So-net無料ブログ作成
検索選択
吸排気系 ブログトップ

ミサイル発射しました [吸排気系]

昨日
1年以上ほったらかしで、ガレージの隅っこにブル下げてあった
トニックマフラーのような鉄屑

群馬のイタズラ好きへ 着払いで発射しました

DSC09228.jpg

いづれ 治して使おうと思っていましたが
いつまでたってもブル下がったままだったので
有効利用してくれる方に・・・

修理、装着、試走、爆走の様子は
がんばれブーちゃん
で随時公開してくれます。
楽しみに見守ってあげてねっ(笑)

それからみなさんにお願い
更新が滞ったり、つまらない文章だったら
お気軽に叱咤激励のコメント書き込んで下さい
本人のやる気が沸きあがるようなコメント 期待しています (笑)




はいっ! ぶ~ちゃん
プレッシャーかけておきますので、頑張って治して使ってね~(笑)


ヒマになると ついっ…! [吸排気系]

ヒマになると ついっ

またクリックしてしまいました。

本日のクリックネタを披露する前に

今までにクリックして、そのままとなっているものを・・・

DSC05628.jpg

そろそろコレ↑ 取り付ける車両を見つけなければ・・・
まずは自分の車両でテスト!と思っていたのですが
今付いてるメルセデスのポンプが調子良いので交換する気になれません
さて、どうしよう・・・


他にも
600x450-171215184-1.jpg
こんな物や
DSC03280.JPG
あんな物も
reinamama2008-img600x450-12.jpg
 放置状態です。



なのに、またやってしまいました(笑)

本日の落札は、これです
600x400-2007072900069.jpg
DELLORTO キャブレター 20パイです。

今のキャブで十分調子良いのですが
ヒマだったので、ついクリックしてしまいました。

また!人柱です(笑)


ど~して、他の人がやってない事したがるのかな~? わ・た・し


きっとアフォなんですね!


さて、さて・・・ どうなる事でしょ!


コメント(0) 

最近欲しいもの [吸排気系]

最近欲しいもの

コレです↓

 毎度 パクリ画像です。(笑)

近日 発売らしい・・・

北洋輪業 newステンレスチャンバー です。

性能なんて知りません。この画像を見ただけで、実物は見たことありません。発売日も知りません。

でも、山〇さんが作ったんだから 間違いありません。(たぶん・・・)

 

チャンバーは数本ですが、何度か付け替えた事があります。

最初のチャンバーは、北チャン(フォワード用)でした。次も北チャン(リバース)。その次はAIMのトニックマフラー。そのトニックを一旦取り外して次に買ったのはAIMのメッキチャンバー。またトニックに戻して(トニック好きです)。それをある理由で壊してしまい、現在の北洋チャンバーです。

で、調子は最高なんですが

newと付くと 欲しくなってしまうのが・・・    バカです(笑)

(北洋チャンバー=北チャン)

 

さて、各チャンバーの感想でも書いてみます(私の主観です。参考にしないで下さい)

北チャン(フォワード):最高です。最高に速いです。少し音が気になります。

北チャン(リバース):最高です。フォワードの方が速いですが、これも十分に速いです。音もリバースの方がほんの少し静かなような気がします。

AIM メッキチャンバー:かっこ良いです。素敵です。メッキがメチャメチャ綺麗です。それで速いです。でも、サイレンサーがウールなのでウールが抜けたらメチャメチャ煩いです。爆音です。富士山ツーの帰り道は3倍の音で走ってました(笑)。使い方が問題でした 慣らしの時もこのチャンバーを使っていたので、慣らし用の混合燃料(オイル大目)でウール焼いちゃいました(爆) 普通に使っていれば1000キロは問題ないそうですが、私は300キロで爆音にしました。ウールの交換も簡単なので、交換すればよかったのですが・・・

AIM トニックマフラー:静かです。ほんとにノーマルより静かです。スピードもそれなりに速いです。私の場合ですが、マロッシ50ccとトニックで時速74キロ出しました。ただ・・・最高の状態にするのはセッティングが必要です。普通にポン付けでも軽く60キロは超えます。でも普通に組むなら北チャンの方がやっぱり速いです。

 

どのチャンバーも ノーマルから付けか替えると驚くような結果が出せます。涙がほほを伝わります。あの加速とtopスピードはやめられませ~ん

 

さて、newチャンバーはどうなんでしょうね~

早く付けてみたいです。

 

まずは、購入資金の算段からですネ!(正月のお年玉でもケチってみましょうか!)

いつか買える様になったら、また感想でも書いてみます。

 

 

 

 

 

 

 


今夜も違いの解る男に・・・! [吸排気系]

天気予報は、雨でしたが・・・

まったく雨降る様子も無いので、またセッティングやって見ます。

只今、20:30

2時間位 楽しんできます。 結果は後ほど・・・(笑)

 

 

上の文章を書いてから、2時間半!

ある事情があって、23時までしか自由な時間は無いのですが

それなりに充実した有意義な時間を楽しんできました。

さて、何をして来たかを書きます。

 

と、その前に・・・

20:50頃、電話が鳴りました。 内容はご想像どうりかと思いますが

私が実際にイタズラ作業をやっているのかの 確認電話でした。(笑)

「忙しいんだから~、電話かけてくるんじゃないよ~」と私

「ん!やってるんだね!」と電話はしゃべります。

めんどうなので、適当に答えて電話を黙らせました(笑)

 

ここからが、本題です。

昨夜は、MJ112のまま SJを45→48に上げて、ジェットニードルのクリップを1番上 いちばん薄い状態にして 中間の吹き上がりが良くなったところで おしまい にしました よねッ!

高回転での伸びがイマイチだったので

今夜は、MJを弄って見ることにしました。MJ112→107です。

やっぱり薄い方が いいんでは・・・

でも、チョッと怖い (笑)  ので、ニードルのクリップを一段下げてみようかと・・・

キャブのフタを開けると、こんな感じです。PE20ですので、丸いピストンが出てきます。気を抜いてキャップをまわしていると ビックリ箱のように フタが飛び跳ねてきます(笑)

今夜は、キャブ本体をエンジンから外さないで作業しました。SJを弄るにはどうしてもキャブ本体をエンジンから外して下側のカップを外さないと交換できませんが、MJを弄るときは一番底の17㎜を外せば交換できるので、楽勝です。 やっぱりすばらしい整備性能のKEIHINキャブです。

あっ、解り難い話なので 昨日の借り物画像をまた載せておきます

⑤がキャブのピストンです。上の写真では、コイツが飛び出してきています。

コイツをうまい具合に抜き出して

アクセルのワイヤーから外します。

外したものが、こんなんです。

一応、分かるとは思いますが、この↑画像ではひっくり返して置いてます。

爪楊枝みたいなのが、③のジェットニードルです。

裏側のゼムクリップを変形させたようなもので 止めてあります。コイツをラジペンでつまんで外します。

すると~ 爪楊枝が抜けてきます。

ほらネッ! 楊枝のヘタ部分にチッチャなクリップが付いてるでしょ コイツが④のクリップです。

今夜は、コイツを一段下げて、中間の燃調を少し濃い目に戻してあげました。

ん~ 一生懸命分かりやすく書いてるつもりですが、分かってる人にはつまらなく、分からない人にも意味不明な書き方だな~ 分からなければ、お気軽にコメント欄に書き込んでくださ~い! でも、基本的なことは どっかのHPで一生懸命学んでからにして下さいね~ (笑)

あとは、組みなおして かんせ~い です。

さて、ここまで15分くらいの作業を終えたところで・・・

 

予期せぬ・・・・

いやいや、予想どうりの訪問者です。

あーた!こんな遅い時間に 他人のガレージに遊びに来るなんて!もし私が寝てたり、風呂入ってたりしたら ど~すんの! 

あっスミマセン、さっき電話で確認済みでしたネッ (笑)

 

イヨイヨ試走ってときに、goodなタイミングと言えば そ~なんだけど・・・

ま~、せっかく来てくれたんだから 一緒に試走に付き合ってもらいました。

一回り・・・3キロ程!

昨日より、高回転の吹き上がりも 良いです。でも完璧じゃない!

燃調は、とってもイイ感じ~ です。クリップを下げたのに 中間のモタツキも現れません。高回転もまあまあ回ります。

エッ!まあまあって?

平地でも、軽い登りでも 回転数8700程度までしか回りません。

ま~、これで十分、安全圏の回り方だ!と言えば、そ~なんですけど・・・

イマイチ エンジンが気持ちよく回っていない感じです。

一緒に試走してくれた仮名塩沢さんは、はるか後ろのほうで追いかけてきます。(笑) ん?

「なんで、付いて来ないの?」

この後、チョッと白い目で見られましたが、私は気が付かないフリをして・・・

軽いイタズラ車両よりは、速いことを確認!ってか実感したのですが

やっぱり・・・・

もっと軽々吹き上がって もうチョとドッカーんと加速して欲しいんです。エンジンはイイ感じ~ なのに 

で!もっと軽々吹き上がらせる方法は・・・

WRですよね~(笑)

早速、ガレージに戻って、WRの交換です。

ATVの向こう側で、ヒジ付いて眺めているのは、某〇〇さんです。今更〇にしても遅いかッ(笑)

チャチャとWRを交換です。前回のツーリング中に4.5g×6個にしたのですが ま~だ重いみたいです。今夜はこのうち 3個を4gに交換して、 平均4.25グラムにしてみました。

またもや、15分の交換時間で、再試走です。

ん~ MAX9200回転まで回るようになりました。

やっぱりWRを軽くすると 気持ちイイです。

さっきより 中間の吹き上がりも断然良くなり、高回転でのドッカンパワーも体感できました。

由由(ヨシヨシ)、と言う感じです。試走も違う場所が必要になり

チョットした坂道! でテストしたくなりました。

前回のセッティング状態や、だいぶ前の箱根のテッペンでの 登り坂からのスタートでモタツク現象が現れるかのテストです。

急な坂道の所まで行ってみました。ま~ チョッと先のご近所なんですけどね~(笑)

坂道に着くと、坂の途中で一旦停止。

止まった状態からの全開スタートをテスト・・・

 

ん~ ストレス無く。軽々スタート

モタツく事無く、グングン加速していきます。

いや~ いい感じ~ とってもいい感じ~ です。

 

なんだか、とっても嬉しかったので、某〇〇氏にも ムリヤリ試乗させました(笑)

いってらっしゃ~い    

置き去りの某氏ATVと私で 結果待ちです。

ん~ん! この↑子も十分ノーマル車両よりは速いんですよッ 基本的プロモデル仕様(ビックキャブetc・・・)にトニックチャンバーを組んで、普通に乗ったら十分速いんです。

でも、私のには付いて来ません ←ヤ~な書き方でしょ(爆)

試走に行ってから、しばらくして いい感じの音と共に試走から帰ってきました。

あ~た! ヒトのATVをそんなにメチャメチャに運転して~ (爆)

私のATVで、片輪走行するのは この人だけです。 オイオイ!

因みに、私ですら 大事にしてるので片輪はやったことありません (エッ!)

 

片輪の話は、ど~でも 良いのですネ

大事なのは試走の結果です・・・が!

私の口から・・・いやいや 私が書く文章では真実が伝えられないので、本人からコメント欄で書き込んでもらいましょ~ (S沢さん、JJさん、どんな名前でもいいから、試走感想よろしくね~)

 

と まあ こんな夜のイタズラでした。

大して参考になるかどうか分かりませんが、buちゃんからも期待のコメントを頂きましたので。私の現状データを記載しておきます。あくまでも わ・た・し の場合でのデータです。細かな点が個々みなさんのATVと違うので、参考値です。 同じ水冷でも、電動ポンプを使っているので、出だしや加速時のクランクへの負担がありません。エンジンへの負担は車重を引っ張る力だけです。その辺もよ~く理解した上で参考になれば・・・

キャブ:ケイヒンPE20  MJ:107 SJ:48 クリップ位置:上から2段目 北洋チャンバー 6枚リードバルブ 北プーリー改 クラッチ:in&outマロッシ クラッチスプリング:白 センタースプリング:ノーマル+マロッシトーションコントローラー トルクカム溝:真ん中 あとは・・・

シリンダーキット:ポリーニ水冷アイロン49cc  スプロケはノーマル18丁

一応、思いつくだけ書いておきます。シリンダーの許容回転数が9千5百回転まであるので、WRはもうチョッと軽くしてもイイかな~って感じですが

今現在は、これでほぼ出せる力いっぱいな状態です。

んー、自分ではいい感じの出来栄えなんだけど 隊長やKさんのATVには負けちゃうんだよな~ 次回のツーリングで・・・

こんな感じですが!いかがですか~? buちゃん?(笑)

これで、思い残すことなく わらしべ号に専念できます。今年のツーリングもあと数回となり、寒さも厳しくなりつつありますので そろそろ冬眠の時期となりま~す。

 

では、また~ 

 

 

 

 

 


違いの解る男! [吸排気系]

違いがわかるって 面白いです。

前書き : 本日のお話は、非常に難しいです。難易度A級の内容を文章力最低の私が説明するのだから・・・。難しいな!と思ったら読むのをやめて下さい。一生懸命読んで頂いても理解が出来ない場合は、私の文章力の無さが原因です。笑って飛ばしちゃって下さい(笑)

さて、どういう話かというと・・・

ま~た、コイツの調整なんです。

そうです。先ほどまで キャブレターの調整をやっていたのです。懲りないヤツですネ!

先日のツーリングで、思っていた以上に調子が悪かったのが いつまでも頭に引っかかっていました。当日は霧雨が降るような曇天のお天気、いつもとはチト違う の~んびりとしたツーリング、平均時速も50キロ欠ける程度のまったりツーリング。全開全速で走るいつものツーリングとは勝手が違いました。スピードを抑えて走るの・・・ 辛かったんです。

勘違いしないで下さいね!私のATVが速いから・・・なんて言ってるのではありません。

中間スピードを維持して走る事が難しかったんです。

ツーリングの途中で、WRを軽くして より高回転で走れるように

ヤッツケ調整はしましたが、根本的にキャブから調整しないとダメダメでしたが!

よ~は、中間回転辺りのセッティングが出来ていなかったのです。

 

で、今日は何をやったのかと言いますと・・・

と!その前に ツーリングでのセッティングデータを記載します。

ケイヒンPE20 SJ45 MJ112 クリップ真ん中 その他は適当にご想像下さい。

このセッティングで、中間がモタツキ プラグの焼け色は少し白っぽい程度

薄くて白っぽい訳では無さそうです。(そんなに吹き上がりが良いわけでもなし・・・)

 

さて、今夜は ど~イジッたかと言うと

と、またまたその前に ↓こんな画像を無断で借りちゃいましたので載せておきます。

画像説明: ①MJ ②SJ ③ジェットニードル ④クリップ位置

10月に入ってから、めっきり気温も下がり 基本的に燃調を濃くしたかったのもあり 且つ前回のセッティングでSJを45か48かで迷った事もあり、ついでに45に決定してもエアスクリューの戻しが半回転で決まってしまった事もあり・・・(この辺で話が解らなくなって来た人は今夜はここまでとして下さい。チト難しいです)

まずは、SJを濃い目の48に交換しました。エアスクリューの戻しは2.5回転に仮決定してみました。ホントはここで試走なんですけど、これでは前回のセッティングのときと同じでつまらなかったので、もうヒトひねりして

ジェットニードルのクリップを5段目一番濃い状態にしてみました。エッ!

ま~ やり過ぎだとは思ったのですが、やってみなけりゃ解らない・・・

この状態で、試走に出掛けました。

出掛けた先は、某小林くんの仕事場です。(私の仕事帰りに、彼の職場の前を通ったのですが、そのときにバケモノ車が止まっていたのを確認していました) 時間はもう少しで22時、こんな時間までは居ないよな~と思いつつも 行って見ました そしたらバケモノが いや彼のスーパーマシン アルテッツァがまだ置いてあり、K君に会う事が出来ました。そんなのはど~でもいいのですが・・・

試走の結果は、散々でした(笑)

中間加速がメタメタです。出足はマアマア良いのですが、車両が加速し始めようとする辺りでガボガボと明らかにカブってる感じです。そこを超えてしまうと いつものように加速し始めMax70キロ辺りまで軽々加速します。

K君にも相談したのですが あの走りだったらいいんじゃないですか~ とあまり相手にしてくれません(涙)

クリップ位置は、あまり関係ないよ~ との話もあるのですが

これは、明らかにクリップ位置の下げ過ぎ、中間の濃すぎです。

今夜は、これで終わりにしようかとも思ったのですが、やっぱり止められないのが趣味ですよね!

今度は、クリップの位置を最上段。一番薄い位置に変えてみました。

この後、やっぱり試走です。

で、結果は・・・

 

出足スムーズ 加速し初めでのモタツキ・・・

 

一切無し! 

すばらしい中間加速です。そのまま全開で加速していくと・・・

いや~っん!

高回転での加速がイマイチ~ (笑)

中間加速があまりに良くなったので、高回転での加速が目立たなくなったダケかもしれませんが、さっきの様に中間からの爆発的な加速が感じられません。

ん~ 困った!

今度は、MJの交換でもしてみましょうか・・・

でも、今夜はここまで~ 終。

ATVは、あくまでも趣味です。明日も仕事があります。楽しみも取っておかないと・・・

これ以降は、次回のお楽しみにとっておこうと、今夜の作業は終わりました。

 

あと書き!

キャブレターって、面白いです。何をやっても 違いが出ます。違いが感じられます。

クリップの位置を変えただけで、あ~んなに違いが出るなんて・・・

やっぱりケイヒンのキャブです。すばらしいです。楽しいです。

こ~やって、少しづつでも 違いを感じながら調整していけば、いづれはビシッとセッティングが出るんでしょうね~

キャブレターの仕組みや調整の方法は、イヤって程ネットで勉強してみました。どこをど~すれば、こ~変る!とか、頭では理解していても 実際にやってみると ホントっテキストどうりに変化して、それも体感しながら調整できるなんて・・・

楽しいです。やめられませ~ん。

 

キャブレターの調整! 違いの解る男! にやっとなれたような・・・

そんな楽しいキャブ調整でした。

 

 

 


高山病の治療(笑) [吸排気系]

ははは・・・

高山病って?

実は、先日のナイトツーリングの途中

箱根テッペンで ATVが走らなくなりました。信号待ちからスムーズにスタート出来なかったのです。前回のツーリングの際もここでスタートしなくなった。大ッキライな場所です。

そこまでの道のりでは、まったくそんなことも感じられず けっこうな勢いで走っていたのに・・・

そうです。キャブのセッティングが甘かったのです。

確かに山のテッペンで、気圧も低く おまけに霧が出ていたので キャブレターのATVには最悪な条件です。

でもね!他の人たちは元気に私を追い抜いていきました。

追い抜いていきました。しかも 笑って!

ニコニコしながら、だれ一人助けてくれること無く 追い抜いていきました。

登りはケッコウ速かったのに、登りきったら みんなが追い抜いていきました。

とっても

とっ~っても

悔しいです!(笑)

 

と言う事で、キャブ調整です。

なんだか、画像にするとキタナイな~

ま~、いつものように ポンポン外して ジェットの交換です。

どっちを交換するか・・・

まずは、問題のスロージェット(SJ)を交換して 様子を見ようかと・・・

このSJ、なんか可笑しいでしょ!

右が今まで付けていたSJ48、左が今回用意したSJ45

よーは!48から45に下げたんですが、

形が違うんです。どちらもKEIHIN用なのですが、右はPWKのスロージェット

左がPE20の純正スロージェットなんです。

ま~ こんなもん 付くんだから どっちでもいいだろ~ ってのが私の考えだったのですが

やっぱり、メーカーが推奨してるんだから、何かがあるんだろう・・・ と純正の形をしたスロージェットに交換してみました。

モチロン、高山病対策なので、番数は下げてみました。

もともと、私は・・・ いや誰でもそうかもしれませんが、キッチリ走るなら 燃調は濃いいに越したことは無い!と思っていました。ナゼって?焼きつくのが怖いからです(笑)

当然、某スーパーメカニックに確認の電話は忘れてはいません。

「PE20でSJ45でも十分だよ~」と確認済みです。

この安心感の為に、私はその仲間と同じPE20使ってます(笑)

それと、もうひとつ・・・

これも、今までは着けてませんでした。理由はめんどくさかったからです(笑)

こんな適当で、よく群馬まで走って来たモンですね!

あたり前なのかもしれませんが、着けてみました。

で、効果の程は・・・?

 

ん~ 良く分かりません

プラグの焼け色は、まあまあの様ですが、焼け色だけでは全てが分かるわけでもなく

SJ交換前でも、キツネ色でしたしね~

若干、変ったかな~ と思うのは

スタートダッシュで、吹き上がりが良くなった様な気がします。今までは6千回転位でほんの一瞬、吹き上がりの谷があったようですが、それなりにモタツク事も無く吹き上がってくれるような・・・

交換したから、気分的なもののような・・・(笑)

もともと、吹き上がりは物凄く良く、加速中に回転が頭打ちするくらいでした。やっぱり電動ポンプのお陰なのか、トルクを奪われるものが無いので エンジンフィーリングはとても軽やかです。

今度は、WRを重くしてみようかと思います。

まだまだ、回し切れそうな余裕も感じられ

次回のツーリングは 霞ヶ浦一周ツーリングと言う事もあり、少し重めのWRセッティングでいこうかと・・・

次回は、WR交換してみます。

やれやれ、終わりは見えないですね~

 

この内容は、先週の金曜日の作業です。ここ最近、ATVを愛する会 のサービス終了と言う 大きな出来事があったので ブログを書いている暇がありませんでした。

おしまい

 

アッ!高山病は完治したのかって?

今度、山登るまで分かりません(爆)

 

 

 

 

 

 

 


吸排気系 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。