So-net無料ブログ作成
足回り ブログトップ

ホイールベース&トレッド&車幅 [足回り]

めずらしく 上からATVを撮ってみました。(ユナリATV50LTD-Pro)

黄色:ホイールベース 緑色:トレッド 赤色:車幅

 

ホイールベース(前後タイヤの中心から中心) 黄色線    

リアのシャフト上からフロントのナックル中心までを計りました。

ホイールベース:1080mmでした。

 

Fトレッド (タイヤのセンターからセンターの幅) 緑色線   

タイヤ中心ブロックの端に先端を引っ掛けて計りました。

Fトレッド:940mmでした。

 

Rトレッド (タイヤのセンターからセンターの幅)    

Rトレッド:915㎜でした。

 

車幅 (タイヤの側面から側面) 赤色線            

車幅 :1170㎜でした。

 

 

 

R


超○○ワイドスペーサー [足回り]

お題のと~り 本日はスペーサーの話です。

実は私、スペーサー嫌いなんです。

確かに、過去にはスペーサーを付けて ワイド化をやったことあるのですが

その時は (今もですが) お小遣いに余裕が無く、高ナットと呼ばれる  なんちゃってワイドスペーサーを組みました。

可笑しいですよね!シリンダーやタイヤ、ホイールなどには何万も支払えるのに、スペーサーは数千円しか支払う勇気が無かったのです。

しばらくは、その高ナット(タカナット?)で嬉しかったのですが、取り付け部分を見ていると、なんとも頼りなく、なんだか危なそうに見えたので そのうちロングアクスルシャフト(現在)を組み込んでしまいました。

 

さて、本題です。

フロントをWウイッシュボーンに換えてから、前後トレッドの差がどうしても気になっていました。

確か・・・フロントが8センチほど リアよりワイドに広がっています。

おかしいでしょ!ヘンでしょ!

なので、片側4センチのワイドスペーサーを いつもお世話になっているHikibashi Autoさんに注文したんですが、

すべて完売! との事。

次回入荷は?と聞くと、「ん!注文が沢山入ったら造るよ~」との事

それって未定って事だよね(涙)

でも、わがままな私は引き下がりません(笑)

ムリムリ 製品をゲットしてきました。

ポリウレタン製50㎜ワイドスペーサー です。

ゲットって どう言う意味よ! ぷぷぷっ

実は、どーしても早く試してみたかったので 某倉庫の展示見本品をムリムリ借りてきちゃいました。そうです。コレ 借り物なんです(笑)

HikibashiAuto製 50mmワイドスペーサー 本物です(笑)

あるところには有るんですよね~ まー売り物ではないので、いづれ返却するんですが

チョッとの間、試験的にお借りしました。

で、このポリウレタン製ワイドスペーサー 凄いです。

何が凄いかって! 製品を受け取ったときに 私はビックリしました。

今まで、見たことが無かったわけでもなく、ゆかいな仲間達は み~んな組んでたりするので とても身近な存在だったのですが、自分の手にしたのは初めてだったのです。見るのと・・・はオー違い!まさにそんな感じでした。

あっそうそう!何が凄いかって事でしたよね!

これ、持ったらビックリです。

メチャメチャ軽いんです!

 

と言うことで、どれくらい軽いか実験してみました。

(単純に重さを計ればいいだろ~って?)

違います。重量表示ではつまらないから、実験です。

実は始めて持ったとき コレ水に浮くんじゃないかな~ って思ったんです。

 

で、バケツ用意しました(笑) 

おバカでしょ!

でも、やってみたかったんだ~ 

これで浮いたら、画像と つたない文章だけでも 

この軽さが伝わるんじゃないかな~   と!

さて、結果は・・・

一瞬だから、マバタキしないで見てね!

いくよ いくよ~

 

 

ほ~ら やっぱり浮いた~ 

エッ 下に沈んでるスペーサーが見えるケドって!

だから、一瞬って言ったじゃないですか!

そんなによく見ちゃダメです。

やっぱり この軽さは伝わらないかな~

けっこう努力したんだけどな~

おかしいな~

こんなに・・・     

        

あっ この画像は載せないつもりだったのに・・・

エヘヘッ! 実は水だけでは浮かなかったので

食塩、1キロぶち込んでみました。

けっこうギリギリで 浮かなかったんだけど・・・

でも、ほ~んとに 軽いんです。

私もほ~んとにおバカですけど・・・

 

さて、遊びはコレくらいにして 超軽量ワイドスペーサーの取り付けです。

↑スペーサー取り付け前、これでもワイドアクスルシャフトです。

あとは、めんどーだから 画像だけ載せておきますね!

見れば分かりますよね(笑)

 

かんせ~い

画像ですと、微妙な違いなので あまり迫力が伝わりませんが

ケッコウいい感じ~ です。

前後タイヤの側面がツライチになったので、コーナーも今まで以上に踏ん張りが効くような・・・

まだ、乗ってませんのでわかりませ~ん。

 

と!本日ご紹介した HikibashiAuto製 ポリウレタンワイドスペーサー

みなさんもいかがですか?

実は、沢山注文が入らないと、次回製作分が作ってもらえません。

そう、やっぱり私が世の中の中心です(笑)

私が1セット、しかも40㎜で作ってもらいたいから、こ~んな事 書いてみました。

でも、ほんと足元が軽いのはお勧めですよ! 

よく、かっこいいデザインに惹かれて コテコテのアルミホイールを組んでる方を見かけますが、ホイールだって 一円玉ホイールが一番軽いんですよ!しかもレッドラベルではなくブルーラベルね! レースなんかでも、バネ下加重は重要な要で曲がってもいいからブルーラベルの薄いホイールを使ってる人居ますし、

そうそう、このスペーサーも レースでガンガン使われてますが、なーんも問題無いようです。

しっかりワイドで、メチャメチャ軽い このスペーサー 最高です。

 

だから、みんな買おうよ~、注文しようよ~ 

で、宣伝用アドレスです。

http://www.atv50-kanagawa.com/newpage9.htm 勝手に貼り付けでました。

MBRCメンバーは割引してくれるそうだから

その友達だ~ とかなんとか言えば、定価より安くしてくれるだろうから・・・

 

私的ブログを 某Shopの宣伝に使うつもりは無いんだけど

モチロン、これ書いてることも ヒキバシさんは知らないんだけど

1本の材料から、私の分だけ作ってもらうわけにいかないし・・・

 

おわりです。

 

それから・・・

週末、またゆかいな仲間たちとツーリング行ってきます。 今回はナイトツーリングで

かる~く200キロほど走ってきます。

明日はセッティング、明後日ツーリングなので しばらくブログお休みで~す。

 

 

 

 


チョコッとWの試走 [足回り]

ダブルウイッシュボーン

チョッとだけ、試走してみました。

ほんの2~3キロですが、楽しかったです。(久しぶりに乗ったからね!)

さて、その結果ですが

残念なことに、私には大した表現力と細かな体感力が無いため 細かな説明や感想は書けません。  って事を踏まえて読んでねッ!

 

まずは、走り出しですが 今までと変りません(笑)

直進安定性が・・・ なんて 少し考えたのですが、もとから トーイン調整&ひらったいタイヤのお陰で まっすぐには走りました。なので違いは感じられませんでした。

すこ~しハンドルを切っても、大した違いは感じられなかったのですが、その後がなんかチョッと違いました。 やっぱりハンドルが戻ろうとする力が加わるみたいです。

今までは、曲がり始めると そのままどんどん曲がりました。

「どんどん曲がる」と言う表現がおかしいのですが、ん~ なんて言うかな~

曲がり始めると、そのまま円を描くように ズ~っと曲がりましたよね 悪くすれば曲がり方がキツクなるのを押えるようでした。が、コイツ(wなんとか) は力をかけてハンドルを曲げた分だけ方向が変ると、その向きに向かって直進していきます。

これが、たぶん キャスターの影響なんだと思います。

チョッと怖いです。慣れの問題なのでしょうが、今までとは「ハンドルを戻す」作業が違うようです。

今までは、ハンドルを戻して 直進を取り戻していた クセがついていたのでしょうか

勝手に直進して行くってのも、なんだかヘンです(笑)

なんとなく 走りがぎこちなくなってしまいました。

 

さて、もう少し走ると、そこそこのスピードが出ました。(50~60キロ程度)

平地直線やや高速は、ピタッと直進の安定感がありました。 舗装路でしたが多少はウネリ見たいのがありますよね、そんなときは ややハンドルを押えるクセがついてましたが

その辺りの挙動が、今までの物とは違う感じです。スミマセン、ここの表現力がありません。

 

そのまま、やや高速でハンドルを切る事をしてみました。

ん~、レーンチェンジをするように・・・

すると・・・

対向車線に突っ込んでいきそうになりました(笑) ←チョッと表現が悪いよね!

なんて言うか、最初にも書きましたが、ハンドルを切った分だけそっちに進む感じです。

今までは、ハンドルを切った分だけ ナチュラルにハンドルを戻していたので、その勢いで逆にもハンドルを当てていたようで、レーンチェンジみたいな動きをしてくれたのですが

コイツは、戻そうとしなくても ハンドルが勝手に直進しようと戻ります。

勝手に戻るもんだから、その挙動に慣れない私にとっては 逆にそれを抑えようとする力が自然と加わり、丁度直進の位置で安定してしまいます。

乗り方がチョッと違うようです。慣れが必要です。

ウン そうだ!

車のハンドルを握っている感じかな! 

ん~ 違うかな~ 

ま~ 何かが違う感じです。

 

良い とか 悪い とかの表現は出来ません。まだそこまで乗りこなせてません(笑)

 

あと、気が付いたことは、ハンドルが重くなった感じかな!

イヤミな書き方と思わないで下さいね↓

アメ車のキャデラックとドイツ車のメルセデスの違いみたいな感じです。

どっちが速いとか、どっちが楽とか、どっちが凄い って違いじゃないんです。

それはそれ、どちらにも良い点が有りどちらにも悪い点があるように・・・

要するに、違うんだから それに慣れれば どっちもどっちだよ って事です。

ん~ 今夜は文章が進まないです(笑) 何を言いたいのかわからない人 ごめんなさい 

 

一応、65キロのスピードまで 乗ってみましたが、コレといって問題が無いようですので 調整だなんだは、これ以上やるつもりありません。また、乗り慣れてきたら 「こ~したい」 とか「あ~したい」が出てくるのでしょうが、今のところはこの状態で ダブルウイッシュボーンは完成とします。

ノーマルユナリとは別物の乗り物が完成しました。

 

 

 

 


ダブルウィッシュボーン 仕上げ [足回り]

色々、まどろっこしい書き方してましたが

某HPや某雑誌HWSM、その他展示会などでもお披露目されましたので

私も これからは、隠さずに書きます。

Wウィッシュボーン

です。

ここ数週間、コイツを組み込むために 色々な事してました(笑)

今回をもちまして、組み込みに伴う作業は終わりです。

さて、最後は何をしたのか! 

エアクリBOXの移設作業です。

先日、考えたように BOXの向きを変えようと Lアングルを買ってきたり

エア取り入れ吸入グチが 前を向いてしまうので、エンビパイプのL字を買ってきたりしたのですが

妥協しました (笑)    

今回は、チョイと急ぎで組み上げたかったので、ユナリ純正パワフィルに戻すことにしました。

でも、そのままじゃ 付けません!

一度バラして、チョッとヒトヒネリ! そのままだと振動する部品のためか、このプラスティックが割れちゃうんです。既に何個か割ってます(笑)

で、画像の下の方に写っている、ゴムパッキンを用意しました。

(用意といっても、そこらをクルクル回り、いろんなモンをひっくり返して、探しました。 いわゆる 拾い物!)

あとは、パッキンを入れて ネジ回すだけです。

ハイッ かんせ~い    

UNILLIって書いてある文字の向きも大事ね!

キャブに取り付け~    

ほ~ら、ちゃんとunilliの文字が上向いたでしょ!

新車時のパワフィルは、ピンク色でした。 中のフィルター?がピンク色なので、カバーもピンクだったのですが、 聞いたところ もう既にピンクバージョンは完売したそうで

泣く泣く、ブルーのパワフィルになっちゃいました。

付けて見て、 これで良かったかな~。 シンプルな色で良しとしましょ~

 

最後に、お水を入れて、終わりです。

 

夏は、薄めのクーラント! この色では濃すぎたので、実際には この後 水でもっと薄めました。

エア抜きも 早々に    パチリ完成です。

片目なのは、ワザとです。エコロジーのため節電です。 エライッ!

 

ハイハイ 2泊3日のお泊り保育を終えて、お帰りです。

乗れるのか? オマエ~!

ヨッこらショッと!      

ケッコウ、ギリギリです(笑)

  

左右に10センチ程余裕がありますが、これ以上広がったら 乗せたり下ろしたり出来なくなりそうです。

 

最後のトランポに乗り込むとき、なんとなく ATVが嬉しそうに見えたのですが!

んな訳 無いよね! 生き物じゃないんだから・・・

 

で、完成です。

あとは、パワフィルに変えてしまったのと、季節が少しづつ変ってきたので

キャブレターの調整です。

めんどくせ~ (笑)

 

おちまい!

 

 

 

 

 

 


新型バンパー に加工② [足回り]

バンパー加工 2日目

の事を書きたいのですが、現在夜中の1時半(実際に書いてる時間です)

少々体力が・・・

でもね、「毎日 更新楽しみにしてま~す」 なんて声をチラホラ聞いてしまったので、

喜ばれると つくすタイプの私としては どーしても更新しなければ・・・と、

おはよ~ とお昼過ぎから作業開始です。

まずは、昨夜削った Newステーを仮溶接

 

溶接は人任せ、アイディアも人任せ!

 ありがたい事です。お礼に

チョッと整形しておきました (爆) 分かるかな~!

 

 

バンパー完成しました。

元の右側ステーは、プラズマカッタ~ ってヤツで切り落としてもらいました。

この後、 塗装は自分でやりました。 (危険が伴わない作業)

 

お次は、ラジエター上のステーを製作  してもらいました。(笑)

コイツも塗装は自分で・・・   あたりまえかっ!

 

メデタク バンパー&ラジエター装着完了!

 

カウルの鼻先とラジエターの位置関係も絶妙~

ラジエターは、これ以上前には出したくありません。逆に後にはこれ以上傾けられません

絶妙な位置関係で完成しました  うれし~

 

あ~ 忘れてました。もひとつ 取り付けるパーツが・・・

サブタンク どこ付けましょ?

穴空けて、ねじ山切って ボルトで装着です。

こんな感じで、バンパー完成しました。

 

 

 

 


新型バンパー に加工① [足回り]

土曜の夜のつづきです。

話はさかのぼりますが、6月23日のブログで書いた バンパーのその後です。 (なんだか  がいっぱい重なってます。こんな文章でいいのか?)

お初のマウンテンビートルさんと別れて、私とPちゃんは 某倉庫へ向かいました。(K氏は日曜のFujiganeダートコース走行の為、闇夜に消え去っていきました。)

到着は夜の23時! こんな時間でも歓迎してくれる某倉庫さんに感謝です。

この夜の作業内容は、

そろそろ公開解禁のWなんとかボーン取り付けのため 構造変更をしなければならなくなった 私のワンオフ 水冷バンパー 整形手術です。    6月23日の画像転用!

まずは、仮組の為にも 要らない部分をカットです。下↓の画像 赤い線の部分をカットしました。

分かりづらい画像しか無いのですが、↓下画像、赤丸の部分が今までラジエターを上から支えていたアーム。緑丸の部分が切り取ってしまった後のバンパー自体を支えていたアーム部分です。

ノーマル車両には、モチロン必要の無い加工ですが、わたしの水冷仕様には かなりの荒業を駆使しないと このWなんとかボーンは付きません。

もとの水冷仕様は、こんな感じでした↓

うまい画像が残っていませんでした。興味のある方だけ一生懸命見て下さい(笑)

左下奥に見えるのがバンパー自体を押さえているアーム。ラジエター上部からフレームに伸びているのがラジエターを吊り下げているアームです。

カウルの鼻先とラジエター上部の位置関係もチョッと気に入りません。

さて、どうやって 新型バンパーを作りましょうか?

当然、私だけのサル知恵では解決できません。1時間位 あ~でもない こ~でもない と悩んでいましたが、某倉庫主様のおかげで、こ~んなパーツが奥から出てきました。

素人の私的には、すてきなパーツです。 私的に と言うのは何かというと、フレームに溶接加工するのはイヤなんです。どこまでイタズラしても、最後には元の状態!新車時の原型に戻せる様なイタズラを いつも心がけています。例えばこんなに加工しているバンパーだって ボルトでフレームに取り付けている部品なんだから、バンパーを付け替えれば元に戻ります。シートだって、サスペンションだって、水冷シリンダーだって!全てイタズラの範囲です。あくまでも原型主義って・・・・(この先のうまい文章が見つかりません、ご想像ニュアンス推測でお願いします)

さて、これをどう使うかですが   こんな所にボルトで止めることが出来ます。

そして、パイプを加工して  こんな感じで、バンパーを支えたらどうでしょう・・・

一生懸命 加工しました。 (削っただけですけど)

イメージ完成です

 

とまあ、こんな土曜の夜  いや 深夜3時の出来事でした。

途中、ドンキホーテにお買い物に行ったり、色々ハプニングもありましたが

体力が付いてこなくなり、土曜の夜はこの辺で終わりました。この夜は久しぶりのATVお泊り保育となりました。 おやすみ~

本日の画像、一部加工するのを忘れました。 某HPでも 既に公開されている部分ですし、雑誌などでも記事になっているそうなので、あえて直したりはしませんが、 私のつまらないブログを元に この手の話を各Shop様や関係各所に問い合わせたりするのは絶対にやめて下さい。お願いします。 ご自身で正確なHPを見るなり雑誌などを購入するなどして その結果としてお話をするようにして下さい。

このブログは、すべてフィクションです。マネをして怪我をされても 一切の責任は負いません(笑)

 

 

 


たこ足 仮組? [足回り]

一応・・・転がるところまで完成しました。

まだ バンパー加工、ラジエターホース取り回し改善、アライメント調整が残っています。

ほんとに、転がして動かせるようになっただけで エンジンはかけられません(笑)

かなりワイド!

タイヤの側面から反対側面まで、フロントで1170㎜でした。因みにリアは現在1100㎜

そうなんです。リアの方が70㎜も狭いんです(笑)

では、完成画像を使用前使用後からご覧下さい

トライク仕様?から↓ワイドたこ足使用へ

すみません(笑)

自分でも 一番 大ッキライな 載せ方です。

一応、このあと 画像載せますけど 

お約束して下さい。

絶対にこの件は、他言 紹介 案内 話題にしないで下さいネ!

昨日も書きましたが、某メーカーより 強奪 してきた足回りです。 

オプション発売予定品、と言う事もあり 多少見づらい画像もありますが ごかんべん下さい。

また、ショップやメーカーへの問い合わせも もうしばらくの間 黙ってて下さ~い

(大変申し訳ありませんが、しばらくの間 某所 某shopへ問い合わせなどがあった場合、この日と昨日のブログを削除しなければなりません。お約束 よろしくお願いしま~す)

見て下さっている ゆかいな仲間達だけで・・・


さて、強奪品の本日の様子です

各所にピロピロをあしらった、豪華な作り

すばらしいです。(きっと高いんだろうな~ 後から届く請求金額が怖いな~)

ホコリだらけの所で展示していたらしく。土埃で茶茶々です。

まずは、エアーブローでホコリをはらい、ウエスで磨きました。これからお世話になるサスペンションですから、大切にしないとね!

横では、「まだかよ~」と寂しそうに 本体が待っています(笑)

まだだよ~ まずは化粧直しからで~す。

試作品!と言う事もあり 少々ペイントに不備が・・・

ピカピカとまでは成りませんが、錆止め効果を期待してシャシーブラック 吹いてみました。

さて、組付けを・・・と思っているところへ

助っ人の登場です 

某タイヤ屋さん 小林くん(仮名)のとうちゃ~く!

足りない工具や技術を配達してくれました。

サッソク組み込み作業の開始です。

まずは、右足から・・・   

たこ足二本取り付け完了!

完璧にラジエターホースに接触してます(笑)。このホースの取り回しは後で考えましょ!

 

※ Q1:ここで問題です。上下の画像で 大失敗をしています。組みつけの際 注意が足りなかったのですが、さて何を失敗しているのでしょう? ヒント:左足画像では教訓の上作業したので問題なく組みあがっています(下の下画像参照)。

 

気にせず、どんどん組み付けます。

四本取り付け完了。すべて仮組。

先日 購入した ショック延長アダプターも丁度良いサイズでした。これ上に付けようか下に付けようか迷ったのですが、とりあえず光物は目立つ方に・・・と言う事で、下に付けてみました。ほんとはどっちに付けた方が良いのか分かりません。

 

因みに、左足は助っ人小林君が 頑張ってます(笑)

で、左足も完成!   

これで、8本すべて組み付け完了です。

あとは、バンパーやラジエター関係の改善です。溶接機が無いのと ここまでの作業で今日は十分満足したので、このあとはダラダラ作業と・・・

いや、やる気十分な方に任せて!

いつもありがと~ 危ない作業はいつも他人任せです(笑)。ラジエターハンガーがたこ足上部に接触しそうだったので、チョイ加工しました。 してもらいました・・・

まだ、ラジエターが宙ブラリンですが、今日の作業は完了です。

あとは、メンテナンススタンドを外して 久しぶりの着地です。

 

着地しました。

相変わらず、まわりが散らかりすぎですが!

この感じ なかなか良いです。約7センチワイドになりましたが、まあ許せる範囲でしょ!

このあと、走れもしないのに ATVに跨って ニコニコしてたのは ナイショです(笑)

たこ足、組み付けただけの感想は! (走らなきゃ意味ね~じゃん!)

しなやかに動きます。柔らかい・・・とは違う感じで 車体が上下にスムーズに動く感じです。ショックの動きや硬さが、いままで以上に重要なポイントとなるようです。タイヤの動きや向きの変動がまったくありません。タイヤはフラットに接地したまま、車体だけ上下に動きます。

ん~ いい感じです (新しく組んだ物だから、嬉しくて どんなもんでも良く感じるんでしょうけどネッ)

あとは、今週ボチボチと作業して 週末土曜夜にでも最終仕上げと・・・

ん~ 出来るかな~

 

 


STEP2 タコ足 強奪! [足回り]

強奪成功しました。

某メーカー 07年夏新発売予定のオプションパーツを強奪してきました。

ほんとうは、そろそろ入荷予定だったので 初期ロッドを注文していたのですが よくあるヤッツケ仕事をしないメーカーなので 発売時期がチョッと遅れているそうです。

私のようなイチ・ユーザーとしては、安心と信頼の結果なので ガマンするしかないのですが

どうしても物欲には歯止めが利きませんでした。目の前にあったら仕方ないよね!

で、強奪してきました。

これです↓ フロントたこ足 君!

黒いアンヨが8本あります。たこ足です。

一般的には、ダブルなんとかかんとかボーンって言うらしいのですが

私にとっては、たこ足ネ!

 

ついでに、外したメッキアームとノーマルアームを並べて 比較!

左:たこ足

中:2インチワイドアーム

右:ノーマルLTDアーム

だいたい、ノーマル長+8センチワイドってところですかね!

今までの2インチワイドでも十分広かったので、これだとチョッとワイド過ぎかもしれません。

スタイル的には、納得十分のお品です。

 

ムリを言って、と言うか ほぼ強奪状態で持ってきちゃいました(笑)

数人の仲間も共犯者として・・・

まわりでワイワイ!チョッとも手伝ってくれませんでしたが その場に居たので共犯です。

いつもの ゆかいな仲間達 です

 

さーって また 楽しくなってきました。

このたこ足、性能がどうのとか、バネ下加重がどうのとか まったく考えずに組み込んでみます。

単なる興味です。

 

今月末のツーリングまでには完成させてみます。ってか完成しないとツーリング行けません(笑)

 

もしかしたら、この日の書き込みは消してしまう可能性があります(あまりにもムリヤリ過ぎて・・・)

 

 

 


こいつが・・・ [足回り]

カテゴリーが「足回り」なのに

なんでこの画像!

いやね・・今夜は悩んでいるだけなんだけど

先日のバンパーの構造変更も必要なんだけど

エアクリもこのままじゃ付けられないんだけど

足回りイジルのって、けっこう面倒ですね!  (文法なんてまったく無視の文章)

 

私、バカだから またヘンな事考えてます。

Pro純正パワフィルに戻そうかとも考えたんだけど

このエアクリの方が だんぜん静かなんですよね~

このエアクリの前半分が邪魔になるんだけど

ホットガンで、前半分を変形させる って言う手もあるんだけど

 

エアクリって、この向きじゃないとダメなのかな~

て事で、パイプの位置と向きは現状のまま

エアクリ本体だけ、90度 外側に向けてみようかと考えています。

この画像を30分眺めている バカ者です。

取り付けのネジ根本部分にチッチャなLアングルを噛ませれば

外側向けられるかな~

おもてに行けば、実物があるんだから見に行けばいいのに・・・

 

う~ん、やっぱ 見に行ってこよ~


で、見てきた!

やっぱり、見るダケじゃ済まなかったけど・・・

こんな感じに90度かいて~ん

横から見ると  

こんな感じになった!

ま~ 見てくれは2の次としても、タイヤが当たるかな~

イヤ!タイヤはもっと遠くに行くから・・・

イヤイヤ!左に曲がらなければ良いのだから・・・   エッ

 

ん~ 今夜は寝る!

 

ココのところ、なんだかおかしいです。イエ私は元からおかしいのですが、この場合のおかしいとは このブログのカウンターです。

今日は、260を越えるアクセスが有りました。 どうしちゃったんでしょう 何が起こったのでしょう?

なんだか、沢山の人が見てくれていると思うと 自分のバカさが 情けなく思えてきます。でも今日は新しく二人の方がコメントを寄せてくれ とても嬉しかったです。

なんかイイですよね!おなじ趣味の人と触れ合うのって

一生会う事も無いかもしれませんが、こんなツタナイブログの上だけでも知り合い仲間友達が増えるのって 

これからも宜しくお願いします。

 

 

 

 


翼の折れた○○○ [足回り]

まずは、この画像から

翼の折れたATVです

アンヨの取れたATVですね!

今日は、フロント足回り 大改造のSTEP1です。

 

まずは、例のメンテナンススタンドを前に・・・

 

バンパーが無いと、ほんと不便です。持ち上げるのに一苦労しました。

 

久しぶりに・・・無駄なペイント!センターナットを外してタイヤをポ~ン

 

ブレーキをスポッと外して、宙ぶらりん!

 

タイロッドをクルクル外して

 

ナックルも頭のナットを外せば、下からスポッと外れます。

 

グリスでベトベト~ 一応使わないけどキチンと元通りにして・・・

 

いよいよ アームを止めているボルトを外して、ショックマウントのナットもね!

 

右足、摘出完了!     

 

左足も頑張って外して・・・

 

左右のアンヨ 摘出かんりょ~う!

 

 

ほ~ら、足が無くなって   

 

なんだか、寂しげにタイヤを見ているみたいです。

 

 

かんせ~い ATV改 トライクです(笑)

本日の作業はココまでです。

さ~って 後は新しいアンヨを待つばかりです(笑)

明日には、タコ足アンヨを奪ってこようかと思っていますが

ここのところ、体調が良くありません。梅雨時の温度差のせいでしょうか・・・

頑張って、今週末までには完成させたいな~

 

ところで・・・

最近自分でもATVのネタだけで よく ココまで書いたな~と 関心しているのですが!

このブログ、毎日150~200近くの総閲覧数があります。誠にありがとうございます。 

でも、ホントにそんなにアクセスが沢山あるのかな~と!

出来れば・・・、もし宜しければ・・・、ほんの一言でも・・・、どんな事でも・・・

コメントを残していただけると、ありがたいのですが・・・

ここのところ、チョッピリ怠けている私に・・・一言お願いします。

 

 

 

 

 


足回り改造 準備! [足回り]

まず、新しいアンヨを組むために

邪魔なものをカットカットしないとなりません。

何処が邪魔かは 後でお伝えしますが

まずは、現状のバンパーを外します。

ボルトを外して

エイヤッ!

画像では分かりませんが、ホースがバンパーのあいだを通っていたので 外れませんでした。

で、結局    ホース外しました。

 

これから、こいつを持って 某倉庫に行って来ます。

 

 

で、行って来ました。

向かっている途中、現地から牛丼を買って来いとの指示があり 途中吉野家で牛丼弁当を人数分買ってから向かいました。

現地の様子です

飢えた狼にエサを与えると・・・

 嬉しそうに牛丼を手にして!

ヨーシ 食うぞ~

どうしたの? エッ!

開けたら ○抜きだったときの顔↑

監督 「ギュウがね~ぞ~ 牛が~」

某・・・「急いで作ってもらったから、牛入れ忘れたんだね~」

チョッとしたイタズラで、監督の牛丼だけ 牛抜き牛丼を注文してみました(笑)

ねぎ抜きネギ玉牛丼が有るくらいだもんネ!(一部ネタ)

モチロンやさしい私は、牛は牛皿として別に買って来てはいたんですけど スグニは出しませんでした。

 

あとは、いつものごとく適当に遊んでました(笑)

 

そうそう 

 

 

 

足回り予想絵

ん!ヤバイか この絵・・・

 

 


足回り準備 [足回り]

本日、こんなもの買ってみました。

ショックの延長アダプターです。

次の足回り、検討中です。 これでうまくいくのか・・・

どこにでも売っていそうなアダプターですが、チョッとサイズが違います。

来月早々には組めるようにしたいな~

早く来ないかな~ 長くていっぱいのアンヨ!

 

 


近日、売りに出します。 [足回り]

1年半ほど、2000キロほど使った これ

足回り変更のため 売りに出します。

どなたか、里親立候補者が居られましたら お知らせ下さい。

片側2インチワイドのメッキAアームです。左右2インチづつ合計約10センチワイドになってます。

 

それで、どうするのかって?

ノーマルのフロントAアームにもどす

 

訳ないよね~

予定では、さらに2インチワイドになります。

はい、バカです。 人に言われなくったって分かってます。

そのフロントアームが いつ届くのか・・・

次のツーリングに間に合うのか!

毎日、妄想の楽しい日々です。

ついでに、リアもさらにワイドに・・・?。もうすり抜けなんて出来ません!

 

どうなることでしょう・・・↑コイツ!

 


フロントAアーム [足回り]

水冷化の進展が足踏み状態なので

今日は、去年の冬に交換したフロントメッキアームの事を書いてみます。この作業をしたのも冬のオフシーズンでした。冬場は寒くてあまり乗らないのでイジってばっかりです。  今も・・・

まずは、交換したアームがどんなものか見て下さい

  右フロントです。

こんな物です。

上がノーマルのフロントAアーム、下のメッキ加工してあるのが2インチワイドのアームです。片側2インチワイドと言う事は左右で4インチ広がる事になります。1インチ25mmとして左右で100mmワイドになります。

これは、素人の私では作れませ~ん。サイズの希望を言っただけで 製作自体は他人任せです。注文から完成まで1ヶ月以上かかったかな~

北海道のメタル・○○クス技研さんで作ってもらいました。画像では分かりづらいですが、ものすごくキレイに仕上がっています。仕事が丁寧です。

さて、まずは左前足から交換しました。(上の画像は途中経過なんです)

タイヤ&ホイルを外します。センターのナットを緩めれば、ナットひとつ回すだけでタイヤが外れます←これってケッコウ便利ですよ!

ホイールナットを4箇所緩めなくても、真ん中のゴムキャップを外して、割りピンを抜いて、えいやッ ってナット一つ緩めるだけで タイヤがコロ~ンです。フロントブレーキのドラムごと外れてきますので、ブレーキかけてると外れませんから注意です。逆に組むときもブレーキは外しておかないと あれれれれれ・・・ってなっちゃいますから注意です。

↑この画像で見て欲しいのは、アームではなくてタイヤが外れている所ネ!

コロ~ンって タイヤが外れると、こんな状態になります。(左右が取り付け前後の違いです。) 残るはブレーキ本体とナックルです。

注)ナックルとは、タイヤが曲がるためのの部分です。一番上画像の黄色い箱の左にチラッと写ってます。

ブレーキはワイヤーが繋がったままですけど、そのままスポッと抜けました。

ナックル本体は、軸上部分のナットを外せば下に落ちるように抜けてきました。

あとは、アーム自体をフレームから外し、ショック下のナットも外せば

 右アームが外れたところ

ほ~ら、このとおりです。

この後に、チョット大変な作業がありました。ナックルとアームの間にカラーが入っているのです。これを外して新しいアームに差し替えなければなりませんでした。上下にそれぞれ入っています。(左右で計4コ)

新しいカラーを買えば良かったのですが、そんな事気づかずに付け替えました。

後は、新しいワイドアームを組みつけていくだけです。注意するのは、可動部分にグリスを忘れないことだけかな!

 はい 出来上がり~

 

↑左も伸び伸び~

タイヤを付けて~

ハイ 出来上がり~

フロントワイド化とメッキぴかぴか計画でした。 

こんなに手間を掛けなくても ワイドスペーサー50mmを組み込めば簡単な事だったのですが、それだとタイヤが左右に振れる半径が大きくなり、それなりに抵抗も大きくなっちゃうかな~ なんて・・・

ま~やってみたかっただけかな~

メリットとしては、タイヤが確実にフレームから離れ、今回 水冷化の為にポンプを取り付ける場所の確保も十分に出来た事。それと自己満足かな~

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ロンスイ [足回り]

ほんとうは、ロングスイングアーム(リア)です。
04年12月頃だったと思いますが、リアタイヤ&ホイールを10インチに大きくしてみたら

こんな感じにカッコ悪くなりました。トラクターみたいな感じでなんかヘン!
タイヤが少し大きくなった分 リアフェンダーに近づいてど~もオカシイ!
これはロンスイを組んでタイヤとフェンダーの間隔を広げないと・・・
そうこう考えていたある日、お世話になっている北洋輪業さん(超有名だけど○入れときます)で転がっているロンスイを発掘
(山積みされていたガラクタの中を物色していたら見つけました)
「これ、誰のですか~?」とロンスイをおもむろに持ち上げて聞いてみると
「ん~、ほんとはフォワードモデル用に頼まれたんだけど、間違ってリバースモデルで造っちゃったんだよね~」との回答!
これは、私の為に埋もれていたパーツと確信した私は 即ご相談となり、その場で取り付け作業の依頼となしました。

10センチロングです。良く見ていただくとショックの取り付け位置が2箇所あります。
画像の状態がノーマルの取り付け位置で、その後方10センチの所にも角が立ってるでしょ
ノーマルショックで後方に取り付けると、ポヨポヨサスペンションになっちゃって走れる状態ではありませんでした。そもそもロングスイングにしてノーマルショックそのまま、と言うのが甘い考えでした。
これからロンスイを入れようという方が居られましたら、その辺は良く考えてから実行して下さいネ!
で、結果はこんな感じです。上の画像と見比べてください。

今度はタイヤとフェンダーの間隔はいい感じ~ になったんだけど
まだ、なんかヘン!
そうです。かわいいお尻が上がっちゃってます。しか~も乗ったらポヨポヨです。
テコの原理?長くなった分同じ位置では加重に対応出来ないんです。
ん~困った。次なる浅知恵で これは後ろの取り付け位置にしないとならんと
こ~んな事をしてみました。

なんとかカッコだけは いい感じ~ になったのですが
やっぱりテコの原理はくつがえす事が出来ず
最終手段として、いろんなショックを集めまくりました。ちょっとしたショック収集家になったくらいです。
最終的に行き着いた先は

これです。
このショックがピッタリいい感じ~ で その後 台替えした 今のATVにもこのショックだけは使われています。
ほんのすこ~しだけ問題はあったのですが、その事はいづれまたご報告します。
このロンスイは、去年の今頃まで使っていました。(現在は同寸のメッキ角ロンスイです)
10センチロング!中途半端な長さかもしれませんが 私はこれがベストだったと思います。
この長さでも、私の10インチ10Jホイール&タイヤでは ナローっぽくなってしまい、画像では写っていませんがリアアクスルのワイドパーツを組んで丁度良い感じです。

書き忘れていましたが、この時のフロントタイヤは8インチ6Jホイールにチョイ薄タイヤです。
実は、最後の画像は現在のユナリATV Limited-Proの最初の頃の画像です。
細かく見られると、本体が違っていたり付いてるパーツが時期前後していたりしておかしいかもしれませんが、気にしないで見てくださいね
それでは、今夜はこの辺で・・・






nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
足回り ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。