玉っころが抜けてきませんでした。

以前、隊長に教えてもらったのですが、ワイヤー式チョークの場合
雨水がワイヤーを伝ってこの部分に流れ込むらしく
この 玉っころが錆び付いて動かなくなったり、引っかかるようになったりして
チョークの機能を果さなくなるそうです。

マサニその状態でした(笑)

そこで!
このキャブレターに施した手術は
ワイヤーの横から潤滑剤を流し込み、逆側のチョーク吹き出し口から
コンプレッサーでエアーを何度もぶち込んで
放置!
ひたすら優しくチョークレバーを動かし
キャブをひっくり返して、サビサビ色の油を流しては
再度、潤滑剤を投入・・・

なんどか繰り返すうちに、なんとか動く様子が見れたので
根性入れて、ぶち抜きました。

あとは、キャブのピストンを抜いて(問題なし)
燃料ホースを外して キャブ全体が外れました。

バラバラにして洗浄です
DSC03575.jpg
燃料チャンバーからは、元はガソリンだったとは思えないような
不思議な液体が流れ出てきました。
内部は錆も無く、ドロドロ液体の残りカスをキレイにすれば問題ナシでした。

MJ、SJを確認して 交換 (SJ48、MJ112)

再び組みなおして (このヘンはいつもの作業です)
 ハイッ キャブレターかんせ~
DSC03577.jpg


キャブだけで済むなんて思っていません
その奥も健康診断は続きます

インテークマニホールドです
DSC03585.jpg

リードバルブも外して検査
DSC03590.jpg
リードバルブは交換するつもりで外したのですが
この画像のとおり、まったく問題無し
なるべく基本に忠実に仕上げたかったので、このままリードバルブは組み込みました。
あっ
その前に、クランク内をチョッと確認
(デジカメって便利ですよねー、頭突っ込めなくてもカメラさへ入り込めれば見れるんですモン)
DSC03598.jpg
正しく ユナリATV50 LTD-Proです

茶色に見える部分がレーシングクランクの証です
コンロッドもクランク自体も問題無し!

ヘタげに 不思議な液体の詰まったキャブレターが付いた状態で
クランキング?エンジンキック!しなくて良かったです
また、襲撃して強奪しただけあって、元のオーナーもそんな事すら
やる余裕は無かったようです (笑)

シリンダーは、まだ開けてませんが、
そちらの心配も少々減りました。


簡単に作業工程 書いてますけど
実際は、塗装の乾燥時間に作業をしていたので
あっちをやったり、コッチをやったり・・・
だんだん訳分からなくなってましたが
とりあえずキャブ周りのオーバーホールかんりょうです。

さて、それではガソリンを流して・・・

と 向こう側に立っていた囚人服着た人が ヘンな事言い出しました。

「あれ?このアクセル回らないよー」DSC03523.jpg
(その人がタイヤ交換を手伝ってくれていた時の画像です)

何を言ってるんだか・・・
と私がアクセルを握ると!

ウンともスンとも回りません(笑)

キャブレターは完璧なのに!チョークも動くのに!

アクセル回らなきゃエンジンかかるわけ無いよね~

で、急きょ アクセルワイヤーの点検です
DSC03596.jpg
バイク式アクセルからアクセルワイヤーを外して
引っ張っても 

動きません(涙)

オイルポンプの動きを確認
DSC03594.jpg
スムーズな動きです(涙)

やっぱ一番メンドウなところを点検しないと・・・
ライトカウルを外して
DSC03592.jpg
黄色丸の部分が
アクセルラインの肝です。

コイツを分解して・・・
(画像ありません 撮り忘れました)

ん~ 今やると簡単なことですが
最初の頃は、この仕組みさえ なんでか分からなかったな~
チョッとだけ構造をお伝えすると
アクセルを回すと一本のワイヤーを引っ張りますよねッ
でも、実はこの一本でキャブレターの開度とオイルポンプの開度を調整してるんです
そうッ 一本引くと反対側では2箇所を同時に引っ張ることになってるんです。
そこで、この黄色丸の部分がワイヤーを2本に分割する役割をはたしているのです。

結局!この中にもシリンダーの様な構造物体があって
そこに汚れなのか錆なのか分かりませんが
抵抗になるものが詰まっていたらしく、バラシテ掃除して
チョッぴり グリスを塗ってあげたら
スコスコ動くようになりました。


そうそう、忘れてました
こんな事もやってました
DSC03436.jpg
作業開始、AM10時 最初にバッテリーを充電してみました
半年以上放置されていたバッテリーですが、試しに充電です
ま~復活はムリだろう・・・と!

orecamoさんに頂いた 沖縄土産のバッテリー充電器 初めて使いました

ほっぽらかしで8時間後(16時頃)の様子↓です
DSC03572.jpg
見た目に
なんとなく艶々してきたような・・・(エッ!)

アクセルも治った所で、始動テストです
8時間ジックリ充電したバッテリーをつなぎ キーを回すと
メーターがブルーに輝きました (恐るべし密閉型バッテリー充電器)
少しは充電されたようです。

プラグを外して、火花が散るか確認をしようと

試しにセルボタンを押してみると

ギューンとセルが回り、プラグからは火花がバチバチバチ・・・・

おっおっ

もしかして、バッテリー復活?

さて、プラグをつけて ヨレヨレ号 初の始動テストです

燃料コックOK、チョークOK、プラグキャップOK

キーお~ん

  ブレーキ握ってー

    セルスイッチ お~ん

     ギュンギュンギュィ~ん

        ばっ ばっ ばっ ・・・・・・

           ばっ ばっばば・・・・・・

              バァーン
DSC03601.jpg
   

と、なんなく一発でエンジンかかっちゃいました

上の画像は、ヨレヨレ号 初エンジン始動の瞬間です
嬉しくて なにわともあれ デジカメでパチリと記念撮影しちゃいました

結局 朝の10時から始めて
エンジンのかかったのは17時を少し過ぎた頃でした。

めでたしめでたし(笑)


この後、リア周りを組んで・・・

そのあと〇△◇・・・ 

続きは、また後日と言う事で

今夜はこのへんで終わりにさせていただきます。

 いゃ~ 無事にエンジンかかって良かったです (ホッ)

   昼メシ食べるのも忘れて、休むこともほとんどせず 
  
     ぶっとーしで遊んだ甲斐がありました















ヨレヨレ号③ リア周り [ヨレヨレ号]

えっとー

日曜の続きを書きます。


スイングアームを灯油で洗浄したところまで書きましたよねッ
DSC03490.jpg
そうそう、↑ここから先ですネ

スイングアームをごっそり外した後
メインフレームを少し洗ってみました

灯油でチョッと洗浄すると・・・
DSC03528.jpg
あ~ら不思議!

ドロドロだったフレームが、なんとこの状態です。

もしかして・・・ 塗装なんかしなくても・・・

と思ったのですが、やっぱりかわいいヨレヨレちゃん
キッチリ仕上げると決めたんだから!

で、アクスルシャフトのカバー左右から始めました
先ずは、スコッチブライトのハードなやつで
ゴシゴシ ゴシゴシ・・・

下地が見えるほどは磨きませんでしたが、塗装の足付けとしてしっかりキッチリ
ざらざらになるまで磨きました

はがれた塗装をエアーガンでシューっと吹いて

今度は、パーツクリーナーで洗い流し

ヒートガンで完全に乾燥させ!

いざっ! 塗装一回目
絶対に垂れないように、ほんの薄っすらシューシューっと
DSC03531.jpg
塗装後、ホコリが付く前にヒートガンでガンガン(笑)乾かして
ぶる下げて乾燥!

スイングアームは大変でしたよ~
要領は同じですが、形が入り組んでいてなかなか大変でした。
でもでも、ここで手を抜くわけには と! コレでもか!ってくらい磨きました。

同じく塗装 一回目
DSC03536.jpg
なんだか、一回吹いただけで十分なような・・・

もちろん アンダーカバー達も
DSC03541.jpg

ホーシングもメンドウでしたねー
DSC03543.jpg
他のパーツは針金でぶら下げたのですが
コレだけは、チト重すぎだったのと 塗るときにシャフトを入れて塗った方が楽だったのと
この状態で乾燥させました。
DSC03540.jpg

そんな塗装を繰り返し繰り返し
アンダーカウルとシャフトカバーは3回
ホーシングとスイングアームは4回塗りました 

DSC03561.jpg
DSC03562.jpg

最後にキッチリ乾燥したことを確認して
つや消しクリアーを吹いて

かんせ~
DSC03602.jpg

どうでしょ? 自分ではナカナカキレイに塗れたなー なんて

自画自賛ってこう言う時に使う言葉なんですね


あとは、外した時の逆順で組み付けです

スイングアームをデロ~んと付けて
DSC03609.jpg

ショックとホーシング
DSC03625.jpg

アクスルシャフトを突っ込んでリアスプロケも
DSC03632.jpg

最後にブレーキとカラーをはめて

タイヤを組めば・・・

ほ~っら! このとおり
DSC03657.jpg

リア周り、完成です。


乾燥時間が沢山有ったので、他の事もやりました。
それは、また次回のお話で・・・




つづく













                           「つづく」を幾らクリックしたって飛びませんから!(笑)










ヨレヨレ号② 新品メーター? [ヨレヨレ号]

予定では、リア周りの途中経過をupする予定でしたが・・・


予定でしたが!

あっけなく予定は崩されました(笑)


仕事から帰宅し、「よ~っし 今夜はブログを書く為に まずは風呂に入って・・・」
たっぷり時間をとって・・・

風呂から上がると、着信履歴2!
しかもゆかいな仲間からの着信

ここで折り返さなければ・・・ 

で、10分後に当然のごとく拉致され(笑)

行き先はいつもの? 

でも ま~ 何かイイ事あるだろう・・・と!

で、帰ってきたのはやっぱり12時を過ぎてしまいました 
(現在時刻12:40 ブログって過去の日付に出来るんですネ)

某倉庫での様子なんて ヨレヨレ号には一切関係なかったので
お伝えすることは無かったのですが
とにかくあそこに行くと何か楽しい事は有ります
今日も盛りだくさんの面白さでした。

そんなこたーどうでもいい 大事なのは

タイトル 「新品メーター?」です

とりあえず画像です↓
DSC03692.jpg
あっ 画像間違えたッ!
間違えて今夜の監督画像 載せちゃいました
(プライバシー保護のため 一部画像を加工しています)

こんなのはど~でもいいんだっ!


メーター↓の話でしたヨネ(笑)
DSC03701.jpg
新品メーター(カバー)です(笑)

実は、ヨレヨレ号のメーター 右側のボタンだけどっかに飛んで行っちゃったみたいで
どうしても許せない状態だったのです。
あとで画像は載せますけど、

せっかく某倉庫に行ったのだから
ボタンだけのパーツ出しが可能なのかチョッと聞いてみたところ

いつも気の効く美人パーツ担当者様が




    ・・・中略・・・




DSC03701.jpg
(画像使い回しです(笑))

私の手にポンッと渡してくれました。

もう一度、「そうそうコレだけど ボタンだけでは出ないんだよねー?」
      「カバーごとであるんだー! で幾らなの?」

と聞くと

「カバーだけの供給は無いけど、どうぞー それ使ってくださ~い」と

エッ くれるの?

この時は、いつもより3倍美人に見えました(笑&マジ)


よくよく聞くと・・・



     ・・・中略・・・



と、本日は拉致されましたが お陰様でとっても良いことがありました

そうそう、帰ってきてからも チョッと嬉しくて
ヨレヨレ号のメーターを改めて画像に収めてみました
DSC03706.jpg
赤丸で囲ってあるボタンが、問題のどっかにとんでいっちゃた部分です

では、今夜はココまでと言うことで!
(本日のブログは、時間を少しさかのぼって記載しています)



   ・・・以下省略・・・

       (笑)




ヨレヨレ号① リア周り [ヨレヨレ号]

久しぶりに 一日中ATVで遊びました

どこかへ走りに行ったわけでもなく、一日中ガレージに居たんですけど(笑)

始まりは10時頃だったかなー
DSC03433.jpg
がら~んとしたガレージ、今日はどんなになるんでしょ!

後ろから始めました
DSC03437.jpg
シートを外して、バッテリーも外し

リアカウルをムリヤリ ポイッと
DSC03439.jpg
チョッと汚いです(笑)

ど~せ 誰かさんに ヨレヨレと言われたATV
どんなに汚くったってへっちゃらです。

いつものメンテナンススタンドでリアをエッこらしょっと
DSC03444.jpg

チェーンを外して、始まり始まりです
DSC03448.jpg
チェーンは交換だな!
スイングアームも とっても汚いです
でも、あとで分かったことですが 汚いだけなんです

ん!どういう意味かって?

そのうち分かります

包み隠さず、汚いところをパチリっと
DSC03451.jpg
錆びてボロボロに見えますか?

実は違ったんです(笑)

よ~く見ると、錆びてるところ ほとんど無いんですよ

チェーンの次は、ブレーキをボロッと外し、ホーシングを留めている4個のボルトをクリクリ・・・

あっ、ここ大事な画像 撮っておきました
DSC03456.jpg
どこの画像↑だか分かります?
分かる人はたぶん必要ない画像でしょうが、チェーンの張りを調整する・・・
名前はなんて言ったか忘れましたが、ボルトとワッシャーとスペーサーの位置関係
いつも分からなくなっちゃうんです ← 私!

で、忘れないようにしたら
4個のボルトを抜き取って
タイヤを付けたまま ズボッとホーシングを外します

また汚い画像ですけど・・・
DSC03461.jpg
そうそう、上のチェンカバーとメーターセンサーは一番最初に外したんでした
あとは、チェーンカバー下側(右)とブレーキディスクを守るアンダーカバーが残ってます

外したところは↓コレです
DSC03472.jpg

リアショックも外して・・・
DSC03473.jpg
あ~コレもバッチィ画像ですネ~

スイングアーム単体です
DSC03479.jpg
よ~く見て下さい
バッチく汚れていますけど、錆びてる所はほんのわずかでしょ!

この時 思ったのですが、ユナリの塗装がキッチリ塗ってあるのかな~ と!
でも、それだけじゃなかったみたいです

実は、このヨレヨレ号の元オーナー
速くするための加工メンテナンスはしても
磨いたり掃除したりする人ではありませんでした。
もちろん屋外保管(笑)

シリンダー交換の際、2stオイルがこぼれたってへっちゃらです。
バッテリーなんて オイルでベトベトもいいとこでした。

そう!そのオイルや も一つの理由(そのうち説明します)でリア周りが
2stオイルコーティングされていたんです

スイングアームの芯?を抜くと・・・
DSC03481.jpg
こんなもんが詰まっています(笑)

スイングアームは、ナットを緩めて心棒を抜けば簡単にはずれます
(そんなこと説明不要でしたかねッ!)


リア周りが無くなると、間抜けですネ
DSC03488.jpg

さ~って スイングアームはお風呂で洗浄です
DSC03490.jpg
パーツクリーナーで洗ったら何本あっても足り無そうだったので
この冬で残った灯油で洗いました。
もちろん、アンダーカバーも洗浄洗浄・・・


そうそう、↓コッチもバラさなくっちゃ!
DSC03462.jpg

ここから、コマ送りでいきま~す(メンドウだからじゃないですよ!)
DSC03492.jpg
DSC03496.jpg
DSC03497.jpg
DSC03499.jpg
DSC03500.jpg
DSC03502.jpg
DSC03507.jpg
DSC03509.jpg
DSC03510.jpg


ハイッ タイヤ交換までかんりょうです

ビーチさんに貰った新品タイヤ、バッチリでしょ!


ビーチさんありがと~

お礼に・・・ あっ 既にお礼はいっぱい持って行ってるよねッ(笑)


今日は、最後まで書けそうにありませんね~
もう、こんな時間だー

結局、作業自体はAM10時からPM8時頃までやってました

続き(途中経過)は、また あした書きますが
最後の姿だけでも・・・


DSC03657.jpg

結構キレイになったでしょ!
ってか、新車以上の仕上がりで~す
(まだリア周りだけですけど)


ではでは、またあした~













本日の襲撃者達


明日は日曜、のんびり日曜 [ヨレヨレ号]

ココのところ、停滞中でしたが・・・

明日は久しぶりにゆっくりガレージで一日を過ごしたいと思ってます

そう ヨレヨレ号をのんびりバラしたり 
交換できるものは交換してみたり 
不動エンジンの原因究明など


で、先ほど帰宅すると
道具が準備されていました
DSC03425.jpg
コバちゃんありがと~

タイヤレバー2丁です

そう、ヨレヨレ号のタイヤを交換してみようかと・・・

ついでにこんな物まで置いてありました
DSC03430.jpg
コバちゃんありがと~

なぜかパーツクリーナーが置いてありました
おまけに、パークリの下のレジ袋には秘密の粉が・・・
速攻瓶詰めにしました(笑)

ありがたく使わせていただきます



久しぶりの のんびり日曜日 チョッと寒そうですが一日楽しんでみます。



明日のヨレヨレ整備予定  
  ①カウルとっぱらい
  ②リアタイヤ交換
  ③シリンダー開腹検査
  ④駆動系開腹検査
  ⑤リアアクスルまわり点検&グリスアップ
  ⑥ミッションオイル交換
  ⑦各パーツ、再塗装(艶消しブラック)

さて、どこまで出来るんでしょうか!

ヘンてこりん な車に乗せられて・・・ [駆動系]

昨夜、家族で仲良く夕飯を食べているところに

プルプルプループルプルプル・・・

楽しい家族のだんらんに水を差すような呼び出し音が!

この電話、出てはイケナイッ と思いながらも 私の親指が勝手に・・・

恐々、電話を耳元に・・・


と!イキナリ

「もう用意出来た~?」電話が叫びます
立て続けに・・・
「あと5分で出発だから、外に出て待っててョ!」

相変わらず、私の電話は好き勝手なこと言い出します。

「今日はムリ!」 この言葉が言えたらどんなに・・・


ま~ いつもの事なんですけど
昨夜は余りにも急な襲撃電話でした。

仕方なく、イヤイヤ、どうしようもなく・・・ (笑顔で?)

我が家の前で待っていると
いつもと違った低音の排気音が暗闇から迫ってきます

ん! なんだ~ と目を懲らすと

ペッちゃんこな赤い物体が地を這って近づいてきました。


こんなのです
DSC03412.jpg

「おまたせ~」 

なんだよ! このヘンテコリンな車は!

デッかいラジコンカーかよっ

「早く乗って乗って・・・」

DSC03413.jpg
ってオイオイ そんな狭いところに乗れるわけが・・・

しかも、ヤロー二人で乗る乗り物ではナイような気が!

ま~何を言っても逃れられることなんてありません

仕方なく、狭い車内?にカラダを押し込む私でした。


なんて言う車だっけな~
ロリータなんとかっていう所のエリートとかエルザとか言ってたなー
名前聞いたけど忘れちゃいました

狭くて窮屈でホント乗り心地の悪い車でした。

ATVの方が100倍気持ちよく、1000倍開放感があって・・・エッ 値段が違うって?

そんなの関係ありません 小さい車は好きですが、あれはチョッと小さすぎ~
しかも二人乗りの車にヤロー二人で乗るのはチョッと・・・

さて、そんなラジコンカーに乗せられて向かった先は
久しぶりの某倉庫!

まったく私には理解できない話を聞いて 2時間

何しにいったんでしょ!

帰り際に、面白い画像をゲットしました

見て見て(笑)

DSC03416.jpg
かんとく~ なにやってんの~?
足から乗るか頭から乗るか悩んだ挙句!頭からいった様子です(笑)

因みに、私は二人乗りの車には乗りなれているので エッ?
いつものように お尻から車内に さっそうと乗り込んでみましたが

    ゴンッ!と頭をぶつけました(笑) 低すぎだよー



そんなこんなで
昨夜は、コレ↓手に入れてきました。(前フリ長すぎです)
DSC03422.jpg
イキナリ拉致されたのはホントですが
たーだ連れまわされたダケじゃありません

チャンと必要なパーツは持ち帰ってきたのです

なんだか分かりますよねッ
新品のセンタースプリングです。

前にも記事にした事あったっけナ~
センタースプリングは絶対に純正に限ります
(各信頼できるshop様より教授されてるだけですけど)

スクーター用のセンスプとは違います
エンジンは2st某Y社と共通っぽいのにコレだけは、私の知る限りではコイツが一番です。

チョッと聞いたところによると、ユナリ純正センタースプリングは
どこぞの流用とかではないらしく
キッチリ 仕様書に基づいてユナリ専用に造ってもらってるそうです。

スプリングの巻き数が? バネレートが? コイルの太さが?

どこがどう違うかは、見た目以外は分かりません

でも、絶対にこのスプリング イイです

固さや粘りがあるのに、巻き数が少ないでしょ!
するって~と、縮んだ時の・・・が〇△◇☆で 結果〇×△◇▲からの動きが・・・

ま~、素人の私には良くわかんないですが とにかく純正センタースプリングが一番!
って事で今日のブログは締めたいと思います。


それにしても、ヘンてこりんな車だったな~
ロータスエリーゼちゃん






帰ったら ナゼか朝でした [ゆかいな仲間]

DSC03312.JPG


帰ってきたら、朝になってました。


昨夜は、こんなことや
DSC03287.JPG


あんなこと
DSC03290.JPG


こんな人や
DSC03303.JPG


こんな物
DSC03301.JPG


そうそうこんな人達
DSC03309.JPG


と遊んでました
DSC03298.JPG



とりあえず、走るようになったのですが
最後にマージンとって、セッティングしなおしたので
その後 ど~なっちゃったかは知りません

でも、大体の原因が究明されて
打開策も編み出され

なかなか楽しい夜でした。

参加者しか意味わからない内容ですネ(笑)

それにしてもヘンな人達ばっかりでした


説明、めんどうなので orecamoさん コメント欄で説明しておいてねー


ヨレヨレ号って どうかな~ [駆動系]

先日、我が家にやってきたATV 


まだ、な~んにも手をつけていません

今日も寂しそうにこんな感じでした
DSC03273.JPG


構想は色々浮かぶんですが、
まずはバラバラにしてフレームから塗装しなおそうか!
とりあえずは、走れるようにだけしてあげて キレイにするのは後回し・・・

某SNSサイトでのやり取りで
名前だけは決まったんですけどね~

今度のATVは、ヨレヨレ号としま~す。

エッ なんでヨレヨレかって?

毎週のように襲撃してくる、ゆかいでおアフォな仲間が
先日の画像を見て ヨレヨレの爺様とノタマイやがって
チョッと悔しかったのですが

んじゃ~ そのヨレヨレに抜かれるのは もっと悔しいだろうな~ なんて(笑)

今はヨレヨレですが、いつか そんな事 口が裂けても言えないくらいな
ビカビカ車両に仕上げてみます。

その意気込みを込めて 
今に見ていろ!ヨレヨレ号 にけって~い


どうなるんでしょうネ~


と言ってるそばから、こんな物が届きました
DSC03283.JPG

マロッシのプーリーです
あまり考えずに買ってしまった中古なのですが
段つきも無く、けっこう新品に近い状態
どんな走りをしてくれるのか 今から楽しみです

もちろん このパーツはヨレヨレちゃんに組み付けるんですよ

エンジンもかかってないのに も~ プーリーかよって

声は聞こえないですが、皆が言ってるのが手に取るように・・・

さて、このマロッシプーリーの紹介をもう少し

ランプレ側です
DSC03280.JPG

スライドピースもバッチリで、ほとんど使われてなかったのかな~

チョッと気になるのが、ボスの太さですが
クランク軸の太さは変らないそうなので、なんとか付くんじゃないかと

エッ、画像見て気が付かなかった?

私も手元に届くまで、そんなこた~まったく気にしませんでした(笑)



ウェイトローラーは専用品らしく、サイズがチョッピリ違います
DSC03285.JPG

マロッシ専用WRだそうです。
このあたりは間違っちゃいけませんよね~

中にはまったく考えずにWR組んじゃう人もいるらしいので
気をつけなくては・・・
(ダレ!とは言いませんが Y社のプーリーにS社のWR組んじゃった人が居るらしいです)


さて、イジリ始めるのは連休明けくらいからですかねー
もうチョッと眺めているだけの毎日が続きそうです


P.S
私は自分の持ち物に名前を付けるような趣味はありませんョ
その証拠に、水冷のカーボンカウルの方には名前なんて無いでしょ!
名前を付けると愛着が沸くと言いますが、そんなつもりも無いんです
でも、ヨレヨレ号?
なんとなく わらしべ号の流れで名前付けちゃいましたが、自分では恥ずかしいんですよね
そういのって!
ま~ 何台か有る私の身近なATV、区別をするにも必要なので まっいっか!

んじゃ~ 水冷のカーボンカウルATVを呼ぶ(示す)ときはどうしよっかな~

と、つまらない事ばかり考えてしまう 今日この頃です。

みなさん楽しいゴールデンウィークを過ごしていますか?
私は明日も明後日も仕事です。

ではこのへんで・・・ おやすみなさいです


P.SⅡ
滋賀県の某SFさ~ん
私が緊急に連絡を取りたがっています(笑)
このブログ読んだら、なんらかの方法で私に連絡してくださ~い






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。