So-net無料ブログ作成
検索選択
メンテナンス ブログトップ
前の30件 | -

フライホイールの外し方 [メンテナンス]

ダレからもリクエストは有りませんが

フライホイールの外し方をupしてみます。


まぁ 誰がやっても簡単な作業なんですが
せっかく画像を撮ったので更新します。


これがフライホイールプーラー (JOG50/90用) です。
SH370233.jpg
バラすとこんな感じで たった二つの部品だけで出来ています
SH370236.jpg

私がやりたかったのは、フライホイールを軽量化する!とかではなく
単純にその奥に潜んでいるコイルを外したかったのです。

って事で、まずはファンシュラウドを外したところから
(注:ATVをお持ちの方は、一生懸命見ればユナリATV50のフライホイールに見えてきます
  JOGをお持ちの方は、そのまま素直にご覧下さい(笑))
SH370243.jpg
ネジ三本を外して、ファンを取り去ります
SH370244.jpg
真ん中のフライホイールを止めているナットを外します
SH370246.jpg
まぁ これも特殊工具って言えば特殊な工具ですが…

で、ナットが外れました
SH370248.jpg
普通は、ナットを外せば あとは引っ張るだけで
フライホイールが外れてくるような気がするのですが、
手で引っ張ったくらいじゃビクともしません。

ここで登場!
フライホイールプーラー
SH370251.jpg
まずは太い方の逆ネジをフライホイールにくるくる止めます。
チカラなんて要りません。ただ止まるまで回して付けるだけ!

でもって、太い方をモンキーレンチかナンかで押さえつけ
内側のボルトを17ミリだったと思うけど
くるくる閉めこんでいくだけです。

で、ポンッとフライホイールが外れました。
SH370252.jpg

そうです。構造を考えれば かぁ~ん単な道具です

ガッツリ クランクシャフトに喰らいついたフライホイールを
クランクシャフトを押し込むことによって引っ張り外すだけなんです。



私の目的
コイルを外す為には、この後
上下2本のボルトを+ドライバーで外すだけでした。



さて、なんでこのプーラーが有るのかって?

そうです。昨日〇N企画はシャッターが閉まっていたと書きましたが

そのシャッターの前でポツリとアドレスV125に座っている人がいて
勇気を出して声を掛けたところ

「もう少しで開店します。店のキーを持ってる人が遅れてるだけです」



なぁ~んだ 待ってればお店が開くんだー って事で

無事にフライホイールプーラーが買えたんです。


注:この工具はJOG及び似た様な造りのユナリATVにしか使えないらしいです
  車種専用工具だったので、お値段も手頃な800円でした。



さて、この工具
次に使うのはいつだろうな~(笑)

必用な方が居られましたら、いつでもお貸ししますよ~





コメント(6) 

フライホイールプーラー [メンテナンス]

フライホイールプーラー って

こんなのです

SH370236.jpg

使い方は? (そんなの説明するまでも無いですか?)

使い方作業風景も撮影してみました
必要でしたらまたあとで更新しまっす~



もう眠いから、続きは また夜にでも・・・




コメント(0) 

レベルはサンデーメカニック! [メンテナンス]

日曜は、のんびりガレージで…


久しぶりです。日曜日にずぅ~っとガレージに居るのって!

SH370194.jpg

さて、何をしたかと言うと

おじいちゃんJOGの再生? は止めて
やっぱりナンバー付き車両 優先ってことで

クランクベアリングからカラカラ音がしているアプリオちゃんを生かすことにしてみようかと!


はいっ 大胆にも
ジョグ系エンジンスワップを試みてみました。

と言っても、おじいちゃんJOGも相当放置されていたJOGですし
スワップしても動く保障はありません (現状エンジンかからないんだから!)

まずは、おじいちゃんの解体から…
SH370195.jpg
ここまでは、訳なく
SH370197.jpg
よぉ~っし エンジン降ろすぞぉ~ って時になって



絶好の助っ人が登場したかと…

SH370203.jpg
セントくんが海から帰ってきました。

「いっぱい釣れたから 少し分けて行くよ~」

ありがたい話ですが、エンジン降ろしは手伝ってくれません

 
エッ!こんなにイイのぉ~?
SH370201.jpg
最近では、キロマッカチンも見慣れたモンです

私の差し出したボールに、気前良く
キロマッカチン×2匹、大サバ×2匹、メバル×2匹、雑魚いっぱい
を投げ込んでくれます。

ありがたいセントくんのご好意でしたが
マッカチンは食べ飽きたので、大サバと美味しそうなメバルだけ頂戴して
マッカチンはクーラーへ返品させて頂きました(笑)


そんなモンより、エンジン降ろしを…

と、そんな所へ

もっと頼りになる助っ人が登場しました (画像非公開)

エッ?誰かって?


いっつも頼りになる、コバちゃんが登場しましたー(嬉)


「んじゃ、コバちゃん やろーか?」

いつもなら、二つ返事で作業を手伝ってくれるコバちゃんですが
この日は、いっこうに腕をまくろうとしません

おかしいなぁ~


と思っているところに

コバちゃんの後ろから ひょっこり かわいい彼女が登場しました。


あー そういう事ねぇ~(涙)


さすがに、彼女と一緒のときに
お手々を油だらけにさせるわけにいきません(キッパリ)
だってー ウチから帰ったそのすぐ後に
キレイなお手々じゃないと 彼女に嫌われちゃったりするモンねぇ~
(以下自粛)


ほどなくして、セント君もコバちゃんも帰ってしまい


それでも、作業は一人で続きました(涙)
SH370205.jpg
エンジン分離かんりょ~


おじいちゃんJOG、外観はバッチかったですが
SH370207.jpg
キャブの中はピカピカ
期待が膨らみます。

一応、こんな感じです
SH370208.jpg

続いて、アプリオちゃんの番です
SH370212.jpg

どちらもエンジンだけになりましたー
SH370214.jpg


さぁ~って エンジンスワップです
SH370216.jpg


ん! なんか違うじゃん!


キャブを外すのがめんどうだったので
アクセルワイヤーにキャブのピストンをくっつけたまま
キャブ本体はエンジンにつけたままスワップしたのですが

おじいちゃんJOG(3KJ)とアプリオ(4JP) って
キャブの大きさが違うのねっ!

ピストンが入りませんでした(涙) アプリオのキャブの方がデカかったです。


おまけに、配線も微妙に違って…


えぇ~っい メンドウだぁ

といあえず、たたんでしまえ~

SH370218.jpg

当然ですが、配線がチャンと組まれていないので
エンジンなんてかかるわけありません。

結局、どちらもカッコウだけは組み上げましたが

音がしててもそれなりに走っていたアプリオちゃんも
単なるくず鉄になってしまいました(笑)


これで、ウチには2台の不動車が…



あぁー どぉーしよぉ~

SH370220.jpg


レベルはサンデーメカニック!
やっぱりこんなモンでしょかね~(笑)


とりあえずは、こんな終わり方になっていますが


でも、だいじょーぶー


私にはつよぉ~い ゆかいな仲間達が居ます。



みんなっ あとは頼んだよ~
















コメント(12) 

ポチッと が到着しました [メンテナンス]

K3100036-5.jpg
先日、ポチッと落札したバッテリーが届きました

すっげ~ 安かったので少々心配でしたが、とりあえず見た目は普通
( 左5L:ATV用 1,700円 右4L:F12用 1,400円)

早速 バッテリー液を注入
K3100039-5.jpg

説明書には
 「充電済み、初期充電は必要ありません…」
と書かれていましたが、一応 初期充電しました
K3100043.jpg

この充電器orecamoさんに貰った物です。
コレ すっごくイイです。 充電が完了すると勝手に待機状態になってくれるんです
                                   (それが普通なのかな?)

「充電済み」と書いてあっても、1時間半ほど充電できました
普通、こんなモンなんでしょネ!

メードinChinaバッテリー、ココまでのところまったく問題無し!
これで1,700円はお買い得です (この時点では満足(笑))

さて、めでたく 満充電バッテリーとなり

いよいよ、ATVに取り付け (って言っても、大した作業ではありませんけど・・・)
DSC09229.jpg

装着前!右上に置いてある方がnewバッテリーです
DSC09231.jpg
見た目も おんなじ (当たり前か~)

ダメダメバッテリーを外して、いざ 装着!ってところで(笑)
Chinaバッテリーの本領が!
DSC09232.jpg
分かります?

端子に付属のボルトを仮締めしてみたんですが、付属のボルトが長すぎて(笑)
これでは、いくらボルトを締めこんでも端子が締まらないです(笑)
しかも、角ナットのメネジも斜めになっているようで
まっすぐに締まりません(笑)

早々にこんなボルト&ナットを捨てて、ダメバッテリーからボルト再利用です。

付属してなければ、リサイクルと言う名のコストダウンだったのに
ヘタげに付属していただけに、「やっぱりChinaだなぁ~」って結論です(爆)
このレベルで作られているATVもあるそうで、それはそれで心配な・・・

さて、バッテリー装着も無事?おわり
装着インプレ・・・  (?)


と言うより、電ポン水冷のバッテリー負担 観察です

まず、newバッテリー装着前のダメバッテリーの状態を画像に収めるの忘れましたが
キーONにしても、何一つ光らない状態でした。
キックでエンジンをかけて、計器が光ってもアイドリング状態で 9.5Vを表示してました(笑)

で、newバッテリー装着 キーONのみで
DSC09237.jpg
(表示説明:左上回転数、右上電圧、左下水温、右下油圧ですがセンサー付いてません)
エンジンをかけていない状態で、12.4Vです

ちなみに この ↑ 状態は、電ポンを動かしてません


キーON、電ポンON 状態にすると (計器右の青ランプが電ポン可動確認ランプです)
DSC09239.jpg
12.1Vまで下がりました。
まぁ~エンジンが回ってないので当たり前ですが
少し下がりますネッ

さて、始動です

セルを元気に回して
キュルキュルキュル・・・・

かかりません(笑)

もっかい!セルを!
キュルキュルキュルキュルキュルキュルキュル・・・

バッテリーが元気なことは十分確認できたのですが
いっこうにエンジンに火が入る様子無し!

やっぱりChinaはダメか~?

そんな訳ありません。バッテリーが原因で火が入らないなんてワケありません(笑)

ここで、やっと気が付きました(エッ!)

前回のかる~ぃセッティング終了時、プラグのチェックをしたんでした

そうです(笑) 

プラグコードがプラグに挿さっていませんでした(汗)


気を取り直して、コードを挿して
ついでにチョークも開けて(笑)
再挑戦!

キュルキュ  ばぁ~ん!

一発でエンジン始動です
(すみません、関係ないアフォ作業で文章引っ張ってますネ この先ポンポン書きますのでご勘弁下さい)



アイドリング1600回転 安定
電ポンON (青ランプ点灯)
DSC09244.jpg
12.2V
アイドリングでは、ほとんど発電してないんでしょうか?エンジンOFFの時と差して変わりません
まぁ、これならアイドリングでバッテリーが上がることも無いんでしょうか?
                     電気屋さん答えて下さい





アイドリング1700回転 安定
電ポンOFF (青ランプ消灯)
DSC09246.jpg
12.5V
電ポンを止めても大して変わらないですが、それでもチョッとはイイみたいです。
普通のユナリならこの状態なんでしょうねっ!





低速走行orクラッチミート程度の回転数 
電ポンOFF (青ランプ消灯)
DSC09249.jpg
14.0V
これ位で通常充電状態なんでしょネッ
特に問題も無く、いくら走ってもバッテリーが上がることありません
まっ!これが普通なんですけど
ATV本体もバッテリーと同生産国にすると 発電量が足りなくて
走っていてもバッテリーがあがってしまう事があるそうです (でも最近聞かなくなったな~(笑))




同上状態の回転数
電ポンON (一番肝心な状態です)
DSC09250.jpg
13.2V
電ポン仕様の宿命 通常車両とココが違うところでしょう
でも、これなら大丈夫!まったく問題無いです。

この後、通常走行状態の回転数も試したかったのですが
時間が時間・・・ 住宅街の21時は静か過ぎます
8000回転程度での観察は、またこんど~ に順延しました。


電ポン仕様水冷 発電とバッテリーの関係 観察終了です。

特に問題なし と言うことが分かって安心しました。











つまらない続きを読む?


ちょこちょこメンテ [メンテナンス]

来週 もしかしてツーリング

久しぶりに走る予定が出来ました。


なので、久しぶりにメンテなんすしてみました。

DSC09144.jpg

メンテするのはコッチです
DSC09158.jpg
さて、一人でメンテ! ギャラリーも邪魔者も居ませんので
のんびり出来そう・・・


今日は (日曜日です)細かなパーツですが、こんな物を交換してみようかと!
DSC09149.jpg
コレ なんだか分かります?↑

ココの繋ぎゴム、キャブのインシュレーターって言うんだっけなぁ
DSC09155.jpg

外して見たら こんなにヤツレテました
DSC09160.jpg
右が古いゴムです。

少々ヒビ割れてますが、だからってエアー吸ってる訳じゃないんですが
こ~いう所 気になるんです。

新しいゴムにバンドを掛けて・・・
DSC09161.jpg

でも、取り付けの際は邪魔だったのでゴムだけで装着
DSC09171.jpg
ココ けっこう狭いのでイライラしますょね~

この後、キャブセッティングしました。

それまでは、MJ110 SJ48 クリップ最上段でしたが
色々やってMJ102 SJ50 クリップ真ん中で手を打ちました(笑)

SJ50:チョッと濃いような気がしますが、スクリュー1.5回転戻しで一番落ち着いたので
これで由としました。途中15分位 アイドリングでホッポラかしましたが最後まで安定していたので
SJ50で決定としました。

クリップ真ん中:これはマダマダ変更するかもしれませんが、MJSJのセッティング中は真ん中と決めてます
最後にイジルところと理解してますが、イイのかな~

MJ102:選択出来るMJが少なかったので この番手で決めましたが、次回105番を購入して装着してみます
確か!♯105持ってたハズなのに、どこいっちゃったのかな~(笑)
きっとどこかのATVで活躍してるんだろうな~


さて、キャブ系が整ったつもりになって!(笑)
次は駆動系を開けてみました
DSC09184.jpg
プーリーもキレイに削れてるのかな~? 段付きも無くOK!
DSC09186.jpg

キャブセッティングの時にチョコッと試走してみましたが
まぁまぁ・・・
前回の駆動系セッティングを思い出し!
9千で頭打ちみたいなセッティングだった   ハズ?(笑)

出だしのモタつきが感じられたので、WRを軽くしてみることに
WR:4.5g×3ヶ、5g×3ヶに軽くしてみました。

センタースプリングが固い分、普通よりはWRは重めです。


と、こんな感じで あまり試走もせずにこの日のメンテを終了しました。
DSC09189.jpg

ホントは、もっと試走してみたかったのですが
雨も強く降りだしてきたり

それよりなにより!
バッテリーがダメダメだったので、試走を止めました。

エッ!バッテリーなんて! と御思いですか?

エェ 私のATVは電動ポンプによる水冷なので
電気のトラブルを引き起こしそうで怖かったのです。

電圧計も付いていますが、アイドリングで9.5Vとか表示してました
普段12V~14Vを表示しているのに コレはダメでしょ~
空ぶかししても12Vに達しません。 
この辺り、よく分かってないのですが電ポンがどれだけ電気を食うのか
足りなくても壊れないのか? そんなこんなの不安があったので走り回ることはしませんでした


根性無しと呼んでください(笑)


本日、ポチッと押してみましたので
近日中にはバッテリーが到着します

到着したら、その晩から試走再開して見ます。








フルカスタム車両を片付けたので・・・


旧型の新品! [メンテナンス]

本日、到着しました。
DSC09018.jpg
ソニーデジタルカメラ DSC-T70
発売は去年の10月、そうです1年以上前に発売された
旧型のデジカメですが それを新品で買いました ←わたし!

810M画素!私にはまったく必要の無い高画質

どうせスナップ写真かブログのネタしか撮らないんだから、400万画素もあれば十分なのに…

いまどき そんなレベルのデジカメで面白そうなのは見つかりませんでした
たとえ有っても チープなカメラで・・・(笑) ←オマエには十分だって?

でも、旧型です  そうですっ とっても安く買えたので大変満足しています

なんてったって タッチパネルょ!
DSC09019.jpg

それに、スマイルシャッターって機能が有って
「笑う」とカメラが勝手にシャッターを切るんです。

これでバッチリ 笑顔のATV画像が撮れます(笑)


とりあえず、今日はうれしいので バシバシ撮ってみました。

テスト撮影 見てもらえますか?

    


テスト画像を見てやる!


ポッポポポポ~♪ ホイール磨きな日曜! [メンテナンス]

ATVのメンテナンスってワケじゃありませんが
本日はヒマヒマだったのでホイール磨きをしてみました。

DSC08685.jpg


まず…
orecamoさんに教えてもらったバフを買いに
近所の〇イソーに行って来ました
DSC08664.jpg
恐るべし!これだけ買っても1,000円でお釣りが来ました(笑)

早速ATVのフロントタイヤを外して

イキナリこれ使ってみました
DSC08649.jpg

道具は電動ドリルです
DSC08706.jpg
右フロントから開始です

途中、ピカールも併用しながら

ゴシゴシ・・・ あっ違った!

ウィ~ん ウィ~ん と20分

DSC08724.jpg

どうです?この輝き!

左前足もピッカピカに磨いて
DSC08740.jpg


よ~っし 綺麗(笑) と! リアホイールを見ると!

DSC08745.jpg
コッチはまだやってませんでした(笑)

フロント2本磨いただけでけっこう疲れました。
全てを手で磨いたら もっと疲れているでしょうが、機械を使っても意外とメンドウな作業です。

しかも、いくら一生懸命やって 速くなりません
基本邸に、走りに影響しない作業はキライです。

でも・・・

リアホイールも頑張ってみようかと!

ホイール外すのはメンドウだったので、リアは組み付けたままメンテナンススタンド
片輪を持ち上げて行いました。

DSC08747.jpg
磨いて磨いて15分!

リアは手抜きです(笑)
DSC08763.jpg
ま~ パッと見はキレイでしょ

フロントの方が若干手間かけた分 輝きが違うような気もしましたが
DSC08757.jpg
気のせいでしょう(笑)

で、私らしいと思われますが
リアホール、左だけ磨いて終わりにしちゃいました(笑)

そう!右のリアホイール磨いてません
「こんな曇って汚れていたホイールが、こんなにキレイになったんだよ~」
と説明する為に・・・


ウソです。 飽きちゃったんです(爆)




来週(日曜日)、天気良かったらどっかにかる~く走りに行ってみようかな~









だんだん・・・ [メンテナンス]

だんだんパーツが無くなっていくので
昨夜、仕事帰りに補充してきました。

DSC08629.jpg

ZERO ウェイトローラー 3.75g
 いつの間にかWRのスペアーが少なくなってしまいました
 消耗部品ですが、消耗するのはWRの外側が磨り減るだけなのに
 なぜか3個づつ減っていきます 誰かに食べられちゃってるのかな~

ケースカバースクリュー
 プーリーケースカバーを止めるネジもだんだん減って
 今ではセンター1本と前後に1本づつ、合計3本でしか止まってません(笑)
 ヘキサゴンのビットも先日入手したので、このボルトに全て替えてしまおうかと・・・

プラグ
 これはホントにスペアーとして必要な物です
 使い古しは何個も有りますが、セッティングも出た雰囲気なので
 新品プラグで確認してみようと思います。


パーツの補充、自分のATV用です
くれぐれも・・・(笑)

週末にでも駆動系の再セッティングしてみようかな~

誰もウチ来ないでね~



ATV 「エンジン不調」復旧作業(笑) [メンテナンス]

すみません 昨夜は画像をupしている途中で

ついっ! 寝てしまいました。

朝 気が付いてビックリ! 途中まででも更新をしておいて良かったな~ と思いました。



それでは・・・
②もんだいの「エンジン不調」
書き始めます (昨夜のたっぷり睡眠のお陰で 今日はバリバリ元気ですが、一応途中で更新かけておきます)


IMG_0383.jpg
よく見る画像 キャブ周りから点検です

っと!その前に
どのようにエンジンが不調なのか説明しておきます

キャブセッティングは先月中旬に行ったのでバッチリの筈だったのに (セッティング記事10/12)
先週、くず鉄号の整備中に私のATVをテスト走行してみたら
何かヘンだったのです。

チョークを空けて、エンジン始動問題無し、吹き上がり問題無し スタート問題無し
少し走るとエンジンストール→エンスト!
再び再始動、チョークを開けないとエンジンがかかりません ま~ まだ冷えてるからかなッ!
エンジン始動 再び好調 少し走ると ブスブス・・・
まるでガソリンが流れていかないかの様、勿論リザーブに切り替えてもやってみました。

同じことを数回繰り返し、諦めてその日は終りました。




さて、作業開始です
IMG_0386.jpg
疑わしいヤツを外してみました。

KEIHINケイヒンPE20をバラします
IMG_0387.jpg
まず疑ったのはチョークです。

ノーマルのキャブでよく有るらしいのですが、
雨水がチョークレバーのワイヤーを伝って チョークが錆び付いてしまい 動きが悪くなったり 機能しなくなったりする事があるらしいのです。実際、私も錆び付いたチョーク見たことが有ります(ヨレヨレ号参照)

このキャブはレバー式ですので 雨水が伝っていく心配は無いのですが、毎日乗ってる訳でもなく どちらかと言えば放置している方が長いくらいなのでチョッと疑ってみました。

チョークレバーを外して
IMG_0395.jpg

キャブからチョークを外してみました
IMG_0398.jpg
外観は汚いですが、中はピカピカ まったく問題無さそうです。

チョーク本体も
IMG_0407.jpg
真鋳色に陰りも無くキレイです。


ではフロートチャンバー側も点検点検!
IMG_0409.jpg
フロートの左右均等確認、水平も大丈夫みたいです。


燃料を供給するバルブ?(名前分かりません 赤丸してあるパーツです)
IMG_0414.jpg
これが劣化していると、燃料を止めることが出来なくなり キャブから燃料ダダ漏れになります。
ゴミが詰まって引っかかってもダダ漏れになったり、逆に今回疑っているような供給不足になったりも…

と、一番疑っていたのですが 特に問題があるようには見えません
穴の中もスッキリ綺麗だし…

MJ、SJもしっかり締まっていました
ご覧の様に、外は汚くても中身は全てピッカピカ!

キャブレターに問題は無いようです。

今回の様子からして、リードバルブを疑うことはしませんでした。
マニホールドの繋ぎゴムや塞いでいる穴も問題無し!

キャブ周り 点検しゅりょ~
IMG_0421.jpg


でも、な~んか 燃料の供給関係のような気がしてなりません

次に疑ったのは、燃料ホース! もしかして燃料コックが逝かれてるのか?
コックの確認

燃料ストップの位置
IMG_0427.jpg

燃料ONの位置
IMG_0428.jpg

燃料 リザーブの位置
IMG_0429.jpg

動きもしっかりしているし、開けて見ることは出来ませんが動かした感じでは問題な様です。


ん~ん!と悩みながら
燃料キャップのホースから 息を吹き込んでみました。
もしかしたらエアー(私の肺活量)で燃料が押されて・・・

息を思いっきり吸って 「せ~の! フゥーーー」

ナゼか下のほうで 「すぅ~ッ すぅ~っ」と音がします

なんだか、エアーの抵抗が無いな~ 
外気と接しているのは このホースだけのハズ!

キャブの方から スゥーってエアーが抜けるのは…?


もしかして?

燃料コックをOFFにして、キャブから燃料ホースを外して

コックをリザーブの位置へ

IMG_0445.jpg
(画像、よ~くご覧下さい 燃料ホースの先端は機械式ポンプの辺りに見える様に出してます)

あれれ・・・?(笑)

そんなハズはありません ヨネ~ッ!

普通、ホースの先からは燃料がタァーっと流れ出てくるはずです。


最終点検項目!
IMG_0450.jpg
燃料のチェ~ック!! 普通 最初にやるだろ~(笑)



あっ ガス欠だ!



ガレージで、一人で、無性に3分位笑えました

1時間以上の格闘がバカに思えて…


早速、ガソリンスタンドまで押して行き

セルフでハイオク満タン

チョッと待ってから、チョークを開けて 元気なバッテーリーでセルを

キュルキュルキュル・・・

バァーン

チョーク戻して、帰り道!

私の自宅は、チョットした丘の上にあるので
坂道を登って帰ってきました

途中、坂道を全開で! 55キロ 調子イイじゃ~ん


やっと、復活です (もともと壊れてネェ~っての!)
IMG_0454.jpg



でも、ま~ 色々点検出来て良かったかな~   ← と言う負け惜しみ(笑)


それにしても、某〇ーチさんが来てる時じゃなくて良かったなー(爆)
(あいつにダケはナイショにして置きたいんだけどな~(猛爆))



本日は、私のアフォさ加減のお披露目でした
皆さんもガス欠には気をつけましょう 日頃から燃料計を信じていないアナタ 特に注意です 
あっ 私の事ですネッ(笑)
(備考:燃料計の壊れている人は対象外です。ビーチさんやコバちゃんの事ですけど・・・)



オシマイッ!
















ATV、メンテナンスの基本 (笑) [メンテナンス]

眠たい日曜日でしたが
くず鉄号が襲撃してくるといけないので
迎撃体制で構えました

IMG_0381.jpg


本日の作業 目次
 バッテリー積み込み (簡単な作業です)
 エンジン不調 原因究明 (調子良く走るのですがエンストします)


①バッテリー
このバッテリー もう1年以上使用しています
以前は 半年ともたずにバッテリー交換してましたが、今回は長い事使用できてるな~
この「以前」とは、水冷化する前の頃です。

そう!電ポン水冷化前、空冷の頃はしょっちゅうバッテリーが上がってしまい
再充電も不可能でコロコロ交換していました。

電ポンでかなりの電気を使っているはずなのに、ナゼかバッテリーの調子が良いです
当たりなのかな?(笑) 

私の勝手な想像ですが、もしかしてノーマルは過充電だったりするのかな~?

だって、電ポンでメチャメチャ電気を消費してるのに
走行中にバッテリー上がりになったことも無ければ、1ヶ月位放置していてもセルは元気に回ってくれます

んな~こた~ どうでもイイ?
画像があるなら早く見せろ? って(笑)

充電が完了したバッテリーです
IMG_0377.jpg

シートを外して取り付けるだけ!
IMG_0379.jpg

至って簡単な作業でした。
因みに1年半使用しているこのバッテリー、チョッと元気が無かったので一晩充電してみました
(充電したのは半月以上前です。完了後放置してありました)



②もんだいの「エンジン不調」

コメント(2) 

くず鉄号 復活までの軌跡! Ⅳ [メンテナンス]

あっ この話題 まだ続いてたのかと思った人?

すみません もうチョッと引っ張らせてもらいます(笑)


シリンダーやら その他諸々交換して
走りの方はソコソコになったビーチ号

走ったんだから 帰ってくれればイイのに!

次、始まっちゃいました

DSC08521.jpg

丁度よい所に電装屋さんが・・・


相変わらず、簡単なところは さぁ~も努力しましたって感じに・・・
DSC08515.jpg
ヘッドライト外してるだけなのに!

その横では、orecamoATV電装サービスさんがキッチリ準備を始めてます
DSC08513.jpg

で!

教わりながら 配線のメンテナンスを・・・と思っていたら!

DSC08520.jpg

当然の様に、自分は見学者の立場 (笑)

ニコニコ眺めているだけで 自分のATVが進化していく 

とっても恵まれた正確の持ち主でした



あっ やっぱり! と思った読者の皆様
そろそろビーチ(仮名)さんの性格が分かってきましたかー?(笑)


実際の作業は、マジでorecamoさんが全て作業しました
見ているだけで、タコメーターの配線が全て完成しました。


そろそろ帰ってくれるかなー
私、昨夜のイナダ釣りから一睡もしてないんですけど・・・

DSC08523.jpg

16:50 やっと帰ってくれました
DSC08528.jpg
因みに、この日は シリンダー(中古北洋ハイポ)と新品ピストン
その他新品補修パーツ全て私のを組んで帰りました
おまけにWRや配線は、私ではなくorecamoさんから強奪していきました。
ついでに言えば、トルクカムやその他 私のおもちゃ箱から拾い集めた物で走ってる様なモンです。
カウルだってキャブだって、某氏から・・・ 言い出したらキリがありません

とってもとってもおかしな仲間のビーチさんでした。

それから、帰り際に怖いこと言って帰りました

「そろそろ空冷は終わりにして、早く水冷 組みたいな~」

この人!どこまで 他人頼りでATVを進化させていくんでしょ! 不思議な人だな~(笑)


って事で!
「ビーチ号水冷化への軌跡」 悔しいけど ど~せ手伝わされるんだから
新しくカテゴリー作って、バンバン当ブログでupしていこうと思います。

たぶん、またウチのおもちゃ箱からパーツ集めていくんだろうな~(爆)

 


コメント(9) 

くず鉄号 復活までの軌跡! Ⅲ [メンテナンス]

昨日からの つづき です

昨日は、ヘッドを乗せる前まで書いたところでサーバーが言うことを利かなくなり・・・


で、ヘッド乗せる前に
DSC08486.jpg
ヘッドガスケット(新品)を スルスルスルッと!

相変わらず、簡単なところだけは
さ~モ!自分で整備してますョ~
って感じに作業してます
DSC08489.jpg

実際、やってることは・・・
DSC08493.jpg
ヘッドのナットを締めこんでるだけですけど!
最終の締め込みは、私の手トルクで2キロ弱 
ここのナットって、意外とかる~く締め込む程度なんですよねっ


最後の仕上げ チャンバーの取り付けが残ってました
DSC08497.jpg
この簡単な作業も…
DSC08499.jpg

「ネジが入らな~い」とつぶらな目つきで工具を差し出してきます

ここで、断わるのも本人の為なのでしょうが! 
どうしてだろうか?工具を受け取ってしまう わ た し(笑)


さて、シリンダーの組みつけが完了して
残る作業は・・・
DSC08500.jpg
シュラウドやプーリーカバーなど、本人が出来る作業だけです。

しばらくすると…

「かんせ~ できました~」と喜びの声が聞こえてきました。

見れば、テスト走行に・・・

オイオーィ 壊れた原因 まだ治して無いじゃんかー


そうです。シリンダーは確かに新しい物に組みなおしましたが
壊れた物を組み替えただけで、壊れた原因の探求はまだです。

まずは、キャブを・・・

あっ! 薄すぎでしょ~ MJ 
この季節、パワフィル付いてる車両で二桁の番手では・・・


早速、MJ&SJの交換です。
モチロン MJもSJも私のおもちゃ箱から探してきました(笑)

その時の言葉がイイです。
「MJ、さっきソコの箱に有りましたョ~」といいながら
当たり前のごとく出してきました。

私も、相当な被害にあっています(笑)

で、キャブ調整を終えて・・・
DSC08502.jpg
でも、まだ何かおかしいです。

どうしても、軽く吹き上がりません

ここからは、キャブ調整職人orecamoさんが大活躍してくれました。

ナニやら色々みていましたが!

突然、笑い出して・・・

「チョークワイヤーが引きっぱなしになってるョ~」(爆)

そうです。ワイヤーレバー式のチョークが 何かの引っかかりで
レバーを戻してもキャブ側ではチョークを引いたままの状態になっていました。

原因、解明です。


アクセル開度にエンジンの吹き上がりがキチンと着いて来るようになりました

     めでたしめでたし



イヨイヨ、テスト走行に!
DSC08504.jpg

ハイッ テスト走行後はお決まりの駆動系セッティングです
DSC08509.jpg

「WR もうチョッと軽い方がイイんじゃな~ぃ」
と言ってしまった わたし!

また墓穴を掘ってしまったかのように思えちゃいました(笑)


またしても、私のおもちゃ箱へ・・・


ハイッ ざんね~ん

最近、私のおもちゃ箱には WRが品薄状態!
丁度ほしかった4gが欠品 (ニッコリ)


しっかし!ホントな~んにも持って来ないで よくココまで整備したよな~ と思っているところへ

DSC08512.jpg

「被害者友の会」のorecamoさんが新品のWRを出してきました(笑)


なんて恵まれた環境なんでしょ! 
ラッキーと言うか ココまでお金を掛けずに完成してしまうビーチさんって!


最終、もうチョッと煮詰めが必要ですが
走りの方は底々イイ感じ~に仕上がりました。



>走りの方は底々イイ…

      


って事は、この後も別のことがまだまだ・・・


つづく (笑)







コメント(2) 

くず鉄号 復活までの軌跡! Ⅱ [メンテナンス]

くず鉄号 (仮名ビーチ号) のその後 書きま~す。

調子の悪かったのは、ピストン&シリンダーがダメダメだったから・・・
と言う事は分かりました。

これはあくまでも、壊れた部品がピストンとシリンダーだったって事で
調子の悪かった根本原因ではありません (くれぐれもお間違いのないよう・・・)


で、ダメだった部品を交換です。

もちろん ビーチさん(仮名)はピストンなんて持って来ていません

ただ… シリンダーだけは持ってきたようで
私達に見せてくれました。

    即、却下!でしたが!(笑)

って事で、シリンダーもピストンも その他ガスケットやニードルベアリングetc・・・
なぁ~んにも無いのに、シリンダー交換が始まりました。


最初の作業は!
DSC08462.jpg
オイオイ・・・
ウチのガレージ 家捜しするところからかよっ!
DSC08463.jpg
みんなで引っ掻き回してます
DSC08464.jpg
各自、探しているものは別なようです (エッ!)

なぜか、キャブを見つける人やハンドルを手にしている人・・・

おーい それは余ってる部品じゃ無いですからー↓
DSC08467.jpg
私のATVからパーツを外していこうとする・・・(笑)


と、色々なモノが出てきたようですが
実際に必要なのは、シリンダーとヘッドです。
結局、シリンダーは3個、ヘッドも3~4個見つかりました。
その他水冷シリンダーも2セット見つかりましたが、コイツはそぉ~っと隠しておきました(笑)

その他、ガスケットやピストンなどは
先日落札した YAMAHA純正の新品パーツ すべてを使うそうです
DSC08375.jpg
しかも、当たり前の様に箱からポンポン出しています。


まずは、ベースガスケットを組む前にエンジン側に残っている古いガスケットを取り去ります
DSC08465.jpg

キレイになったら、ベースガスケットを組み付けます (上から差し込むだけですけど) 本人が作業しました。
DSC08470.jpg

次に、これまた新品のYAMAHA純正ピストン・・・

新品のYAMAHA純正リングを2本組み付けて コンロッドへ取り付け・・・

と、その前にニードルベアリング新品 (新品新品ってシツコイでしょ(笑)) に2ストオイルをまぶします

スミマセン、新品の2ストオイルの在庫 ありませんでした(笑)
仕方ないので、某S沢さんのオイルタンクへ

   オイルフォンデューです

DSC08472.jpg

棒の先にニードルベアリングをぶる下げて、オイルタンクに付け込みました。

まったりとした2ストオイルとベアリングが程良く絡んで・・・(笑)


ピストン、組み付け作業開始!
当然、くず鉄号オーナーは見守っていました(笑)

私も手伝いましたが、この日はまったく集中力が無く・・・

orecamoさーん ご苦労様~ (笑)


ピストンの取り付けが出来たところで、大切な私のシリンダーが組み込まれます

これくらいは、本人が・・・


やりません


リングを押さえつけながら、シリンダーを上から差し込むだけなのに・・・

私がやりました 

DSC08476.jpg


オッ! つらつらのクリアランス バッチリと言うか 圧縮高すぎないか心配なくらいです。


最後にヘッドを・・・
DSC08478.jpg

これも、おもちゃ箱から見つけてきた物です
私も なんでこのヘッドが有るのか分かりませんが、とにかくおもちゃ箱にありました。
ほんの少し削ってあるようでしたが、気にせず・・・



ん  

本日、サーバーの調子が悪いようです。
2回ほど画像UPを試みましたが、なかなかUPされません。

よって、この続きは 次回に・・・


       つづく






コメント(7) 

くず鉄号 復活までの軌跡! [メンテナンス]

今日は こんなお題にしてみました

「くず鉄号 復活までの軌跡!」


そうです! 日曜の詳細記事を書こうと思ったのですが
よ~く考えたら一日中 くず鉄号の修理をしてたんでした(笑)

よって、日曜の詳細・・・ 改め!くず鉄・・・(爆)

何度も何度もくず鉄って書いたらかわいそうですネ


では、日曜に起こった くず鉄号(あっ!また書いちゃった)の色々な事を書いてみます。


金曜の夜から このATV ウチにお泊りしてました (事の発端はココを読んで下さい)


ウチに来ちゃってる物は仕方ありません
治すしかないですよねッ

さて、作業が始まったのが10:30頃だったかな~

まずは駆動系の再チェックをして・・・ プーリー側を外しました

駆動系は問題ないことを確認して
やっぱりシリンダーだよな~ と!

DSC08420.jpg
orecamoさんと相談しながら作業を進めているビーチさん

この画像、チョッとボカシいれましたが 良くみると二人の目線が違う方向いてるでしょ!

そうです。シリンダーを見ているのはorecamoさんで
そっぽを向いて、聞き流しているのがビーチさんです(笑)

いつもニコニコ人任せ! これがビーチさんのいつもの手です(爆)

なぜか分かりませんが、みんなが手伝いたくなっちゃう雰囲気をかもし出すのがうまいんです


さて、ヘッドを外すと こんなでした
DSC08422.jpg
オイオイ、真っ黒なのはま~由として・・・
そのボコボコしたヘッドは ナニ?(笑)


ピストンを覗くと…
DSC08434.jpg
ボッコボコと無数のクレーターが!
月面ピストンになってます(笑)


簡単なところは本人が手を出してきます
DSC08438.jpg
DSC08440.jpg
ただシリンダーを上に抜くだけの作業


はっ! はぁ~?
DSC08447.jpg
ナンですか?このピストンは?
ど~やったら ココまでボコボコになるんでしょうね~

よっぽど酷使されたんでしょうね!
こんなになるまで…
DSC08451.jpg


ココで 不調の原因は確認されました  が!

他にも問題を抱えている くず鉄号
DSC08457.jpg
なにやら、やわらかい口調とつぶらな瞳でorecamoさんに訴えてました

聞けば・・・
先日の失敗作業の結果 オイルポンプを止めているネジを舐めてしまい
オイルポンプが外れない事を訴えているようです。

結局!orecamoさんが・・・(笑)
DSC08458.jpg
色々外してました


ほらっネっ!
DSC08461.jpg
見守るだけでどんどん作業が進んでいきます

「エッ~ わたしわかんな~い!」(女子高生風)
と言ってるだけで作業が進む奇特な方です ビーチさん(笑)
このあとも最後までこの調子を貫けるんだから 凄いです(爆)

恐るべしビーチさん


前半戦、くず鉄号解体作業はココまでです。
お後は次回の記事に つづく・・・


あっ!本日の記事に登場する人物名はすべて架空の人物です
間違っても、普段登場するビーチさんではありませんので誤解しないよう・・・








コメント(5) 

ヘトヘトの日曜日 (あらすじ編) [メンテナンス]

やっと・・・  嵐のような楽しい週末の あと始末が終りました。(?)


この週末 久しぶりにヘトヘトになるまで遊びました。

ヘトヘトになる程の楽しい週末だったと言うことですが、この歳になると・・・(笑)


さて、本日はあらすじ編ですので 大雑把に時系列で週末の様子をお伝えします


始まりは…

21:30(土曜日)
毎度のごとく、ヘンテコなジムニーが迎えに来て ( …くれて?)
三浦に向けて楽しい週末は出発しました。

23:30
「木の葉の様な…」
DSC08396.jpg
大型クルーザーでイナダ釣りに出発しました。

笑顔の監督!
DSC08397.jpg
この人は2回目、私は初めて
どうなることやら不安な私をニコニコと見つめる監督です。


中略 ( イナダのルアー釣り。朝までに4人で29本のイナダをゲット!)


07:00(日曜)
楽しいルアー釣りを終え・・・
DSC08410.jpg
大型クルーザーで岩場から戻って来ました (無事戻ってこれました(笑))

私もこのクルーザーに乗船しました
チョッとだけタイタニック号の乗客の気持ちが分かりました(爆)

MBRCつり倶楽部、普通とはチョッと違うメチャメチャ楽しい釣りでした。
初心者の私に最高のロッド&リール(約20万円)を貸してくれた(裏番)
一番つりのし易い平らで安全で魚の釣れる場所で釣らせてくれた(岩〇さん)
仕事に行かなければならないのに、わざわざ大型クルーザーを運んでくれた(藤モリモリさん)
帰り道、寝ながら運転してくれた(監督)

みんなありがと~
お陰様で8本ものイナダを釣ることが出来ました。

釣りをしている画像 すっかり撮り忘れました(笑)
カメラを持つような暇も無く楽しく楽しく釣りをしてました。


なんだかんだで、帰宅したのは10:00頃だったと思います。


ふつう、寝ないで釣りを楽しんだら
帰宅後はバタンキューで寝ますよねッ
イナダを8本も釣ったら、もうそれだけで最高に楽しい週末です
帰ってからは、月曜から始まる仕事の為にカラダを休める時間に費やします よネッ!


ここで休ませてくれなかった人が・・・

10:00 画像右側の人物!
DSC08415.jpg
そうです。先日回収してきた くず鉄号の持ち主
ビーチさんが我が家に襲撃して来ました。



逆に、朝まで一緒にイナダ釣りを楽しんだ 監督は今にもマブタがくっつきそうな顔で
帰って行きました (エッ!)

監督と入れ替えに、茨城からも襲撃者が2名!

つりを楽しんだ仲間と別れて
間を置くことなく、ATVで遊ぶ仲間が襲撃してきました。 



10:30 内臓摘出手術開始!
DSC08418.jpg
エッ!私はイナダの内臓を摘出してますが
向こうではATVの内臓を摘出してます。

11:00 内臓摘出手術完了!
DSC08455.jpg
イナダ8本の内臓と くず鉄号の内臓が摘出されました。
どちらもグロテスクです。

特にくず鉄号の内臓は、とても直視出来ないほどの有馬様でした
DSC08447.jpg
笑笑笑笑笑…
こんなピストン始めてみました。

騙し騙し乗る・・・ と言っても限度ってモンがあります よネッ!(爆)



以下 ↓ ガレージに集う仲間達のスナップ写真です

問題山積みのビーチ号(くず鉄号)と仲間達
DSC08459.jpg


ガレージからパーツを略奪していく者達!
DSC08463.jpg
ウチはフリーマーケットじゃありません
しかも なんでも無料(フリー)だと思ってませんかっ?


通りすがりの人も 横目で冷たい目線を浴びせていきます
DSC08479.jpg


orecamoATV電装サービスさんも大活躍 させられてます
DSC08517.jpg


通りすがりの人も あこがれの目線を浴びせていきます (目線は私のATVに!)
DSC08525.jpg



17:00 みんながやっと帰ってくれて
DSC08533.jpg
フリーマーケット状態のガレージがやっと片付きました。



ヘトヘトの日曜日、あらすじはこんな感じの日曜日でした。

詳細、近日公開します。


参加者限定!


コメント(8) 

クラッチメンテナンス [メンテナンス]

先日のプーリー調整後
クラッチの繋がり方がヘンだったのを放置してまして・・・

週末に整備する予定でしたが
拠所ない事情が発生してしまい
平日の夜にもかかわらず、ATVの整備しました。

さて、ヨンドコロナイ事情は後で書くとして…


カバーを外すところから!
DSC08321.jpg
私の大切なATV、普段はこんな風にカバーを掛けて軒下に放置してあります

さて、本題から外れますが
私の工具箱です
DSC08322.jpg
散らかり過ぎ! ですが、ここから あるパーツを発掘しなければなりません

全てをひっくり返して
やっと見つかりました

コレです
DSC08324.jpg
センタースプリング、3000キロ程使用の中古品


それから、これも本題から外れる話ですが
工具箱に新しい工具が追加されました

コレです
DSC08326.jpg
5ミリの六角ビット!
前から欲しかったビットがやっと手に入りました。

今夜はコレを使って…
DSC08330.jpg
プーリーカバーをとめているボルトのうち
たった一本だけ、この六角ボルトで止まっていたのです。
いつもはL字のレンチで回していたのですが、今日からスムーズに取り外すことが出来るようになりました。

勢いに乗って、全てのボルト(ケース周りだけ)を六角に変えようと思っています。


本題に戻ります

ステップとプーリーカバー周りのボルトを外し…
DSC08332.jpg
あれれ!なんかボルト少なすぎですネ! 気にしないで下さい(笑)

クラッチアウターが見えてきました
DSC08334.jpg
相変わらずのマロッシアウターです。

アウターを外すには、こんな工具が必要です
DSC08338.jpg

使い方は・・・
DSC08342.jpg
アウターを押えながら、真ん中の17ミリナットを外せば

簡単にアウターが抜けてきます
DSC08344.jpg

さて、繋がりにムラがあったアウターの様子です
DSC08345.jpg
黒い汚れが…
回転方向にキズが…
サビが…

そうです。先日の大雨での走行が悪かったのでしょうか?
雨水がクラッチにバンバン入ったのでしょうか クラッチベルの内側がチョッと…

普段 私は
プーリーカバーの外側、プラスティックのカバーを付けていません
駆動系の整備のときにイチイチ外すのが面倒なので、いつも外したままです
(良い子は真似しないでねッ(笑)

カバーが無いので、雨の日はクラッチのクーリング用の穴から雨水がバンバン入ってきます
そのせいだったのでしょうか!
クラッチが汚れていました。

さて、このクラッチを (画像2回目です)
DSC08345.jpg

400番のペーパーでゴシゴシ磨いて、パーツクリーナーで洗って
DSC08349.jpg
こんな感じにピカピカザラザラに復活させました

ん~ この程度でイイのだろうか・・・?

ま~ クラッチベル復活と勝手に判断して
組み付けです

DSC08351.jpg
相変わらずの、マロッシフライクラッチです。

組み付けは、外すのとは逆にナットを回すので
DSC08357.jpg
工具をかける位置が違います。
分かりますよねッ?

ナットを右に回して締めこむので
アウターが同じ方向に共回りしないように抑えます。

ナット取り付け完了
DSC08359.jpg

ここで忘れてならないのが!
DSC08360.jpg
赤矢印で指している 小さな黒いゴム!

これ、よく無くしたり取り付け忘れたりしますので気をつけてください


ついでに、ベルトの様子も確認しておきました
DSC08362.jpg
KITAKOのロングベルト、現在廃盤だそうです(涙)


今日は、こんな道具達に手伝ってもらい
クラッチメンテナンスが完了しました。

テスト走行は、いづれ・・・



さて、ココから ヨンドコロナイ事情を書きます。

実は、この工具達
ゆかいな仲間に貸す事になってしまい(笑)
その前にどうしてもクラッチをバラしてみたかったので
平日にもかかわらず こんな作業をすることになったのです。

一部の事情ツーの方はお分かりと思いますが
ビーチさんのATVが、原因不明の走行不能車となっています。

色々原因を考えてはいるのですが、どうもクラッチが怪しい・・・ ?

と言う事で!
工具一式と思い当たるパーツをまとめてみました。
DSC08366.jpg
センタースプリングやクラッチアウター、クラッチ本体 等を収めた箱です。

箱のフタには何やら文字が書いてありました
DSC08367.jpg
・・・?
どうやら お決まりの定価の様です(笑)


で!

おーい!仕事抜け出して 
ウチで1時間も遊んでるんじゃなーい (爆)
DSC08369.jpg

黒塗りのビーチ号でお帰りになりました。


簡単に治る事を祈ってます。

でも、他人のATVが調子悪いのも 面白いです(エッ)

いえいえ、他人の不幸は蜜の味 って意味ではなくて

調子良いバギーは、何もやる事が無くてつまらないだけです。
少しくらい我侭を言うような、そんなATVが私は好きです。

何かの整備をして、その結果が現われ
元気良く走るようになるATV 

そこに愛着や楽しさを感じるような・・・

そんな事が、たとえ他人のATVであっても同じように思えます。


ま~ ビーチ号の事だから なおさら楽しいのかもしれませんけどね~ (謎&爆)


仕事を抜け出して 1時間も我が家に居たビーチさん
ATVの修理がメインの話題かと思えば・・・
話す内容は、水冷化の事ばかりでした!


まずはしっかり治してからの話だろ~が!(笑)










コメント(8) 

消えたボルトは何処へ [メンテナンス]

のんびりとした体調の悪い日曜日!(謎)
スクーターの軽整備も終わり
ふと ATVを眺めてみると・・・

DSC08248.jpg

オォ~

ボルトが な~ぃ

DSC08246.jpg
メーターセンサーのマグネットを止めているボルトが無いじゃないですか~

このまま走っていたら…(汗)

ここで気が付いて良かったです。

早速、ホームセンターにボルトを買いに行ってきました
DSC08250.jpg
M8 20ミリ ピッチ1.25でした。

DSC08253.jpg

ま~ ボルトさえ揃えば あとは締めこむだけで完了です
DSC08258.jpg

ステンのボルト ってのが少し問題ですが
とりあえずマグネットが飛んでいかなくて良かったです。

先日の房総トレーラーツーリングで無くしたのかな~

みなさんも たまには点検してみて下さい
私は以前もココのボルトを無くした事が有ります 今回で2回目です。


一人でのんびり日曜日、色々作業がはかどります
続きは次のブログネタとして…






コメント(3) 

いっしょうけんめい遊びます [メンテナンス]

夏は忙しいです
毎日猛暑と言われ、何リットルも汗をかいて…


月に一度位は、楽しいツーリングをしたいと1年中思っていますが
夏だけは違います。

ココのところイベント多過ぎです(笑)


そうです。 明日はユナリチャンピオンシップです

前回、新潟は遠すぎて行けませんでしたが
今回は近所?のfujiganeオフロード 行けない理由が見つかりません(笑)


はいッ 自走で行ってきます



と言う事で・・・

昨夜、ほっぽらかしのATVを整備しました。


DSC06748.jpg

ま~ 数日前もノーメンテで夜中に埼玉まで走ったので
問題は無いはずですが

出だしのクラッチミートのタイミングや
ミートしてからのヘンな加速感などが気になったので

センタースプリング新品を用意しました。

まずは・・・(いつも似たような画像ですが)
DSC06750.jpg


WRのチェック!前回、何グラム入れたか忘れてたので確認
DSC06752.jpg
ピンクとブルーが入ってました
4.5gと5.0gです (WR色別重量表)
WRはとりあえず弄らずにおきます


クラッチのアウターは?
DSC06754.jpg
ん~ まあ大丈夫でしょ!


クラッチ外して・・・
DSC06755.jpg
DSC06759.jpg
もっと外して・・・
DSC06763.jpg
あっ マロッシのトーションコントローラーが!
そう言えば、前回こいつを入れてみたんでした(忘れてました)


いよいよセンスプ・・・
DSC06766.jpg
左が使用品、右が新品

・・・たぶん!

油の乗り具合で判断するしかありません
チョッと目を離した隙に、どっちが新品だか分からなくなります


トルクカム溝位置・・・
DSC06768.jpg
ここでいいでしょ! (もしかしたら、真ん中の溝に変えた方が良かったかもしれません)


マロッシ フライクラッチ
DSC06772.jpg
スプリングは標準、4500回転辺りで繋がります


新品センスプ入れて・・・
DSC06777.jpg
DSC06775.jpg

クラッチ付けて・・・
DSC06782.jpg

プーリーは全て洗浄後、グリスを塗りなおしてたたみました

駆動系セット完了
DSC06793.jpg
ベルトの上がり具合 いい感じです。




最後にキャブ調整・・・

やろうと思って、プラグの確認しましたが
きれ~な色だったので止めました(下手にイジッて壊れるよりいいでしょ~)

プラグは新品に交換しました。



さて、明日のツーリングの為に工具の準備!


あっ!今回は参加台数3台 うちnaoちゃん号が居るので
工具箱同行みたいなモンです

って事で、道具はこれだけにしました(笑)
DSC06803.jpg
大丈夫か?俺!


明日の予定
某naoちゃんちまでトランポに乗せて行きます
相模原某所(naoちゃんち)出発は、5時頃を予定しています
ルートは「道志道」 わたしの一番好きなツーリング道です
途中、道志道の駅6:30頃休憩 
山中湖を通過して なるさわ道の駅7:30~8:00頃
現地到着8:00~8:30を予定しています


どなたかご一緒してみたい!って方は大歓迎です
途中で待ち伏せして下さい
予定を遅れることはあっても、早く通過してしまうことはたぶんありません
だって、普通のメンバーですもん(笑)
(参加予定車両:カーボン号、naoちゃん号、ぺちゃんこ号 この3台です)
速さを楽しむのではなく、ツーリングをのんびり楽しめるメンバーです (アフォですけど!)



さてっ! トランポにATVを積み込んで寝よ~

身内メンバー様様
起床は朝4時頃、それまでは絶対に電話連絡禁止です


今夜の続きはありません (ブ~ちゃんへ)





メンテナンス間に合うのか! [メンテナンス]

ツーリングに向けて
メンテナンスです。

今更、全てやるのはムリ!

とりあえず、仲間達に迷惑だけは掛けないように・・・

ツー前 最後のお天気な夜、今夜出来る限り・・・

って事で、文章書いてる余裕が無いので、今夜は画像ばっかりでupです

何をやってるかは、ご想像にお任せします(笑)


まずは、昨夜 暴走子で買ってきたコレから・・・
DSC05921.jpg
DSC05929.jpg
DSC05922.jpg


続いて、リアハブの緩みを確認・・・
DSC05930.jpg
DSC05931.jpg
DSC05935.jpg
DSC05936.jpg
微妙に、ピンの向きが違うでしょ!
その分だけ締めこみました。もちろん左右均等にネッ!
ギシギシ言ってたリア周りからの異音が無くなりました。


ロンスイ周りも増し締め・・・
DSC05933.jpg


続いて、フロントの・・・
DSC05938.jpg
DSC05939.jpg
DSC05942.jpg

ここで、凄いもの発見しちゃいました
DSC05943.jpg
DSC05949.jpg
こりゃ~ ヤバイぞ!
左フロントのブレーキ、引きずってたのかな~
見て良かったと言うか!ここまで気が付かなかった私も・・・
DSC05951.jpg
DSC05956.jpg
DSC05958.jpg

ブレーキの引き具合を調整のつもりが・・・
DSC05968.jpg
この後、1時間半 調整に費やしました。


しまいにゃ~
DSC05970.jpg
ブレーキレバーの引きしろを増やす為に、妥協していたアクセルグリップの位置も調整


なんだかんだで、21時から始めて 終った頃には日付が変っていました。
DSC05972.jpg

これで、足回りは完璧!


エンジンが壊れて脱落することはあっても

止まれない とか! タイヤがコロコロ・・・とか!ネジが緩んでグラグラとか
そんなつまらない事で
仲間に迷惑を掛けることだけは無いでしょう


あとは、当日 エンジンが何処まで持ってくれるかだな~

最近、コイツで走ってないので とってもとっても心配です。


明日はゆっくり寝て、土曜の晩に備えるぞ~ ウォ~



業務連絡 > 餃子ツー参加のみなさんへ
意外と見落としがちなのが各ボルトの緩みです。
私の様な いい加減な方は居ないと思いますが
長距離ツーは、何があるか分かりません
出来ることは、最低限・・・  いやいや 出来る限りやっておきましょう

こんな事を言ってる私が最初に脱落したりして・・・(笑)

でもね、何があっても楽しいツーリングです。
壊れるのだって ある意味 楽しい出来事に変る位に ツーリングは楽しいです。
つまらない事で躓かないよう やれる事はやっときましょ~


P.S
今夜の作業中に、迷惑な電話が何本かありました
みんなメンテしてるんだな~ と確認が出来たのはイイのですが
私も素人なんだから・・・ (大笑)


     頑張ってる人は好きです
     ホントは
     決して迷惑だなんて思ってません

     だからって、毎晩々電話してくるなよ!     


           パンちゃんへ tomonoeより(笑)








ツーリングまで あと一週間 [メンテナンス]

いよいよ、来週の日曜日は 宇都宮餃子ツーリングとなりました。

明日は、一週間前の大切な日曜日

この日をどれだけ一生懸命整備するかによって

当日の笑顔が・・・


さて、明日の予定です。
DSC05779.jpg

まずは、電動ポンプの配線をメンテ
orecamoさんから頂いた、伸縮チューブで銅線の見えている配線を治します。

水温計も、新しく買ってきて取り付けないと
水温がわからない状態では長距離は怖いです。

ガレージでそんな事を思い描いているところに・・・

ヘンな車がやってきました
DSC05767.jpg
黒塗りのおっかない車?

いきなり!トランクを開けて
imgout.jpg
光物を出してきました(笑)

これど~すんのよ?

有無を言う間もなく・・・
DSC05783.jpg
どうして、私のトランポに積み替えるのかな~?


明日は、自分の事だけではすみそうにありません

カーボン号の整備前に、これを仕上げろとの命令です

悔しいので、ガリガリ傷だらけにしてやる~(笑)


 さてさて、明日はどこまで出来るやら・・・

     って!明日終らないとツーリング行けないんですけど・・・(笑)

DSC05748.jpg




メンテナンスな日曜日 [メンテナンス]

7月20日の餃子ツーリングに向けて
ATVの整備?です

DSC05662.jpg

久しぶりにカーボン号出してみました(笑)

yoreyore号
DSC05618.jpg

カーボン号
DSC05619.jpg


どちらで出撃するか悩んでいたのですが…

今回の餃子ツーリング、雑誌の取材も入る予定との事
「身だしなみに注意!」とのお達しが来ましたのでカーボン号で出撃する事にしました エッ!

房総イチゴツーリング以来、久しぶりにエンジンに火を入れました(笑)

外していたパーツが多かったので
エンジン始動するまでに、かなりの時間がかかりました
プーリー、クラッチ、駆動系は全てバラバラ

エンジンをかけようと、燃料コックを開いて セルを回すと

シュルシュルシュル・・・

ジョボジョボジョボ・・・

         エッ?


下を覗くと、ガソリンの池が・・・

       燃料ホースを外した事も忘れてました(笑)


再び、セルお~ん

シュルシュル・・・



ばぁ~ん





エッ 爆発したわけじゃありませんョ


3ヶ月ぶりに始動した カーボン号
最初はチョッと不機嫌でしたが、アイドリングも安定して
見事に息を吹き返しました(笑)

さて、ココからが本日のメンテナンス

キャブセッティング!
スロージェット50番
メインジェット105番

すんなり決定    ・・・つまんないな~

んじゃ!プーリーを交換してみるか~

DSC05681.jpg
向かって左:マロッシ ずいぶん前に落札した物で、おもちゃ箱の隅から発掘しました
向かって右:ポリーニ 先日、某shopで頂いてきました

どちらも専用WR、めんどくせ~
DSC05683.jpg
(左右は上の画像とは入れ替わって下ります)

大事な画像?
DSC05680.jpg
あまり良い画像ではありませんが
どなたかの参考になれば・・・(笑)

結果!

どちらのプーリーも ダメダメだ~

WRのセッティングとかシムの厚さとか言う前に
これらはスクーター用なんですね しかもかなり高回転用!
やっぱりヨーロッパ仕様のスクーター用プーリーみたいです

台湾製の重たいATVには向かないようです(笑)

     しかたないので このプーリーは・・・エッ!
             (いづれ公開します)


結局、元の北洋プーリーに戻して、WRだけ確認して終りました。


本日の襲撃者
DSC05623.jpg
よれよれ号じゃありませんよ~

分かるでしょ この違い!
DSC05688.jpg

さて、久しぶりのブログ 疲れました
DSC05689.jpg

そうそう・・・
ヨレヨレ号もチョッとだけ整備
DSC05621.jpg
こいつ外して、キチンとしたステップ付けました。

もしかしたら、旅立つかもしれないyoreyore号です。
どこかで見かけたら宜しくお願いします













ドンガラから慣らしまで [メンテナンス]

本日も予定どうりの楽しい日曜でした

作業は、AM10:00よりPM22:00まで

参加者は、 某コバヤシくん &笑顔の監督 でした


では、本日の様子を画像でご覧ください  (今日も手抜きの記事で~す)


AM10:00 私にしては早いスタートです
このフレームを眺めつつ・・・  エンジン組みあがってない(汗)
今日中に走れるようになるのだろうか? 一週間後にはコイツに跨って房総半島をツーリングするというのに!
DSC01622.jpg
とりあえず、フレームはこのまま放置して


エンジンから組まないと・・・
あっ シリンダーのバリ取りすら まだやってないんだ
DSC01624.jpg
前回、クランクベアリング交換&クランクケース内加工(他人任せ!)のまんまです。


なんだカンダで、AM10:40 ポリーニシリンダー&ステージ6ニードルベアリング登場です
DSC01627.jpg
さっそく シリンダーのバリ取りを始めようと・・・
あっ 2ストオイルがナ~イ! 買いに行く時間がもったないし どうしよう・・・


で、この画像なんです(笑)
オイルタンクからバリ取り用のオイルを抜いてます
DSC01629.jpg
矢印のところ見てください あったまイイでしょ~  (ただの準備不足ですかね!)


まずは、600番のペーパースカートの部分から削ります 簡単なところからだよね
次に排気ポート・・・  あっ画像では順番が逆に載っちゃってます
DSC01631.jpg
結局、バリ取りだけで1時間費やしてしまいました。
もちろん、一人でボ~ッと磨いていたわけでは有りません。 この時 既に訪問者が・・・ (ダレでしょう?)
DSC01630.jpg
訪問者のヒントは3つ
①これからATV50を手に入れる人
②ほとんどお金を掛けずにバギーを手に入れる人
③現在所有はして無いけれど、そんな人の中で一番 色々なバギーを見ている人

               正解は下の方に出てくる画像でご確認ください どっちかです。


12:00 イヨイヨシリンダー組み始めます
レーシングクランク バッチリセンターでてます。 
またしばらく会えなくなるねー (笑)
DSC01634.jpg
今回は、エンジン単体ですので セオリーどうりシリンダーを立てた状態で組みます
そんなの関係ネ~ って人も居ますが、物理的に考えてもエンジンを立ててピストンの上下運動を世の中の重力と力を合わせながら芯出ししたほうがより良いと思うんですよね
ま~ 自分のだから大事に大事に組むだけで、他人のだったら やっぱり そんなの関係ネ~・・・かもしれませんね


エンジン 四角い訳じゃないので立てるのに苦労します。こんな箱を使って 隙間をダンボールで埋めました
DSC01635.jpg


スタッドボルトくん達
DSC01637.jpg


ダブルナットでキッチリ締め込みます
DSC01641.jpg
これで準備はOK


12:15 ガスケットの確認をして
DSC01643.jpg


ピストンから取り付けです 
今回投入のニードルベアリング、画像撮り忘れました
DSC01648.jpg
水冷シリンダーでは、今回初めてエンジンを立てた状態で組みました。
車両にエンジン付いたままの組み上げの場合
メンドウなのと体勢がツライのもあって、シリンダーとピストンを先に組みつけてからエンジンにドッキングさせる事が多いのですが
この状態で組むのは楽です ピストンも目の前でしっかり確認しながら取り付けられるし


シリンダーも慎重に組み付けることが出来ます
DSC01653.jpg
ただ・・・
ピストンピンやクリップを取り付ける際に、クランクの中にパーツを落とさないように注意が必要です

もう、何年も前の事ですが 自分一人で始めてシリンダーを組んだときピストンのクリップをクランクの中に落としたことがありました。あのときはあせりましたねー 
まだ、ノーマルクランクだったから割り箸を突っ込んで取ることができたけど レーシングクランクでクリップ落としたら悲惨だろうなー

だから、クランクにタオルペーパー突っ込んで有るんですョ (ま~あたりまえの事ですが気をつけましょう)

ついでに、失敗談として 全てシリンダーを組みつけて ナットを締めようと思ったときにベースガスケット(シリンダーの下に入れるガスケットね)を忘れていたことも有ります (数回・・・アフォです)

上のピストンが写っている画像でご確認ください
チャンとアルミのベースガスケット付いてるでしょ!




12:30 最後にヘッドを組み付けます
DSC01663.jpg
ここで、空冷の場合ヘッドガスケットを入れ忘れるんですよね~
これは水冷なので忘れるというより、ガスケットがうまく はまったままヘッドを付けるのに苦労します。

因みに、外側とシリンダー側とスタッドボルト4本に各1個づつ 合計6個の黒い輪ゴムみたいなガスケットをヘッドに張り付かせたまま合体させます
コツって訳じゃないけど、各輪ゴムには2ストオイルを薄っすら塗っておきます これで有る程度は張り付いていてくれます。

でも、2回~3回やりまたけど!

しかも、一度組んで心配になってまた空けて見たりもしました(笑)
(shopさんに頼んじゃえば、こんなの確実にやってくれるのに・・・ でも自分でやるのが楽しいんですよね)

ヘッドを(たぶん)うまく乗せられた状態
DSC01665.jpg
まだ、ナットを締める前です
水冷のヘッドには沢山穴が空いています(笑) 各穴の説明を・・・

そんな説明必要無いって?
ま~ もしかしたら始めて水冷シリンダーを組もうと思ってる人も見てくれてるかもしれないから・・・
(参考になれば・・・程度で)
ヘッドの真ん中は 当然プラグの穴です。
画像向かって右側の穴は、水温センサー用の穴
手前のヘッドから飛び出している穴はクーラント用outの穴
分かり辛いですが、水温センサーの穴より右側にシリンダーから生えている黒いパイプの様なのが
クーラントinの穴なんです (二つ上の画像、ヘッドが付いてないシリンダー画像の方が分かりやすいかな~)
そして、画像手前 金色の二つの細いパイプが・・・何なんでしょうね~(笑)
クーラントを入れたときにエア抜きするときに使ったりしますが、一本のチューブを両方に差し込んでいます
たぶん・・・多分だけど、長いチューブを繋いでキャブ周りに絡めて アイシング対策に使ったりするのかなー?
グリップまで伸ばして冬場のヒータに使ったりして(笑)



ハイッ シリンダー組みつけかんせ~い
DSC01670.jpg



DSC01674.jpg



DSC01682.jpg



DSC01683.jpg



DSC01684.jpg



DSC01687.jpg


⑳①
DSC01695.jpg


⑳②
DSC01698.jpg


⑳③
DSC01699.jpg


⑳④
DSC01706.jpg


⑳⑤
DSC01707.jpg


⑳⑥
DSC01712.jpg


⑳⑦
DSC01714.jpg


⑳⑧
DSC01715.jpg


⑳⑨
DSC01719.jpg


⑳⑩
DSC01726.jpg


⑳⑪
DSC01730.jpg


⑳⑫
DSC01735.jpg


⑳⑬
DSC01738.jpg



画像upするだけで疲れました(笑)
画像の上に数字の記しを載せました 近日 記しから文章に変えますのでそれまでは想像で読んでください

注:なぜか笑顔の監督!その訳は?


ふ~っう
久しぶりに一週間毎日書いてみました

明日からは、来週のツーリングに向けて毎晩慣らし&セッティングの為
お休みしま~す

経過報告をコメント欄に文章だけ載せて見ます。おヒマな方は↓覗いて下さい




今後の計画、構想、妄想? [メンテナンス]

さて、エンジンを外した私のATVですが・・・

あっ 外した方はこっちの画像だ!

ま~ 同じ角度からの画像だと

なんとか見る影が・・・ と言うか 使用前使用後みたいな・・・

既に伸ばすとか広げるとかは全てやってしまったので

あとは、やっぱりエンジンですよね~

頭の中で思い描くのは あれもコレも・・・なんですが

具体的に考えていることを少し羅列してみます。

  1. クランクベアリング交換(日本製のC4に)
  2. クランクケース内パテ盛り(1次圧縮をあげるby裏番仕様)
  3. ワンウェイクラッチのとっぱらい!(薦められてるがあまり・・・)
  4. エンジンの塗装(つや消しブラックに塗りたいな~)

ってこんな事を妄想しています。

 

あと、シリンダー&ピストンに関しては 只今 多いに悩んでおります。

おnewなシリンダーキットが現地で欠品中との事で入手が大幅に遅れています。

               

かくなる上は!現在のシリンダーを再利用(地球に優しいエコだよね)

  • ホーニングで出来る限り傷を無くして、同サイズで精度の良いピストンを探して組みなおすか!
  • オーバーサイズ(ボア40.1)ピストンを取り寄せて、シリンダーは適正なクリアランスでボーリングしてもらうか!
  • シリンダーもピストンも手作業400番で削って、お安くごまかすか!
  • こ~なりゃ 仕方が無いので ぼああっぷシリンダーを取り寄せて 一気に違法車両に仕立ててしまうか!

ガスケットキットだけは、2セット取り寄せ注文してます。このガスケットが届くのが今月末頃だろうから それまでにどれにするか決めないとなりません

モチロン、4つ目のぼああっぷは冗談ですが いづれにしても新しいキットを買うよりはリスクの有る組み上げとなります。

エンジンすら放置状態なのに、頭の中は色々な考えでいっぱいです

ま~ それもまた 楽し!と思って 妄想中の今日この頃です。

 

今日、改めて自分のATVを眺めましたが、これが元に戻るのだろうかと 少々の不安が過ぎりました。

来月のツーリングには間に合うのだろうか!これから忙しくなりそうです。

 

 

 

また、↓ATVに関係無い事です(読むだけムダ文章) 

続きを読む


コメント(2) 

ドンガラ仕様 [メンテナンス]

先日より計画中のFULLメンテナンスを始めました。

と言っても、昨日の作業内容なんですけど・・・

キッチリと仕上がってるような外観ですが、中身は2年の疲れが・・・

まずは カウルやステップを外して  

チャンバーも外して・・・

チェーンも外して・・・

プラグコード、オイルホース、配線をどんどん外して・・・

フレームエンジンを繋げている、4箇所のボルトを外して・・・

よっこらしょ~

ど~ん とエンジンが外れました。

ハイッ ドンガラ仕様の完成です。

これで坂道を駆け下りたら楽しいだろうな~

なんだか、見る影も無い・・・ と言うか無残なカッコですね!

さて、外したエンジンは

こんな感じです

シリンダーも外しちゃいます

う~ん 微妙に縦傷が・・・

仕方ありませんネ このまま組むつもりもありませんが 大事なシリンダーです

せっかくなので、こんな角度からスイングアームを撮影しておきました

さてはて・・・ この先 どうなるんでしょ~

この後、リードバルブ、プーリー、ワンウェイクラッチ、クラッチ、トルクカム、その他大勢を外して この状態にまとめました。また組み直すことが出来るのだろうか チョッと心配ですが、ま~困ったときはいつもの仲間頼みで・・・

知らない人が見たら、くず鉄ですね

でも、私には宝箱なんです(笑)

さて、ドンガラ仕様はどうでもいいのですが この後の作業は今週末に続きます。

予定としては・・・

クランク割り→クランク内パテ盛り仕様→newベアリングで組み直し

蘇れ パワーアップエンジンです。

凄いでしょ!計画だけは・・・

すべて自分でやりたいのですが、そ~んな技量 私にはありません

全面的に仲間に助けてもらっての作業となります(ごく一部の方に集中しますが)

出来る限り自分の手でやりたいとは思ってますが、なんせ初めての(ん!割るのは2回目だけど)クランク割りフルオーバーホールです。

どうなる事やら・・・

 

この後の作業も順次upしていきますが、一部 極秘加工も予定されていますので 画像が大変乱れる可能性があります。想像力をフルに活用してご覧頂ければ幸いと思います。

 

ん~ 最近のブログ 読み返してもつまんね~ (反省)

もっと面白いネタ 探してこないとナ~

 

 

 

 


ひとりぼっちの日曜日 [メンテナンス]

1月27日(日曜日)

のんびりとした 一人の日曜日

もちろん 家族は遊んでくれません(笑)

先週やり損ねた タイヤでも洗おうとホースを引っ張り出して

タイヤ ばっち~でしょ これがなかなか落ちないんだな~

タイヤ外すのが一番なんでしょうけど めんどくさいので

メンテナンススタンド 久しぶりに使ってみました。タイヤをくるくる回しながらタワシでゴシゴシ これやってると 2度と泥んこ道は走るまい!と思います。

フロントタイヤも同様に洗って ばっちりキレイ

内側のホイールもピカピカに、メッキシャフトも磨きました

ハイッ かんせ~      

日向を探して 乾燥です。

ここで終らないのが、アフォな私   

メンテナンススタンドで片足上げて・・・

トルクカムの調整を・・・      

この後の画像、撮り忘れました。

とにかく トルクカムの溝を 一番なだらかな位置から中位の溝に変えてみました。

なぜ換えたのかと言うと

低速の加速中なのに あまりにもエンジン回転が上がりすぎていました

トルクは十分有るのに、ドリブン側の縮み方が遅いようでした。高速になるとそれなりに回転数は落ち着くのですが それでももう少し低回転からの加速が欲しかったのです。

WRも5g×6個から5g×3、4半g×3 と少し軽くしてみました。

結果!

ん~ どうなんだろ・・・  思いどうりの動きには変化したのですが

どうやらキャブセッティングがイマイチなよう!もしかしたらシリンダーにキズ入ってるかな~?って感じ、そろそろクランクベアリングも交換してみたいし・・・

やる事 いっぱいです。

次のシリンダーも 早く届いてくれないかな~

 

と一人のんびりできた日曜日でした。

 

 


ひとりぼっちの日曜日 [メンテナンス]

ブログお休みの宣言をしたので

とっても気が楽になりました。 なのに書いてる・・・

 

更新&upはしない と宣言しましたが、書かないとは言ってませんので!

そのうち この日のブログを見てくださった方も許してくれるでしょう?

 

さて、タイトルの「ひとりぼっちの日曜日」

今日はダレも来ませんでした。おかげさまで(?)のんびりとATVと向き合うことが出来ました。

ココ最近 泥んこの上に置かれる事や走る事が多かったので、タイヤの汚れが気になっていました。モチロン 洗浄機である程度はキレイになっていたのですが、タイヤのゴムに入り込んだ染みの様な泥汚れは落ちていませんでした。タイヤも2年程使っているので見えないひび割れなどに入った土汚れが落ちきれていませんでした。

こ~なったら タワシでゴシゴシ洗うしかありません。徹底的に洗うために・・・

コレがほんとの ATV箱乗りです。

いつもだったら、ハブのセンターナットを外して タイヤ&ホイール&ハブをいっぺんに外すのですが

今日は、4つのナットを外して 普通にタイヤ&ホイールのみ外しました。

なんだか 情け無いカッコですね

画像ではわかりづらいですが、タイヤに土汚れが染み込んでいます。

さて、なにで洗おうか・・・

もちろんタワシで洗うのですが、洗剤をどうしようか考えました。

マジッ〇リン、ガラス〇イペット その他色々考えましたが

やっぱり泥汚れには洗濯洗剤かな~ と 酵素の力 アタック~ をチョイスして見ました。

丁寧に30分ほどかけて、タイヤの洗濯?

キレイになりました。この画像で艶っぽく見えるのは 濡れているからですが

実際には、生ゴムの黒色 つや消しブラックに復活しました。

その後、箱乗りのATVに取り付けて タイヤを回しながらタイヤワックス2回塗り

ピカピカ足元の完成です。

こ~なると、ボディーが気になりだすのが 公道ATV 街乗り仕様のサガ・・・

カウルをビショビショ濡れ雑巾で洗車して、濡れてるうちにシュアラスターを塗りこんで

一息入れてから 吹き上げ~

ATVはいいです。車と違ってチッチャイので楽チンです。その分丁寧に出来るし、忍耐弱い私でもキッチリ磨き上げることが出来ます。

艶々ATVの復活!

とても気持ちの良い一日でした。

 

そうそう、今日はダレ一人 我が家に襲撃者が来ませんでした。(某監督のみ電話で状況確認してきましたが!) チョッと寂しい日曜日でしたが、充実した日曜日でした。

仲間がいても居なくても、ATVは楽しいです。全てが自分一人で出来るんです。車だったらこうはいきません。第一 それなりの設備が無いと出来ないからね~ ATVはリフトがなくても箱乗りで十分 4本のタイヤが外せます。その気になれば何でも自分で出来ちゃうところが素晴らしいです。

ほんとに 大人のおもちゃです。

 

 

 

 


不調 ラグジュアリー仕様? [メンテナンス]

ダレよ?

ランジェリー仕様って言った人!(笑)

 

今日は日曜日でした。

また、いつもの日曜日でした。

襲撃者4人、助っ人0人(ダレも手伝ってはくれません)

 

本日の目次

  1. フレーム清掃
  2. メーター交換
  3. 燃料タンクセンサー修正(予定外)
  4. ピストンリング交換→ピストンも交換
  5. その他

続きを読む


前日の夜まで・・・ [メンテナンス]

明日は、いよいよツーリングです。

久しぶり・・・ と書くと 毎月行ってるじゃないの!と言われそうですが

実質、今シーズン最後のツーリングかもしれません。

調子の良かった私のATVですが、ここ2週間ばかり原因不明の不調になり 最後の最後まで整備をしてました。

て事で、さっきまで作業してました。

今夜は・・・         

先日外してしまった サーモスタットを再び組み込みました。

赤丸の部分がサーモです。 ここへエンジンで熱くなったクーラントが入り、高温の時はラジエターへ、低温の時はバイパスを通って冷やされること無くエンジンに流れます。

開けるとこんな感じ    

コレ↑は、サーモ抜いてある状態です。

そこへ、昨夜の実験でより低温で開閉することがわかったゴールドサーモを組み込みます。

弁はチャンと閉まってます。OK!

あとは、たたんで終わりです。

最後にクーラントを足して・・・

 

一応、明日のツーリングで ラジエター バラす事があってもいいように・・・ サブタンクにはクーラントの原液を入れておきました。私以外でも 万が一ラジエターを開けるような事があっても大丈夫!

 

さて、明日のツーリングは無事に帰ってこれるのでしょうか!

初参加の方も多いようなので、私なんかが迷惑かける訳にいきません。無事200キロほどを走りきってくれるよう 今夜は願いながらオヤスミです。

 

そうそう、明日の準備です。

 工具はコレだけ~

天気は心配ないのですが、熱いのか寒いのか!それが心配です。

ま~ 立派なビックスクーターサポートについてくれるから 着替えはそこに突っ込んじゃえばいいかな~ (爆)

 

では、房総ツーリングに いってきま~す

 

アッ 誤解の無いように

このブログを書き終えてから、お風呂入って 4時間くらい睡眠をとってからの出発ですから・・・

夜中に電話かけてこないように・・・(某監督)

 

       


テスト走行? [メンテナンス]

さて、これから

テスト走行に行ってきます。

まずの目的地は、某倉庫!

途中で壊れないか心配ですが、今夜は仲間達が動いているようなので

助けてもらえるかな~ 

なんて甘い考えで出発です。

只今 PM 8:40

行ってきま~す。


AM 1:00 帰宅!

無事に帰って来れました。

某倉庫で検討の結果!新しい裏ワザおそわってきました。

その結果がよかったのかどうかイマイチ実感が無いのですが、明日 さらなる1枚追加の加工をして シリンダー内の圧縮調整してみます。(意味不明の文章ですが、画像が無いのと文章力が無いのと、まだ全貌を明かしたくないのとで こんな文章です。ごめんなさい)

続きは、また 明日です。

 


エンジン復活! [メンテナンス]

本日も 懲りずにATVと2時間遊んでました。

まず、仕事から帰ると

ほらヨッ!とばかりに キャブレターが転がっていました(笑)

ありがたいことに、昼間のうちに 隊長が使わなくなったキャブレターを我が家に置いて行ってくれていたのです。昨夜のキャブ調整の相談に乗ってくれた上にフロートバルブを取り替えた方が・・・との話の結果で コイツからフロートバルブを外して使うようにと

置いて行ってくれたのです。

ほんと良い仲間、いや サポートしすぎのShop様です。

 

昨夜、エンジンがかからずに終わった 私のATV

日中の仕事中も ず~っと エンジンの事考えてました。 (かなり重症?)

早速やるか~と                  

昨夜から今日にかけて、色々な方がコメントや電話でアドバイスしてくれました。 

どれもコレもやればキリが無いのですが、取り合えず もう一度シリンダーを開けてみようかと

圧縮不良!シリンダー内の圧縮がウォータージャケットに抜けてるんじゃないのか!

との意見を元に 開けてみました。

まずは、クーラントを抜いて・・・

あ~ 先日入れたばっかりなのに~

一応、プラグも確認!昨夜からセルもキックもしてないのに プラグはベチャベチャでした。

で、ヘッドを外したら・・・・・       

大丈夫かな! 爪が引っかかる部分も無く カーボンの付着も特に無く

クーラントがオレンジ色なので、周りはほんのりオレンジ色ですが、シリンダー内に入り込んだ形跡は見受けられません。逆にシリンダーの混合気がウォータージャケットに・・・

これは、よく分かりません。

ヘッドはこんな感じでした。   

キレイな感じなんだけど、このゴムパッキンの劣化も見られないし・・・

でも、エンジンがかかってるときはどうなってるのか見えないしな~

パッキンを外して、一応汚れを拭いて、かる~くオイルを塗って、液体ガスケットを・・・

いやいや、液ガスはやめておきました。(笑)

ポンポンと組み上げて、再かんせ~い!

 

次は、キャブです。

隊長がワザワザ届けてくれた

ありがた~いキャブレターからフロートバルブを・・・

 

エェッ~

 大きさ違うジャン (爆)

仕方が無いので、バルブ交換は諦めて・・・

昨夜、チョッと気になった この部分を!

フローとの爪をチョッと調整してみて・・・

何をしたかと言うと

キャブをひっくり返した状態で、フローとの爪をバルブ側に少し押してみました。

燃料がオーバーフロー気味ではないか!と考えたので バルブを早めに押して 燃料の流入を早めに止めてみる様にしました。

考察:燃料がチャンバー(燃料が貯まる部分)に貯まり過ぎて、走行中にSJが気化したガスではなく液体の燃料のまま吸い上げてしまい、生ガスがシリンダーに入り点火せずにエンストしたのではないだろうか!エンストしても停車することが出来なかったのでアクセルを戻してもエンブレでシリンダーが燃料を吸い続けてしまい シリンダー内が液体の燃料でベチャベチャになった のでは?。 因みにパワフィルを外し、手でキャブを抑えセルを回したときに 外した手に燃料がベチャベチャ付きその脇からはタラタラと燃料が垂れて来るほどでした。ガス欠でエンストした様な感じでしたが、逆に生ガスでいっぱいになり失火したのかもしれない!

との考えもあったので、フロートバルブが早めに燃料ストップするように 爪を少し押し上げる方向にエイヤッと押してみました。

あとは、すべて元に戻して しゅうりょ~

 

いざ、エンジンスタート!

セル お~ん

カシャ・・・

 

スミマセン。バッテリー上がったままでした(笑)

めげづにアクセル全開状態で キックですたーと!

1回2回 あれれ やっぱりかから無い!

ん!チョーク開けて無いじゃん! 

再びチョークを開けて キックを

イッパツ ばばぁ~ん

 

久しぶりにエンジン音が聞こえてきました。

住宅街の小さな我が家では、このままエンジンをかけ続けることは出来ません。

周りをチョッと片付けて、そ~っと 近所まで押して

再び キッ~ク!

ババボボバァ~ん そのままテスト走行に 一回り 二周り・・・

20分ほど近所を遠巻きに回ってきました。

この程度では、結果は分かりませんが とりあえずエンジンがかかったことに

喜びを感じて 本日は終わりにしました。

ただいまっ!        

心なしか、一回りした後は精悍にみえたので 最後にパチリと画像を撮ってみました。

エンジンがかから無くったって 見た目は変らないんですけどね(笑)

 

明日は、少し遠目のテスト走行にでも・・・

ツーリングで壊れるのはツライからね~(爆)

 

本日しゅうりょ~  今夜は気持ちよく眠れそうです。

 

 


前の30件 | - メンテナンス ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。